赤ちゃんが鼻血!鼻くそをとろうとしたら鼻を傷つけてしまった!応急処置方法は?

生活の知恵・裏ワザ

赤ちゃんが鼻血!応急処置方法は?

2

鼻くそを取ろうとして鼻血がでるとき、それは鼻の粘膜を傷つけてしまっている証拠です。

原因と応急処置方法をぜひ学んでおきましょう!

鼻血が出る原因

もともと赤ちゃんの粘膜は非常に薄く、ほんの少しの刺激で鼻血がでてしまいます。

鼻の入り口から1センチほど奥に、鼻の血管が集中してあります。

ここを刺激してしまうと、すぐに鼻血がでることになってしまうのです。

応急処置方法

1.頭の高さを高くする

2.顔を下に向かせる(上向きは血が鼻の奥に入ってしまうのでNG

3.鼻の入り口から出る鼻血を拭く

4.小鼻をやさしくつまみ、数分待つ

たったこれだけで、赤ちゃんの鼻血は大抵止まります。

小鼻をつまんでから、早い場合で2分程度、遅くても10分程度で止まるでしょう。

鼻血が出ている場合は、ひとまずこの方法を試してくださいね。

鼻血を出さないために上手な赤ちゃんの鼻くその取り方とは?

赤ちゃんの鼻の粘膜がそんなに弱いものだとは、なかなか知りませんよね。

では、今後どうしたら上手に鼻くそをとってあげられるのでしょうか?

赤ちゃんの鼻くその取り方

1.まずは太目の綿棒を用意し、綿を少しほぐします。

2.やわらかくした綿棒で、鼻の入り口付近のみを優しく拭き取りましょう。

赤ちゃんの鼻くその取り方

あくまで覗き込まずに、見える範囲の鼻くそだけを取ること。

入念にやりすぎるのはNG。

綿棒が心配なら、綿棒に少しワセリンをつけて行うと滑りも良くなるので安心です。

鼻くそをサッと取れれば、子供もポカンとしてしまいます。

赤ちゃんの粘膜が弱いこと、また1センチ奥には血管が集中していることを覚えておけば、もう鼻掃除はバッチリですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました