柳井金魚ちょうちん祭り2018!みどころ完全ガイド!駐車場は?

スポンサーリンク
8月のお祭り
スポンサーリンク

山口県柳井市の夏のお祭りとして「柳井金魚ちょうちん祭り」というものがあり、街中が金魚ちょうちんで埋め尽くされます。

金魚ちょうちんは柳井市の民芸品であり、それをモチーフにした柳井金魚ちょうちん祭りは「金魚ちょうちん踊り」「金魚ねぷたの練り歩き」など、聞くだけでワクワクするイベントが行われているんですね。

なんとも言えない可愛さがある金魚ちょうちんが街中各所を埋め尽くし盛り上がる金魚ちょうちん祭り、ぜひこの機会にどんなお祭りなのかを知って、遊びに行ってみませんか!

柳井金魚ちょうちん祭り2019!みどころ完全ガイド!駐車場は?
山口県柳井市の夏のお祭りとして「柳井金魚ちょうちん祭り」というものがあり、街中が金魚ちょうちんで埋め尽くされます。 金魚ちょうちんは柳井市の民芸品であり、それをモチーフにした柳井金魚ちょうちん祭りは「金魚ちょうちん踊り」「金魚ねぷたの練り歩き」など、聞くだけでワクワクするイベントが行われているんですね。 なんとも言えない可愛さがある金魚ちょうちんが街中各所を埋め尽くし盛り上がる金魚ちょうちん祭り、ぜひこの機会にどんなお祭りなのかを知って、遊びに行ってみませんか!
スポンサーリンク

【山口県の夏といえば「柳井金魚ちょうちん祭り」!どんなお祭り?】

柳井金魚ちょうちん祭り街中が金魚ちょうちんで埋め尽くされるお祭りですが、その雰囲気は動画で見てみるほうが分かりやすいと思います。

2017 8/13 柳井金魚ちょうちん祭り

2017 8/13 柳井金魚ちょうちん祭り

本当に街中あらゆるところに金魚ちょうちんが登場し、お祭りも大きく盛り上がっている雰囲気が伝わってきますね!

柳井金魚ちょうちん祭りは金魚ちょうちん踊りや金魚ねぷたの練り歩きをはじめとした多くのイベントが開催され、また夜にはこのちょうちんに明かりが灯されます。

その雰囲気はなんとも幻想的で、柳井金魚ちょうちん祭りは毎年たくさんの方が訪れる人気のお祭りなんですね。

このような柳井金魚ちょうちん祭り、2018年の開催日程もすでに決定しているので、ぜひ当日を楽しみにしておきましょう!

◎開催概要

日程:2018年8月13日(月)

時間:17時から21時

場所:JR柳井駅前~白壁の町並み一帯

柳井金魚ちょうちん祭りの始まりはおよそ150年前ほどまでさかのぼり、当時の柳井の商人が青森県の「ねぷた」をヒントに考案し、子どもたちのために始めたと言われています。

金魚ちょうちんという柳井の民芸品はそもそも子どもに喜んでもらうためにはじめたということで、お祭りも地元の方にとっても毎年楽しみにしている、とても大切な伝統なんです。

もちろん金魚ちょうちんの可愛らしさとちょうちんに明かりが灯った幻想的な光景をもとめ、遠方からもたくさんの方が訪れるお祭りとなっています。

夜には花火も打ち上げられまさに夏祭りといった雰囲気となるので、更に人も増え盛り上がっているんですね。

ちなみに駐車場は臨時の駐車場が用意され、また花火の際は追加でいくつかの駐車場も用意されます。

しかし多くの人で賑わうこと、交通規制などがあることを考慮すると、柳井金魚ちょうちん祭りには公共交通機関で行ったほうが安心かもしれませんね。

【山口県柳井市と金魚の関係は?金魚ちょうちんは柳井市特有のもの?】

柳井金魚ちょうちん祭りでも使われている金魚ちょうちんですが、このはじまりは先程お伝えした通り、およそ150年前に柳井の商人が青森のねぶたを元に考案しはじめたものです。

