福岡箱崎放生会2018!時間は何時まで?出店情報、駐車場情報まとめ!

スポンサーリンク
9月のお祭り
スポンサーリンク

「博多三大祭」という博多の大きなお祭りがあり、博多どんたくと博多祇園山笠、そして「福岡箱崎放生会」の3つが当てはまります。

そんな博多三大祭のひとつ「福岡箱崎放生会」が9月中旬に行われるのですが、これはお神輿や限定販売のおはじき、ユニークな出店など、見どころが多いお祭りなんですね。

福岡では箱崎放生会は広く知られているお祭りで、その歴史はなんと1000年以上にもなります。

今まで箱崎放生会を知らなかったという方も今年2018年は箱崎放生会がどのようなお祭りなのかを知って、ぜひ遊びに行ってみませんか!

箱崎放生会2019を120%楽しむガイド!開催場所とアクセスは?おはじきは買える?
福岡で毎年9月の中旬に開催される「筥崎放生会」というお祭りがあり、これは「博多三大祭」のひとつでもあります。 福岡...
スポンサーリンク

【福岡箱崎放生会とは?2018年の日程と時間は?】

箱崎放生会と聞いてもまずどう読むのかから分からない方も多いと思いますが、これは一般的には「ほうじょうえ」そして福岡では「ほうじょうや」と読みます。

箱崎放生会は正式名称を「筥崎宮放生会大祭(はこざきぐうほうじょうやたいさい)」と読むんですね。

放生会とは元々仏教の行事であり、「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」という意味があります。

更に家内安全や商売繁盛も祈願する総合的な「祈願祭」として、毎年9月12日から18日までの開催が続いているんですね。

放生会(福岡市箱崎宮)15.9.18

放生会(福岡市箱崎宮)15.9.18

今年2018年についても日程は同じで、2018年箱崎放生会の概要は以下のようになっています。

◎開催概要

日程:2018年9月12日(水)から9月18日(火)

時間:10時から21時頃まで(日によって時間も変わるので、詳細はスケジュールをご確認ください)

場所:筥崎宮

住所:福岡市東区箱崎1-22-1

箱崎放生会は膨大な数の露店や限定販売のおはじきとチャンポン、2年に一度のお神輿、見世物小屋などが魅力です。

お神輿については2年に一度であり、残念ながら今年の箱崎放生会ではお神輿の行列は見ることが出来ません。

ちなみにお神輿は2年に一度、9月12日の18時から22時頃までなんと4時間近くかけて地元を回るという行事なので、来年以降の参考にしてくださいね!

福岡、箱崎神宮の放生会、御神興行列、2013

福岡、箱崎神宮の放生会、御神興行列、2013

【放生会といえば出店・露店!】

箱崎放生会と言えば出店が大規模なところが魅力で、なんと500店も超える出店がずらりと立ち並びます。

歴史のある放生会では昔からある独特な雰囲気の露店も多いのですが、箱崎放生会はそれをより楽しめるんですね。

放生会の露店として特殊なものの例として、昔の放生会で亀が放流されていた名残で「亀」があちこで販売されています。

ほかにも「新生姜」が有名で、これは「元々筥崎宮周辺は生姜の栽培地であったためお祭りで売り出された」という由来があります。

現在では新生姜は縁起物として販売されているので、ぜひ箱崎放生会へ行ったら手に入れておきたいものとなっているんですね。

更に出店ならではの楽しみとして釣れたらその場で蒲焼にしてくれるうなぎ釣り、昔ながらのお化け屋敷や見世物小屋もあるのが箱崎放生会の魅力です。

昭和の雰囲気を残しつつ現在の子どもにも人気で、見世物小屋ではかっぱの空中遊泳やマジックショー、火炎ショーなどを楽しむことが出来ます。

見世物小屋

見世物小屋

露店や出店は神社の行事が終わる21時頃から少しずつ閉店していきますが、遅いところでは23時頃まで空いているところもあります。

しかし最終日は早くから店じまいを行うことになるので、最終日に行く場合は出来るだけ昼間のうちに覗くようにしてくださいね!

【放生会といえば「おはじき」!2018年も入手できない?】

箱崎放生会の楽しみといえば「おはじき」という方も多かったと思われますが、放生会のおはじきは陶芸品のような飾るもので遊ぶものではなく、博多人形の職人さんたちが手作りしたおはじきなんですね。

毎年異なったテーマで作られるのでデザインも違い、「厄をはじく」という縁起物として非常に高い人気がありました。

筥崎宮 放生会 本殿廻廊 放生会おはじき展示1

筥崎宮 放生会 本殿廻廊 放生会おはじき展示1

しかし人気が出すぎたこのおはじき、前日の夜から待機列が作られ整理券が配られるほどの状態となり、定価を遥かに超えた価格でオークションに出品されるなんてことにもなりました。

これに合わせて職人さんたちの高齢化もあり多くの生産が難しくなったということで、2017年はおはじきの販売が中止になっていたんです。

今年のおはじきについての情報はありませんが、中止になった際に「通年で販売出来るおはじきを」ということで3月末から「筥崎宮おはじき」を販売開始しています。

これに合わせて放生会でもおはじきの販売が形は変わるかもしれないものの可能性もあるので、再開されることを期待したいところですね!

【箱崎放生会へのアクセスは?車ならおすすめの駐車場は?】

最後に箱崎放生会へ行くためのアクセス方法、車で行く際に知っておきたい駐車場の情報についてもまとめてチェックしておきましょう。

◎アクセス方法

・電車の場合

博多駅からJR鹿児島線に乗り「箱崎駅」で下車、徒歩でおよそ10分程度

市営地下鉄「筥崎宮前駅」下車後、徒歩3分程度

・車の場合

福岡都市高速道路東浜出入り口から国道3号に入り、およそ10分ほど

◎駐車場について

箱崎放生会の特設駐車場が都市高速高架下お湖井浜の隣にあり、かなり広い駐車場なので収容できる台数も多くなっています。

しかし無料ということもあって毎年ものすごく混雑し入庫するのも大変なので、近場の駐車場もしくは数駅離れた駅近くの駐車場をおすすめします。

近場の駐車場としては「リパーク筥崎宮北」などがありますが収容台数も少なく、停めたい場合は相当早くから確保しておかなければならなくなります。

それよりは少し離れた駅周辺の駐車場に停め、電車で移動して徒歩で向かったほうが結果的に早く到着できると思いますよ!

【まとめ】

箱崎放生会の魅力といえばお神輿やおはじきという方も多く、今年はお神輿がなくおはじきもどうなるのか不明というのはちょっと残念ですね。

しかし様々な露店をはじめ、箱崎放生会の魅力はもちろんそれだけではなくたくさんあります。

また期間が長いのも箱崎放生会の嬉しいポイントで、博多三大祭のひとつと言われるのも納得の人気があります。

ぜひ今年は期間中にご都合のつく日に箱崎放生会へ向かい、貴重な出店などを楽しんでみませんか!

よく読まれている記事
9月のお祭り
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました