新宿酉の市2018!花園神社「大酉祭」の見どころ総まとめ!見世物小屋情報も!

スポンサーリンク


現代では珍しい見世物小屋も見れちゃう!?
新宿にある花園神社。そこで11月に開催される酉の市(とりのいち)。


関東各地で開催される酉の市ですが、新宿の酉の市はひと味違います。酉の市ですから熊手を売っているお店や、食べ物を売る露店も立ち並びます。他との違いはやっぱり最近ではあまりみかけないインパクトのある見世物小屋です。


平成生まれの方は「見世物小屋」と聞いてもピンとこない人も多いですよね。


ここでは、
酉の市とはどんなイベントなのか、2016年の開催日はいつか
新宿花園神社の大酉祭と他の酉の市との違い
酉の市の縁起物 熊手の買い方や飾り方
花園神社で見られる見世物小屋

などについてみていきます。


スポンサーリンク

11月の風物詩:酉の市ってどんなイベント?由来は?

酉の市って何?

酉の市といわれてもピンと来ない人もいますよね。
もともと酉の市は、東京の下町花又にある大鷲神社で農民が収穫祭として始めたのが発祥とされています。


当初は、農民が開いたお祭りということで、農器具を売っていました。そのうち売っている農機具におまけとして縁起物の小判や七福神などを付けるようになり、今では色々な装飾を施した熊手を買う場所となっています。


熊手が縁起物とされる理由


熊手の本来の使用法は、落ち葉などを掃いたり集めたりするものです。その使用している様子から、お客様や金運、幸運などを集めてくれる縁起物として、酉の市では、飾り用の熊手を売るようになり、現代まで続いています。



60万人も集まる新宿花園神社の「大酉祭」とは?

どんなイベント?期間は?何名ぐらいの人出予想?なぜ人気?熊手売り店はどれぐらいの数?動画で昨年の様子を紹介

新宿花園神社の酉の市

新宿の花園神社は祀られている日本武尊が戦の勝利祈願に、帰還した時にお参りしたことをちなんで、日本武尊の命日である11月の酉の日に、「大酉祭」を開催しています。


花園神社の大酉祭は、明治時代から行われており、毎年60万人もの人出があり「関東三大酉の市」と呼ばれる程です。たくさんの種類の露店が200以上熊手を売るお店も60以上が立ち並びます。


2018年の花園神社 大酉祭開催日程

2018年は下記の日程で開催されます。


一の酉 10月31日(水) 前夜祭11月1日(月) 本祭
二の酉 11月12日(月) 前夜祭13日(火) 本祭
三の酉 11月24日(土) 前夜祭25日(日) 本祭

花園神社の大酉祭が人気の理由

11月の同じ日に開催される酉の市。
関東全土では30か所以上でやっているのに、新宿に60万人も人が集まる理由はなんでしょうか。


御利益がいっぱい

酉の市は主に鷲(おおとり)を祀っている神社で行われますが、花園神社は3つの神様を祀っているので、他の神社と比べて御利益の数が多いのです。


花園神社は芸能上達、商売繁盛、五穀豊穣、試験合格、出世、縁結びと幅広い種類の御利益があります。


新宿という土地柄、飲食店が多いので商売繁盛にあやかりたい経営者、芸能上達にあやかりたい芸能人なども多く訪れるようです。また、近年は3つの神様が同時にお参りできるというので、パワースポットとしても女性にも人気があるようです。


日本最後の見世物小屋!?

最近では、すっかり数が減ってしまった見世物小屋
調べてみると、日本で見世物小屋を興行しているのは花園神社で見られる1つの団体しかないといいます。


見世物小屋では、日常では見られないような、曲芸などが見られます。


毎年「今年で最後」と宣伝されていますが、強烈なインパクトのある演目なので、演じられる芸人さんは少ないようです。日本最後の見世物小屋はいつ見られなくなるか分からないので、1度は見てみたいものですね。


2015年の大酉祭の様子です。
東京新宿 花園神社 大酉祭(酉の市)/ SHINJUKU TOKYO Tori no ichi



はじめてでも大丈夫!「大酉祭」で熊手の買い方!周り方!

大酉祭に来たら、ぜひ買って頂きたい熊手
昔は経営者や商売人の人が主に買っていましたが、最近は一般の会社員などの購入も増えているんだそうです。


熊手は買いたいけれどどれを選べばいいのか、見世物小屋も見たいし、露店で何か食べたい・・・。そんな大酉祭初心者のあなたでも安心して行けるように、熊手の買い方や、おすすめの大酉祭の周り方をお教えします!


おすすめの周り方

花園神社の大酉祭のおすすめの周り方は・・・


①まず神社に着いたらお参り


一番大きい本殿には必ず行きましょう。
(本殿の祀っている神様の御利益は、食べ物や商売繁盛、開運


境内には威徳稲荷神社(恋愛成就や子宝)、芸能浅間神社(芸能上達)などの神社もありますので、願い事の種類によっては本殿にプラスしてお参りするといいと思います。御朱印は拝殿隣の社務所で8時から20時までいただけます。


②見世物小屋に行きましょう

見世物小屋では、ちょっとグロテスクな芸をやっていることがあるので、(血が飛んで来たり)熊手を買った後に見に行くと、汚れたり狭い見世物小屋の中で邪魔になったりするので、できれば見世物小屋は早めに行った方が良いでしょう。


③露店を楽しむ

200以上も露店がある大酉祭。
祭ですから、やっぱり露店も楽しみたい所。
熊手は、買ったら高く掲げて持つのが良いとされます。


露店で食べ物なんかを買って、熊手も持ってとなると、ちょっと無理があるので、露店で食べ物を買ったり、遊んだりするのはこのタイミングがベスト。


④熊手を買う

熊手は最後の楽しみとして残しておきましょう。
小さいものならば、持ち歩いても大丈夫ですが、少し大き目のものになると、人混みの中で持って歩くのは邪魔になります。祭を色々楽しんで最後に熊手を買って帰りましょう。


熊手の買い方・選び方

酉の市で買う熊手には、粋な買い方があります。それは値切り


①お気に入りの熊手を探します。
(大きさで大体値段が分かれていますから、初心者は小さめの熊手を選びます)

②お店の人に値段を聞きます。

③値切ります。(最初の値段から3回値切れれば、商売上手です!)

④元の値段分を支払います。

⑤値切った分はお店にご祝儀として渡します。


これが、酉の市の熊手の粋な買い方。
値切った分お店に渡すことで、買った方はお金持ち気分を味わえ、売った方も得をした気分になります。


熊手は徐々に大きく高額のものにすることで、商売も年々拡大できるといわれています。初めから何十万円もする熊手を買ってしまうと、今年以降が大変になってしまいます。


初めて購入する人は、とりあえず数千円位のものを買いましょう。前年より大きな熊手を求めるのが厳しい場合は、二年続けて同じ大きさの熊手を買っても良いとのことです。


また、買った熊手は高く掲げながら持ち帰るとよいとされます。家までずっと掲げていると怪しく思われるかもしれませんから、とりあえず最寄り駅か、車を停めている場所までにしておくといいでしょう。


熊手の飾り方

買ってきた熊手は、どこに飾ると良いのでしょうか。
福を呼び込めるように玄関がおすすめです。
神棚や仏壇などに飾るのもアリですね。


神棚や仏壇が無い家は、人の集まるリビングなどに置いても大丈夫です。
なるべく、人の目線より高い位置に飾るようにしましょう。


ただし、北向きに飾ることと、トイレやゴミ箱の置き場所の上など汚れた場所は悪い気を呼び込んでしまいますから、避けましょう。


新宿花園神社の「大酉祭」とえば見世物小屋!どんなところ?


他ではなかなか見ることのできない見世物小屋。どんな出し物をしているのでしょうか。見るためにはいくら必要なのかなど、見世物小屋のいろはを覚えましょう。


どんなものが見られるの?

昔に比べると、人権や動物愛護の観点から、ずいぶん衰退してしまった見世物小屋。日本にはあと1つの団体を残すのみです。昔よりはソフトな内容になったとはいいますが、それでも初めて見る人には十分刺激的な内容が多いです。


・鎖鼻通し

女の人が鼻から鎖を入れて口から出すという、麺でどこかの芸人がやっていた芸ですね。うどんは柔らかいけど、鎖って痛そう・・・。しかもやっているのが、結構な美女らしいです。


・動物を食べる女

女性が生きたままのヘビやニワトリを食べます。ムシャムシャバリバリ。
ニワトリを食べる時は、断末魔が聞こえて、前の方にいる人には動物の血がかかることも。お気に入りの服は着て行かないようにしましょうね。


この他にも奇形の動物のはく製なども展示しているそうです。


<注意>

小さいお子さんにとっては、トラウマになりかねないものもありますから、小学校低学年以下や怖いものや気持ち悪いものが苦手なお子さんは連れて入らない方が良いかもしれませんね。


見世物小屋の開催時間

見世物小屋は、前夜祭、本祭共に、夕方以降から興行しています。
あまり早い時間に行くとやっていませんので、時間には気を付けてくださいね。


見世物小屋の料金

見世物小屋は出る時に料金を払うシステムです。
大人・・・800円
小人・・・500円
幼児・・・300円


忙しくて酉の市に行けないよ・・という方はネットで!

・いつも縁起物で買っている熊手、
今年は酉の市開催の曜日に予定がギッシリで行けない。

・今年こそは酉の市で熊手を買うぞ!と意気込んで神社に行ったけど
あまりの人手の多さを寒さで心が折れた・・・・

・熊手は買いたいけど、荷物になるから持って帰るのが億劫・・・

・なるべくカードで支払いたい、ポイントをためたい!

という方は、楽天市場でも販売していますのでネットから購入をしてみるのもいいですね


色々なサイズが揃ってますし、ふるさと納税の返礼品として熊手があるようなので
今年のふるさと納税に間に合わせたい人にも使えますよね!










私は忙しくて行けなかったので小さいサイズをネットで買いました!
ご利益に期待♪


【まとめ】

新宿花園神社の酉の市「大酉祭」

2018年の開催は
一の酉 10月 31日(水) 前夜祭・11月1日(月) 本祭
二の酉 11月12日(月) 前夜祭・13日(火) 本祭
三の酉 11月24日(土) 前夜祭・25日(日) 本祭

大酉祭に行ったら、ぜひ熊手と驚異的なインパクトの見世物小屋は忘れずに

花園神社の大酉祭が人気の理由
たくさんの種類の御利益があるパワースポット
日本最後の見世物小屋が見られる

熊手の買い方
安くて小さいもの→高くて大きいもの に年々買い替える
値切って、定価を払い、おつりはお店にご祝儀

おすすめの周り方
お参り→見世物小屋→露店→熊手


商売繁盛を願う経営者はもちろん、出世したい会社員、売れたい芸能人の卵、恋人がほしいシングル様、受験の合格祈願、どんな人のニーズにもこたえられる新宿 花園神社。八百万の神が共存する日本ならではの神社ですよね。


ひとつと言わず、悩みや願い事がマルっと叶うように、今年はぜひ花園神社の大酉祭に足を運んでみてはいかがでしょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です