新春恒例!初荷式とはどんな行事?オリオンビールの初荷式がすごいらしい?!

スポンサーリンク

新しい年を迎えて、企業では毎年年始の恒例行事としている「初荷式」というイベントを盛大に行います。


「初荷式」は、新年、最初の製品を発送する際に、従業員一同みんなで喜びあい、新年の事業拡大を祈願する行事です。


時期的にも、寒さ厳しい雪の降りしきる中、「初荷式」を盛大に行っている企業も多く、最近ではそんな「初荷式」に人々の注目が集まっています。


今回は、初荷式について調べている人へ、詳しい情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【新春恒例行事!初荷式ってどんな行事?】

例年、新年2日から各デパートが福袋セールで大賑わいですが、その陰で長年企業が行っていたのが「初荷式」です。


昔は3が日が過ぎた頃、トラックに初荷の旗やのぼりを立てて街に繰り出し、商売初めの景気をつけていたようです。現在は高速道路などの安全面の観点からほとんどなくなってしまいました。


「初荷式」は、商家の仕事始めとなる正月2日に行われる儀礼的な初商いとして、江戸時代から始まりました。元旦は休み、仕事始めの正月2日の早朝から縁起を祝い、商人は小売店へ、小売商人はお得意先へそれぞれ商品を送り込んでいました。


式では、祝歌を歌ったりして、祝酒なども用意されていました。


農家では、野菜の初出荷をする家もあり、車を使う前は綺麗なくらや綱で飾った馬を使って、華やかさを演出していたそうです。



現在の「初荷」とは、一般的に年が明け最初に工場や倉庫などの物流拠点から、販売店へ向けて商品が出荷されることを指します。


元々は、小売店の初売と同じく1月2日に行われていましたが、官公庁や多くの企業で初仕事が1月4日になり、「初出荷」もこの日に行われることが多くなりました。


また、初荷は景気の良さをアピールするもので、信頼性を高め、顧客を増やすという狙いがあります。これは、マーケッティング心理学での「ジャンプワゴン効果」といいます。


具体的には、お正月に自分たちの社名などの入った車両を走らせることで、自分たちの営業の勢いをアピールする意味があるのです。


「初荷式」は、商売繁盛と景気の上昇を皆で祈願する、古き良き昭和の時代より引き継がれてきた新年の儀式と言えます。




【初荷式はどんな流れで行われる?式次第は?挨拶は誰が?】

業種により多少の違いはありますが、「初荷式」の式次第は主に次のような流れで行われます。


主催者側のトップの挨拶や、来賓の祝辞などがあり、トップの挨拶では、新年の挨拶とともに、その年の豊富などが話されます。


・開会 開会宣言は、本来主催者が行いますが、時間短縮の為、司会者が行う場合もあり。
・式辞 主催者が述べる挨拶で、主催者側のトップのご挨拶の前に行う。
・主催者挨拶 主催者側のトップが行う挨拶
・来賓祝辞 司会者が来賓の方を紹介し、来賓が祝辞を述べます。
・記念撮影
・手締め
・セレモニー(出荷式でテープカット、花束贈呈、くす玉開き、トラック出発など、会場を移してセレモニーを行う場合は、一旦閉式するケースがあります)
・閉会


ちなみに、自動車メーカーで唯一「初荷式」を行う「マツダ」の初荷式では、数千台の自動車を自動車運搬船が埠頭から国内外に出港する様子を見送ります。パレードもあり、ローカルニュースでも流れるほど、スケールの大きな恒例行事のようです。


また、パナソニックでは、毎年恒例の「出荷式」が行われます。この出荷式の起源は、創業者の松下幸之助氏が正月の恒例行事として行っていた「初荷壮行式(初荷)」にあります。


パナソニックをモデルにした人気マンガ「部長 島耕作」でも、「初荷壮行式」の様子が描かれているそうですよ?


動画_パナソニック初荷式




【有名な初荷式の代表格!オリオンビールの初荷式がすごい!】

浦添市城間「オリオンビールの初荷式がすごい!」と評判になっています。


「オリオンビール」でも、毎年恒例の初荷式が、1月3日の午前9時に浦添市の本社で行われます。創業60周年という記念すべき年を迎えた2017年も、早朝に名護工場を出発したトラックは午前9時すぎ、約62.7キロリットル(350ミリリットル缶で約17
9千本)を載せて浦添市本社に到着しました。


びんや樽など45キロリットルを、載せたトラック9台が社員や招待客らに見送られて、県内各地の代理店に向けて出発しました。


このイベントで、お正月を感じ、1年の始まりを感じるという地元の人たちも多く、TV取材も入る大々的なイベントです。


まずは、初荷を祝うエイサーが始まって、オリオンキャンペーンガールたちがくす玉を割ります。そして、最後に県内各地に向けてトラックが出発します!


オリオンビールを載せたトラックが一斉に走り出す姿は感動ものです!


初荷式では2017年の干支にちなんで、とり年の社員5人が登壇して、「とりには酒つぼ、収穫物から酒を搾る、実りといった意味がある。今年も皆さんにたくさんの幸せと乾杯を届け、実り多き素晴らしい1年にしたい」と力強く決意を語りました。

ちなみに、オリオンビールの嘉手刈義男社長は挨拶で、「創立60周年を迎える今年は、現状からの変化を目指し、自己変革に努めてほしい」と社員たちを激励しました。


動画_オリオンビール初荷式



【最後に】

「初荷式」についてご紹介しました。「初荷式」は企業によって、様々な形があるようです。


今回ご紹介したのは、


「初荷式」とは、年が明け最初に工場や倉庫などの物流拠点から、販売店へ向けて商品が出荷される際に行う式典を指します。

「初荷式」は1月4日に行われることが多い

「初荷式」の目的は、景気の良さをアピールし、信頼性を高めて顧客を増やすという狙いがある


などをご紹介しました。あなたの会社やご近所でも「初荷式」が行われているかもしれませんね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です