カブトムシ採集場所【東京】おすすめ3選!時期・時間帯・トラップは?

スポンサーリンク

夏と言えば様々な楽しみ方がありますが、特に男の子が好きな楽しみとしてカブトムシ採集がありますよね。
カブトムシは市販で買うこともできますが、「やっぱり自分でトラップをしかけたりして採集するのが好き!」という子も多くいます。


とはいえカブトムシはどこにいるものでもないだろうし、トラップの作り方ややり方も知らないし……という方も多いと思います。
今回はそういった方や今年の採集場所を探している方に向けて、カブトムシ採集のための情報やトラップの作り方、そして大切な採集場所をご紹介していきます!


スポンサーリンク

【カブトムシ採集にいこう!時間帯や方法、トラップの作り方は?】

カブトムシ採集と言うとやっぱり「夏休みのイベント!」といった印象が強いですが、実はそれで割と合っていたりします。


カブトムシ採集おすすめの時期は「6~8月」、特に7月の中旬から8月の上旬なんですね。
まさに夏休みに入って一番楽しい時期がベストな時期であり、夏休みのイベントとして盛り上がるのも当然のことなんです。
逆にお盆を過ぎてしまうとカブトムシは長く生きられませんので、せっかく取ったのにすぐに死んでしまう……なんてことにもなってしまいます。


次に時間帯ですが、カブトムシ採集は夜、もしくは早朝というイメージの方が多いのではないでしょうか。
カブトムシは夜行性ですので、最も採りやすい時間は「夜20時から明朝4時くらい」なんですね。
昼間は隠れていることが多く見つけにくいですが、同時にこのくらいの時間は子どももおそらく寝る時間だったりもします。
深夜は危険でもありますので、子どもと一緒の場合は朝早く、「3~4時」くらいに出かけてみてはいかがでしょうか!


また雨の日などはカブトムシも隠れてしまいますので、雨の日に無理をして採りに行く必要はないのでご安心下さい。


カブトムシは樹液に集まりますので、昼間に一度下見をして樹液が滲み出ている部分をチェックしておくのもありです。
発見したら手で身体の横、中央付近を摘んで虫かごに入れればOKです!
高いところにいる可能性もありますので、虫取り網を用意しておくと良いですね。


樹液が見つかりやすい場合はこれでOKなのですが、もし見つからない場合は樹液の代わりとなるトラップを用意することになります。
トラップの作り方は次の動画がわかりやすいですので、まずはこちらで確認してくださいね!


【カブトムシ】バナナトラップを作ってみた&仕掛けてみた!


必要な材料はバナナ5~6本と砂糖、焼酎(適量)で、混ぜてタッパーに入れてベランダなどに置き、醗酵させるだけです!


バナナトラップはストッキングに入れておく方法もありますが、直接木に塗りつけても大丈夫です。




【東京おすすめカブトムシ採集場所 その1:井の頭恩賜公園】

井の頭恩賜公園は歴史も長く小さな動物園もあり、様々な年代の方が楽しめる場所です。
昼間などにどういった場所が良いか見に行った際などもそのまま十分楽しめますので、気軽に探す場所として最適ではないでしょうか!


参考ブログ:
カブトムシを捕まえられる東京都内の公園リスト・詳細案内
カブトムシ採集できる都内の公園をリストアップ。Google地図と詳細な案内のまとめ。都立公園は昆虫採集を禁止されていませんが、地域全体や公園個別に禁止されている場所もありますので事前に確認しましょう。


場所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
電話:0422-47-6900

公式サイト:


アクセス方法

JR中央線「吉祥寺」を下車してから徒歩5分程
京王井の頭線「井の頭公園」を下車後、徒歩1分


駐車場は有料で用意されてありますが、入庫は右折ができない、近場は駐停車禁止などのルールがあります。
出来るだけ公共交通機関のご利用を、また車で向かわれる際は公式サイトで一度しっかりご確認しておくことをおすすめします!


【東京おすすめカブトムシ採集場所 その2:等々力渓谷】

等々力渓谷は23区内にあるとは思えないほど自然あふれる公園で、カブトムシ採集が出来る場所としても有名です!


参考ブログ:
カブトムシを捕まえられる東京都内の公園リスト・詳細案内
カブトムシ採集できる都内の公園をリストアップ。Google地図と詳細な案内のまとめ。都立公園は昆虫採集を禁止されていませんが、地域全体や公園個別に禁止されている場所もありますので事前に確認しましょう。


場所:東京都世田谷区等々力1-22
電話:03-3704-4972

公式サイト:
等々力渓谷公園 | 世田谷区
等々力渓谷公園大井町線等々力駅近く、ゴルフ橋のたもとから階段を降りると、そこはまるで別天地の渓谷。


アクセス方法

東急大井町線「等々力駅」を下車後、徒歩およそ3分
東急バス・都営バス「等々力」下車後およそ3分


【東京おすすめカブトムシ採集場所 その3:砧公園】

花見の名所でもある砧公園ですがとても広い公園で、カブトムシ採集場所として都内で真っ先に上がることも多いほど人気のある場所です!


参考ブログ:

カブトムシとクワガタはここにいる!(東京都内編)夏休みの自由研究に!観察場所...
夏の思い出にカブトムシ(かぶとむし)やクワガタムシ(くわがたむし)を観察してみませんか?夏休みの自由研究などにいかがでしょうか?私自身が最近5年間の間に都内で観...


場所:東京都世田谷区砧公園・大蔵1
電話:03-3700-0414

公式サイト:


アクセス方法

東急田園都市線「用賀」を下車、徒歩およそ20分もしくは東急コーチバス(美術館行き)に乗り、「美術館」で下車
小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)に乗り、「砧公園緑地入り口」で下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)に乗り、「岡本一丁目」で下車


駐車場は有料・24時間営業で、普通車の場合1時間300円・以降30分ごとに100円になります。
とはいえ週末は混雑も予想されますので、可能であれば公共交通機関を使って行くことをおすすめします!


【まとめ】

「都内でカブトムシなんてもう取れないんじゃ?」と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、都内では想像以上にたくさんのカブトムシ採集ができる場所があります。


カブトムシ採集をするとなると夜や早朝がメインになるのでもちろん大人と一緒に、またカブトムシ採集時のマナーやトラブルの話もたくさん聞きますので、そういった面にも気をつけて楽しく採集するようにしてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です