それを戦後独自の技法を加えて今日まで続く美しい金魚ちょうちんの姿となり、昔はこれを作って子どもに与え、遊んでいたんですね。

現在この金魚ちょうちんは柳井の民芸品として広まり、柳井市では市内各所に金魚ちょうちん、また金魚の姿が見られます。

山口県を代表するお土産のひとつとして、また柳井市の民芸品としても有名で、ぜひ柳井市へ遊びに行った際はお土産としても考えてみましょう。

このように元々大人が作って子どもに与えるものだった金魚ちょうちん、柳井金魚ちょうちん祭りでは製作体験を楽しむことも出来ます。

作り方は長いひごを結んだものを2つつくって十字に止め、中にひごで作った輪っかを入れて結びつけます。

更に短いひごで作った輪っかを上部に取り付け、障子紙を切って貼り付ける、型紙通りに切るなど、やっていることは普通の工作でもできそうな内容なんですね。

最後に胴体に目や口を描き、絵の具などで色を付ければ自作の金魚ちょうちんの完成となります!

お祭り当日にも製作体験があり金魚ちょうちんを作れるので、ぜひ実際にご自分でも作ってみてくださいね。

【金魚ちょうちん祭りといえば「金魚ねぷた」も!】

何度かお話もして気になっている方も多いと思われる「金魚ねぷた」ですが、最初の動画を参考にしても分かる通り、とても大きな金魚ねぷたの練り歩きを見ることが出来ます。

金魚ねぷたのサイズはおよそ2メートル四方で、これが9団体、あわせて10基の様々な金魚ねぷたがあります。

昨年の場合金魚ねぷたを楽しめるのは午後17時半から20時45分で、このうち3回「爆走タイム」が設定され、派手な金魚ねぷたの練り歩きを楽しめます。

残念ながら有料席などはなく、ベストな場所で楽しみたい場合は早めに金魚ねぷたの会場をチェックし、見やすい場所を確保しておくのが一番だと思います!

【柳井金魚ちょうちん祭り その他みどころ3選!】

柳井金魚ちょうちん祭りでは他にも様々な見どころがあるので、ぜひその他の見どころについても見逃さないようにしておきましょう!

◎見どころ1:金魚ちょうちん踊り

柳井金魚ちょうちん祭りのもうひとつの名物、金魚ちょうちん踊りも柳井金魚ちょうちん祭りの見どころで、ぜひ楽しい金魚ちょうちん踊りもチェックしておきましょう!

柳井市駅前 柳井金魚ちょうちん祭り 2013-8-13(火)

柳井市駅前 柳井金魚ちょうちん祭り 2013-8-13(火)

見ているだけでもお祭りの雰囲気を感じ、柳井金魚ちょうちん祭りを盛り上げてくれる楽しい踊りとなっていますよ!

◎見どころ2:点灯式

柳井金魚ちょうちん祭りでも点灯式が行われ、ぼんやりと明かりが灯される金魚ちょうちんはぜひ見ておきたいポイントです!

2012.8.4金魚ちょうちんまつり点灯式

2012.8.4金魚ちょうちんまつり点灯式

動画後半のあたりから点灯がはじまるので、ぜひ動画でも柳井金魚ちょうちん祭りの点灯式を事前に楽しんでくださいね!

◎見どころ3:花火

柳井金魚ちょうちん祭りでは花火も打ち上げられ、お祭りを華やかに彩る行事として人気です!

柳井金魚ちょうちん祭り2014 フィナーレを飾る871発の花火

柳井金魚ちょうちん祭り2014 フィナーレを飾る871発の花火

「やない」に合わせた871発の花火が打ち上げられる花火、ぜひこちらも見逃さないようにしておきましょう!

【まとめ】

柳井金魚ちょうちん祭りでは街中が金魚ちょうちんで埋め尽くされ、お祭り時間中様々なイベントで楽しめます。

金魚ちょうちんの点灯式や花火など夏祭りならではの楽しみも多く、柳井金魚ちょうちん祭りを最初から最後まで楽しむことをおすすめします!

是非今年の夏はぜひ山口県の柳井市へ、柳井金魚ちょうちん祭りを心ゆくまで楽しんでくださいね!

よく読まれている記事
8月のお祭り
スポンサーリンク
takatakaをフォローする
スポンサーリンク
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました