アテネの街や観光スポットを自分で自由に楽しく散策するために使いこなそう!アテネ市内の交通手段

スポンサーリンク
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク

アテネの主要観光スポットの近くにはメトロの駅があり、オプショナルツアーでなくても自分の足で行くことができます。

アテネ市内の交通手段は5種類。

  • メトロ
  • トラム
  • バス
  • トロリーバス
  • タクシー

5種類のうちタクシー以外(メトロ、トラム、路線バス、トロリーバス)は共通チケット「ATH.ENA TICKT」というアテネの公共交通機関の切符があります。

スポンサーリンク

「ATH.ENA TICKT」について

購入は

  • メトロ・・・各駅にある券売機か窓口、チケットオフィスなどでできます。
  • トラム・・・乗車駅にチケットの自動券売機があります。
  • バス・トロリーバス・・・車内では買えません。停留所によっては近くに購入できる場所が無いこともあるので、メトロかトラムの駅もしくはキオスクで事前に購入がオススメ。

チケットは紙ですが、チケットにはICが導入されています。
チケットは日本とは制度が違い、1回乗るごとにいくらではなく時間制です。

最初に改札を通過してから90分間乗り降り自由の時間制。 ※空港行きは別料金

チケットを購入してから90分ではないので、事前にチケットを購入しておいても大丈夫。

「ATH.ENA TICKT」の購入方法

メトロの目印は「M」のマークの看板です。

看板の下に駅名、周辺地図が設置されいるので現在地も分かります。

メトロの場合、改札近くに券売機があり始めの表示はギリシャ語になっているので英語を選択します。(日本語は対応していません)英語表記を選択後チケットを購入する場合は

「Bay Travel Product」を選択

トップアップ(日本でいうチャージのようなもので90分のチケットを複数回ICカードに入れること)のときは「Top Up」を選択。②チケットの種類を選択

通常のチケットの場合は「Athens Area」を選択。

  • 左上:「Airport Express Bus」空港バスチケット €6
  • 真ん中:「Athens&Airport」空港からアテネ市内メトロ駅(どこでも)のチケット €10
  • 右上:「Athens&Airport、Round]空港バスチケット付きメトロ、バス、トラム、トロリーバス共通3日間チケット €22

(空港への往復チケット&3日間の共通チケットなので、数日滞在する方はかなりお得)

③通常チケットを選択しているので、次は「時間」を選択。通常の場合は二段目右下「90Minutes」

  • 上段左:24時間使い放題 €4.50
  • 上段真ん中:5日間使い放題 €9

90分のチケットを複数回ICカードに入れること(トップアップ)も可能

  • 上段右:「2Trips」90分×2回 €2.70
  • 下段左:「5Trips」90分×5回 €6.50
  • 下段真ん中:「10+1Trips」90分×10回+1回分おまけチケット €13.5

ちなみに90分1回は€1.40。複数回分購入だと割安になっています。

行先の目的が決まっていて、90分以内に再度乗車できないのが分かっているときは、初めから「2Trips」90分×2回を購入するのが割安。遺跡見学に行くと90分以内に再度乗車は難しくなります。

毎回90分以内に乗車は難しく、4回以上乗るときは「24Hours」が1番お得。

④チケットの枚数、支払方法を選択

複数枚購入の時は「Quantity」の数字を増やします。

支払方法で「Cash」か「Card」を選択します。

注意!!:「10+1Trips」90分×10回+1回分おまけチケットを2人でシェアすることはできません。1枚のICチケットで発券されます。日本の回数券のように1枚づつ千切れるタイプではありません

メトロの乗り方

観光客が最も利用しやすいのはメトロです。メトロは3路線しかありません。

  1. ライン1(緑)
  2. ライン2(赤)
  3. ライン3(青)

発車時刻は正確で、ピーク時は3~5分間隔。それ以外は5~10分間隔で発着。

  • ライン1:5時~翌0時15分
  • ライン2、3:5時30分~翌0時20分

チケットを購入もしくはトップアップしたら改札へ。

日本のICカードと同じ使い方です。改札機についているカードリーダーにチケットをかざすと、改札が開きます。ギリシャ語で表示されますが、改札を通ったときは90分と表示されます。この時からカウント開始です。乗る電車は案内板を見て確認しましょう。行先の見方は日本と同じです。行先は最終駅が記されいるので、目的駅方面の最終駅が書かれているホームへ行きます。

列車がホームに到着するとドアは自動で開閉しますが、ほとんどの駅で構内アナウンスや発車を知らせるベルも鳴りません。駅に近づくとギリシャ語と英語で駅名が流れます。

改札をでるときは再度チケットをカードリーダーにタッチします。改札を出るときにタッチすると残り時間が表示されるので、必ず確認しましょう!

トラムの乗り方

路線図上、ピンク色の路線で3路線あります。

  • 1号線(シンタグマ広場~SEF)
  • 2号線(シンタグマ広場~ヴーラ)
  • 3号線(SEF~ヴーラ)

アテネと言ったら遺跡のイメージが大きくビーチのイメージがありませんがアテネから1時間程でビーチに行くことができます。

ビーチへはトラム2号線のヴーラ行きに乗ります。

乗り方はメトロとは少し違い、乗車したらドア脇に設置されている青いカードリーダーにチケットをタッチします。そのとき残り時間やチケット数が表示されるので確認しましょう。

注意!! 目的駅到着し、降りるときはカードリーダーにタッチしない!そのまま降りるだけでOK

バス・トロリーバスの乗り方

  • バス・・・アテネ全域を走る通常の路線バス
  • トロリーバス・・・中心部のみを走る

料金はどちらもメトロやトラムと同じ時間制。 ※空港行きのバスは別料金(詳細は「ATH.ENA TICKT」購入方法参照)チケットは車内では購入できないので事前に用意。

停留所の色が分かれているので看板を目印に。

  • 路線バス:青色
  • トロリーバス:黄色

路線番号によって乗り場が違うので、路線番号が書かれた乗り場を探しましょう。写真用に電光掲示板で、行先や到着時刻を表示する停留所もあります。

バス・トロリーバスの乗車の仕方

停留所で人差し指を立てて手を横に出し合図します。乗車したら、ドア脇に設置されている青いカードリーダーにチケットをタッチします。

注意!! 指を広げて手のひらを見せるのは、ギリシャでは侮辱のサインにあたるので注意!

バス停名の車内アナウンスはありません。

運転手さんにあらかじめ「目的地に着いたら教えてほしい」と頼んでおくか、周囲に確認しましょう。降りるときは、日本のバスのように窓枠や手すりについている「STOPボタン」を押します。

まとめ

交通機関の共通チケット「ATH.ENA TICKT」は、時間だけ気にしておけば定額で何回でも乗り降りでき好きな駅まで行けるので、とても便利で簡単なシステムです。

90分€1.40=約¥180で90分間乗り放題。24時間€4.50=約¥570で24時間乗り放題。チケットも交通機関は全て共通でこの安さ。日本の電車賃の高さに海外の方はビックリするのでしょうね。

乗り方さえマスターしてしまったらアテネ市内の行きたい場所は「ATH.ENA TICKT」を使いこなして、これで自由に楽しく散策することができますね。

ただ交通機関は便利なのですが、ギリシャはストライキが多く運転手さんがストライキをすることも多々あります。今回もトラムでビーチに行こうとしたのですが、トラムの運転手さんがストライキをし張り紙がされていました。時刻表や掲示板の近くを一度チェックしましょう。

よく読まれている記事
海外旅行・国内旅行
スポンサーリンク
yumiyumiをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました