百里基地航空観閲式事前公開2017!みどころ総まとめ!一般開放は?

スポンサーリンク

百里基地は首都防空の要と言われている、関東圏で唯一戦闘航空団のある基地となっています。
そんな百里基地では毎年航空祭が行われているのですが、多くはその前日に「事前公開」として開催されるのをご存知でしょうか。


とはいえ百里基地の航空観閲式は一般公開はされておらず、事前公開も関係者のみでの入場可能となっています。
どうして一般公開されないのか、また事前公開の詳細や日程など、見れないとなってもやっぱり気になるところですよね。
今回はそんな百里基地の航空観閲式事前公開、今年2017年度の詳細を追っていきたいと思います!


スポンサーリンク

【百里基地航空観閲式事前公開2017!日程、開催概要は?】



まず最初に知っておきたい百里基地の航空観覧式事前公開、2017年度の日程や概要をチェックしておきましょう!


日程:2017年10月22日(日)(観閲式は29日の日曜日)
場所:航空自衛隊百里基地


百里基地の航空観閲式は3年に一度行われていますので、前回は2014年の開催となっており、今年2017年で8回目となります。
2014年度の航空観閲式では航空自衛隊をはじめとした陸上自衛隊、海上自衛隊の航空機も参加、またあの「ブルーインパルス」も参加した飛行展示が行われています。
2014年度は航空中央音楽隊の演奏や観閲飛行、訓練展示、そしてブルーインパルス飛行展示など、様々なイベントが開催されていました。




【一般公開はされないの?】



百里基地の航空観閲式はそもそも「基地開放日」ではなく、航空観閲式は自衛隊主催の観閲行事となっています。
ですから一般公開もされず、むしろ内閣総理大臣や防衛大臣など要人が多数参加する正式行事として認識しておく必要があります。
一般公開されないのもこのような理由があり当然のことで、航空観閲式は招待券を持っている方のみが基地内に入ることが出来ます。


基地周辺も交通規制が敷かれ、警備も厳重となっていますが、しかし外周から見学することは十分に可能です。
また事前公開の日もたくさんのギャラリーが訪れますが当日に比べると警備も比較的少ないので、安心して見られるのもメリットですね。
毎回たくさんの方がギャラリーとして訪れ外周から楽しんでいますので、安全な場所からゆっくり眺められますのでご安心ください。


【百里基地航空観閲式事前公開2017 ブルーインパルスは飛ぶの?】



先程お話したように百里基地に入ることは出来ませんが、外周から飛行展示などを眺めて楽しむことは可能です。
今年のスケジュールとしての詳細はまだ分かりませんが、ブルーインパルスの飛行スケジュールには百里基地の航空観閲式事前公開、航空観閲式どちらもしっかり書かれてありますので、飛ぶことは安心して良いと思います!


飛ぶ時間などはまだ分かりませんので、また直前にスケジュールをチェックし、ブルーインパルスを見逃さないようにしておきたいところですね!


【まとめ】

百里基地の航空観閲式の事前公開は観閲式の前日というのが例年でしたが、ブルーインパルスの飛行スケジュールを見る限り今年は一週間前、10月22日の日曜日となっています。
うっかり前日だと思いこんでしまうとせっかくの飛行展示も眺められなくなってしまいますので、忘れないようにしておきましょう!


また季節柄、そろそろ上着なども用意しておかないとずっと外で待っているのは寒くなってくる頃でもあります。
暖かい上着や飲み物など防寒対策も考え、雨天など突然の天候の変化にも対応出来るようにしておくと安心ですね。


せっかくブルーインパルスや飛行展示などを楽しみに行くのですから安心や安全には気を遣い、終わったあとも楽しい気分で過ごせるように調整していきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です