塩竈みなと祭2018!今年もディズニーはやってくるの?前夜祭花火大会の日程は?

スポンサーリンク


日本三大船祭りとして有名な塩竃みなと祭。前夜祭の花火大会から始まり、最大のみどころ神輿海上渡御まで陸も海も盛大なお祭りが繰り広げられます。壮大な塩釜みなと祭のおまつりをご紹介します。



スポンサーリンク

【宮城県の松島湾の夏といえば「塩竈みなと祭2018」!どんなお祭り?】



◆日程

7月15日と16日(※7月第三月曜日とその前日)


◆予想来場人数

7万人超


◆歴史・概要

終戦直後の昭和23年、港町塩竈の産業復興と疲れきった市民の快復を願って始められたお祭が「塩竈みなと祭」です。

陸奥国一之宮鹽竈神社のお神輿を、御座船「鳳凰丸」につつしんで安置し、松島湾内をお出ましする。百隻に及ぶ大小の供奉船を従えてご各地を回られる姿は平安絵巻のようです。



(鳳凰丸)


昭和39年には志波彦神社の神輿と御座船「龍鳳丸」が海上渡御に加わり、みなと祭がさらに盛大になっていきました。



(龍鳳丸)

海上渡御中の御座船を待つ間に、より祭を華やかに楽しくと、陸上パレードが行われるようになり、4日前夜祭の花火大会も含め、海と陸とが一体となったお祭になっています。


平成元年からは「よしこの鹽竈」という新しい唄と踊りが入って、一層にぎやかなお祭となり、東北の夏祭りの先陣を切るお祭りとして盛大に開催されています。


平成18年度に水産庁から「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に認定。さらに平成26年度には「ふるさとイベント大賞」において『内閣総理大臣賞』を受賞しました。


◆地元の人にとってのお祭りの意味

戦後の産業復興と市民の元気回復を求めた人々の思いによって始められた祭りです。震災から3年の今年は、縮小傾向にあった祭りを震災前同様の内容で実施しようと神社、市民が一体となって取り組んでいます。懸命に活動する商工会や青年部の人達、また、氏子たちの祭りを守り支えて行こうという熱い思いがお祭りを盛り上げています。


◆どんなお祭り?

前夜祭を飾るのが花火大会。枕歌にもなった国内有数の景勝地である千賀の浦(現在の塩釜港)を、色とりどりの花火が美しく染める。


本祭りの見どころは、「神輿海上渡御」

志波彦神社と鹽竈神社のお神輿を奉安した「龍鳳丸」「鳳凰丸」の御座船と、普段は塩竈港に停泊している100隻以上の漁船が大漁旗を掲げて御座船に続いて海上へ出ていきます。湾いっぱいに広がる色鮮やかなその光景は圧巻です!


陸上では重さ1トンのお神輿が市内を練り歩きます。


最後は観客に見守られながら202段のオモテ坂を上って神社に戻り、夏の祭りを締めくくります。




【塩竈みなと祭といえば「御座船の御神輿奉安」 みどころは?】


第69回 塩竈みなと祭 御座船 御神輿奉安 塩釜港 ダイジェスト版 宮城県 2016 7



◆どんな行事?

鹽竈神社と志波彦神社のお神輿を、御座船「鳳凰丸」「龍鳳丸」の2隻に奉安。百隻に及ぶ大小の供奉船を従えて、日本三景の松島湾内を渡御します。

海の祭典としては全国有数の規模であり、広島県の厳島神社で実施される管絃祭、神奈川県の貴船神社で実施される貴船まつりとあわせ、日本三大船祭のひとつとして数えられています。


◆御神輿奉安のスケジュール

10時30分表坂上発、午後8時に還御します。


◆みどころ

海上渡御は、塩釜港を出ていくときが最高です。鳳凰丸と龍鳳丸は港内をゆったり1周してから外海へ出ていきます。そのタイミングで、魚市場側に待機していた供奉船が2列になり、御座船の両側につきます。大漁旗をひるがえした供奉船は迫力があり、見事です。

神輿は海上渡御を終えて港に戻ってくると再び市内を巡幸し、神社に戻ってきます。


【塩竈みなと祭にディズニーがやってくる?!2018年もやってくるの?】


東京ディズニーシーが開園してから15年間の感謝の気持ちを伝えるために、全国15都市のお祭りに参加しました。2016年の第69回の塩竈みなと祭に、特別に制作された「東京ディズニーリゾート・ドリームクルーザーⅢ」に乗ったミッキーやミニーたち参加しました。

ディズニーは2018年35周年で、全国20都市のお祭りに参加しますが、残念ながら今回は塩竃みなと祭は予定に含まれていません。


東京ディズニーリゾート35周年スペシャルパレード

公式サイト:
東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。


【塩竈みなと祭といえば前夜祭花火大会!】



「塩竈みなと祭」の前夜祭として開催される宮城県内1位の人気の高い花火大会です。国内有数の景勝地である千賀の浦で色とりどりの花火を楽しめます。日程は下記の通りになっていますよ!


日程:2018年7月15日(日)※雨天時:未定

打上時刻:20:00~20:50

打上数:約8000発(昨年度)

人出:約7万2000人

有料席:縁日広場会場に50テーブル限定で観覧席が販売

      (2018未定 2017年情報です)


【日本三大船祭り「塩竃みなと祭」を見に行こう!】



日本3景の松島湾で行われる、日本3大船祭りの「塩竃みなと祭」

日本のトップ3の名称を2つも兼ねそろえた祭りは、見ごたえのある祭であること間違いなし!ぜひ塩竃みなと祭に足を運んでくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です