水仙

スポンサーリンク
12月のお祭り

下田爪木崎「水仙まつり」2019-2020!300万本の水仙の見頃・まつりのみどころは?

爪木崎(つめきさき)は、天皇のご静養地「須崎御用邸」で知られる静岡県下田市須崎にある岬で、伊豆半島から海に突き出た須崎半島の先端部分に位置します。 爪木崎にある爪木崎公園では、毎年1月から2月にかけて約300万本の綺麗な水仙が咲き、多くの観光客を楽しませています。 そこで今回は下田「爪木崎水仙まつり」の見頃について調べている人へ、見どころや駐車場、開花情報など含めてご紹介します。 圧巻!300万本の水仙が美しい!下田水仙まつりとは? 「爪木崎」は、静岡県下田市の東部、須崎半島にあります。 「爪木崎公園」には野水仙の群落地があり、ピーク時には300万本の水仙が咲き乱れます。
2020.01.24
12月のお祭り

千葉鋸南町「水仙まつり」2019-2020!水仙の見頃・まつりのみどころは?

千葉県南部に位置する千葉県鋸南(きょなん)町の水仙は歴史も古く、特産物としても知られていて、1,000万本の水仙が市場に出荷されています。 寒暖の差が大きい鋸南町の水仙は、他の地域の水仙に比べ香りが強く、背丈の長い小さな可愛い花が特徴です。 毎年12月中旬~2月上旬頃、鋸南町のいたるところで水仙が見頃を迎えます。 道沿いでは地元農家により水仙が販売され、水仙の見ごろ時期には「水仙まつり」が開催されます。 そこで今回は千葉鋸南町「水仙まつり」の見頃について調べている人へ、見どころや駐車場、開花情報など含めてご紹介します。 ライトアップが美しい!千葉鋸南町「水仙まつり」とは? 鋸南町の水仙は、安政年間(1854~1860年)に、保田地区に咲く日本水仙が「元名水仙」と呼ばれ、船で江戸に運ばれたのが始まりとされています。 現在
2020.01.23
4月のお祭り

国営ひたち海浜公園のネモフィラ見頃2020!ネモフィラ以外も見どころ!混雑予想・駐車場情報まとめ!

国営ひたち海浜公園で毎年楽しめるネモフィラの広大な花畑は、GW期間に見ごろを迎えます。とっても幻想的な風景を楽しめるとあって、多くのお客さんが訪れる人気スポットなんですよ。今回はそんなすてきなネモフィラの見頃時期の混雑予想を中心にご紹介したいと思います。興味がある方はぜひチェックしてくださいね。
2020.01.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました