新年の挨拶メール、ビジネスの現場でのルールは?いつまでに送る?

スポンサーリンク

新しい年を迎え、また新たな1年が始まると同時に、ビジネスでもまずは新年の挨拶から始まります。最近は、日常的にメールでのやりとりをするビジネスマンが多いので、新年の挨拶も年賀状よりもメールで行う人も多くなっています。


社内でも、上司や同僚に「今年もよろしく」という意味で、挨拶メールを送りますが、取引先やお客様など、社外に挨拶メールを送る場合には注意が必要です。


そこで今回は、新年の挨拶メールの作法について調べている人へ、詳しい情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【新年挨拶をメールは必ず送るべき?】

そもそも新年の挨拶をメールで行うことは、NG行為なのでしょうか?


今は日常のやりとりをメールで済ましている人がとても多いですが、ビジネスでは、新年の挨拶は直接会って行うか年賀状を送付するのが基本です。


しかし、日常的にメールでのやりとりをしている人は、新年の挨拶もメールでもらった方が何かと都合が良い場合が多く、送り主も相手をわずらわせることがないというメリットがあります。


また、お互いのスケジュールの都合で会えない、年賀状が間に合わなかったなど、様々なケースがあり、その場合はメールでの挨拶が必要です。


メールを送る場合も、松の内までに新年の挨拶を行うのが基本です。やむを得ない事情で直接挨拶に伺えない、年賀状が出せなかった場合は、「直接(年賀状での)ご挨拶ができずに失礼致しました」など、必ずお詫びを前置きしてから送ります。


また、年賀状を出した相手でも、新年初のメールでは新年の挨拶の言葉を必ず添えるようにします。


年賀状をもらっている人に対しては、ただメールで返信するのは失礼ですので、松の内(1月7日)までに、年賀状で返信するようにしましょう。


しかし、年賀状が松の内が過ぎてしまった場合は、遅れてしまったことへのお詫びを必ず添えて、「寒中見舞い」として返信します。





【新年挨拶のメール、いつまでに送付をするのが正しい?】

年始の挨拶は素早い対応が必要です。また、それだけでも相手の印象は変わります。


新年の挨拶をメールで済ますという行為には、様々な意見がありますが、年賀状よりもメールで新年の挨拶をした方がお互いに良い場合も多々ありますので、ケースバイケースで対応するようにします。


取引先などにメールを送る場合、年末年始の休みに入ってしまうため、メールのタイミングに迷うかもしれませんが、正月休み明けの松の内の前後に送るのが一般的なようです。


今は何かと便利なメールですが、タイミングを間違え、相手に不快感を与え、悪い印象を持たれてしまわないように、相手やその時の状況に合わせて、うまく対応することが必要です。



【新年挨拶のメールは上司や会社の同僚にも送るべき?】

新年の挨拶メールは取引先だけではなく、社内でメールを送る場合もあります。基本的に上司などの目上の人には出来るだけ、年賀状で新年の挨拶を済ませておくのがベストです。


「新年の挨拶をメールで済ますなんて無礼だ」という上司もいるかもしれません。しかし、最近は、個人情報の管理が激しくなっていて、上司の住所を知らない場合や直接聞いても住所を教えたがらない上司も多いようです。


また、面倒だからと年賀状はいらないという考えの上司もいるかもしれません。そのような上司には、メールで新年の挨拶をしても問題ないでしょう。


ただし、やむを得ない事情で年賀状が遅れてしまった場合は、「新年のご挨拶が遅くなり失礼致しました」など必ずお詫びを前置きしてから、すぐに返事を書きましょう。


メールは、どうしても簡易的な印象がありますので、目上の人とはなるべく年賀状でやり取りをするということを覚えておきましょう。


新年の挨拶メールを上司に送るべきかどうかは、その会社の慣習や上司の価値観、考え方によって違います。結論はメールを受け取る相手次第だと言えます。


新年早々、失礼なメールを送ってしまうと、これからの1年、お互いに嫌な思いをすることになるので注意して下さいね?


同僚の場合は、その人が先輩であれば基本的に上司と同じ対応です。同僚でも部下や後輩の場合は、それほど難しく考えなくてもかまいません。ただし、学生同士のメールよりも少しだけ固い内容のメールを送りましょう。


また、同じ文面を送るからといって、BCCで一斉送信することは、失礼に当たりますので、一人ひとり必ず個別にメールを送るようにします。


相手がお客さんの場合、直接出向いて挨拶するのが基本です。しかし、どうしてもお互いの都合が合わず、挨拶しないまま日が経ってしまうと却って信用を失ってしまう場合がありますので、メールで新年の挨拶を必ずしましょう。


【新年挨拶のビジネスメールの文例が掲載されているサイト3選!】

ビジネスメールの文例が豊富に掲載されているサイトをご紹介します。参考にしてみて下さい。


■メール例文.com

「メール例文.com」は、ビジネスで使えるメール例文や、メールの書き方からテンプレートまで、メールの文例がとても豊富なサイトです。


年末の挨拶、年始の挨拶、年末年始休業、年末年始の営業案内、年末年始休暇のお知らせなど色々なパターンがあり、参考になるサイトでおすすめです。




■年末年始の挨拶メール術

「年末年始の挨拶メール術」は、年始編は、社内宛て、社外宛て、関係会社宛て、新年会のご案内などがあり、シーンによってコピペをして自分でカスタマイズして活用できますので便利です。英語版もありとても参考になり、わかりやすいサイトでおすすめです。


年末年始の挨拶メール術 〜コピペして使えるメール文例〜【年始編・社外宛】| BB-...
コピペして使える年末年始の挨拶メール文例集です。〜年始編・【謹賀新年】本年も宜しくお願いします! 社外宛〜


■英語メールマスター

「英語メールマスター」は、英語のビジネスメールを送りたい人に、ビジネスメールの書き方や例文もあり、解説もわかりやすくておすすめです。


職場に外国人がいたり、お客さんに外国人がいる人は、いざ、英語で新年の挨拶メールを送りたいと思っても、何を書いたらいいのかわからない事があるかもしれません。そんな時は、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。


年始の挨拶 例文 - ビジネス - 英語メールマスター
ビジネスメールで利用する「年始の挨拶」を紹介します。役立つ解説も加えてありますので参考にしてください。



【最後に】

「新年の挨拶メールの作法」についてご紹介しました。ビジネスでも、直接会って新年の挨拶するのが基本のようですね?


今回ご紹介したのは、


①新年の挨拶は直接会って行うのが基本。メールは簡素なイメージがある

②都合で会えなかった相手には、松の内までに年賀状を送るか、メールで新年の挨拶を行う。メールを送るタイミングは、正月休み明けの松の内前後あたりに送るのが一般的

③年賀状を出した相手にも、新年初のメールでは新年の挨拶の言葉を必ず添える。

④ビジネスメールの文例集の紹介


などをご紹介しました。是非、参考にして新年の挨拶メールにぬかりなく、清々しい新年が迎えられますように!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です