新潟開港150周年記念「海フェスタにいがた」!ブルーインパルスは飛ぶの?みどころは?

スポンサーリンク

毎年夏に開催されている「海フェスタ」は、海の日の意義「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」を再認識し、海への感謝や親しみ、大切さの理解を深めるイベントです。


今年は新潟開港150周年という記念すべき年で、それに合わせて新潟での開催となりました!


また海フェスタにいがたでは航空祭などで有名な「ブルーインパルス」が飛ぶという情報もあり、詳細が気になるところです。

新潟開港150周年記念「海フェスタにいがた」ブルーインパルスの情報と合わせてチェックしておきましょう!


スポンサーリンク

【新潟開港150周年記念「海フェスタにいがた」の日程、開催概要は?】



海フェスタ日本でも最大級の海のイベントで、2018年は新潟開港150周年に合わせて新潟で開催されます。

「海への理解を深める」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、「学んで、食べて。海がもっと好きになる!」という分かりやすいキャッチフレーズを聞くと身近に思えるのではないでしょうか。


海フェスタでは海のことについて詳しく紹介された展示や体験コーナー、帆船の公開、そして体験乗船やグルメ、音楽イベントなど、海に関することを幅広く楽しめます。

その中で海のことを知って、学んで、海への理解を深めてもらおうという、誰もが楽しめる日となっているんですね!


そんな海フェスタ新潟の日程は


2018年7月14日(土)から29日(日)


となっています。

好きな分野から海をもっと深く知るのもよし、体験して自分の感覚で海を味わうのもよしと、それぞれお好みの楽しみ方で海フェスタを堪能しましょう!




【ブルーインパルスがやってくるって本当?】



海フェスタと同じくらい気になる航空機ファンが見逃せないブルーインパルスは、7月16日(月)の海の日に祝賀飛行が決定しています。



場所は新潟市の海フェスタにいがたの会場ですが、具体的な詳細スケジュールや時間などはまだわかりません。

ぜひ海フェスタにいがたの公式サイトをこまめにチェックし、せっかくのブルーインパルスを見逃さないようにしておきましょう!


公式サイト:


せっかくのブルーインパルスなのでカメラを用意してしっかり撮影しておきたいという方も多いと思いますが、おすすめの撮影ポイントは時間帯によっても左右されてしまいます。

逆光で撮ってしまうとがっかりな結果にもなりかねませんので、時間と場所をチェックし調整しておきましょう。


またフェスティバル当日ではなく前日25日に行われるであろう予行飛行を狙うのも、混雑を避けるというメリットがありおすすめですよ!


【ブルーインパルスがイベントにやってくる条件は?】



航空機ファンの間で人気があるアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」は航空自衛隊の広報のために1995年につくられたチームです。

広報活動が主な任務で、曲技飛行隊のなかでもスモークを利用した「描きもの」が得意なチームとして世界的にも知られています。


このような仕組みになっていたため、自衛隊基地での航空祭で見る機会が多くなっていたのですね!


ブルーインパルスのパイロットはほとんどが高校卒業後に航空学生として入隊した隊員で、ここからさらに訓練を重ね選ばれた方となっています。


そもそも航空自衛隊のパイロットになるためには30倍とも言われる倍率の難関試験をパスする必要があります。

入隊試験として筆記試験と体力テスト、また6年間のコースの中いくつもの過程で脱落していき、最終的にパイロットになれるのは5割以下、ここからさらに戦闘機に乗れるとなると、本当に一握りなんですね。


しかしまったく近づけない雲の上の人というわけではなく航空祭ではサイン会なども行われ、間近で見ることもできますよ!


【その他 新潟開港150周年記念「海フェスタにいがた」のみどころは?】



新潟開港150周年記念「海フェスタにいがた」についての詳細はまだあまり発表されていませんので、見どころも今後増えたり変わったりするかもしれません。

公式サイトをこまめにチェックしつつ、海フェスタにいがたではどのような行事があるのかを簡単にチェックしておきましょう!


◎ブルーインパルス

ブルーインパルスの祝賀飛行は日頃なかなか見られないブルーインパルスを近くで見られるチャンスで、航空機ファンは遠くからも訪れる方も多くいます。

せっかくのこの機会、新潟開港150周年記念海フェスタにいがたでしっかり目に焼き付けておきましょう!


◎海の総合展

海フェスタでは海に関する展示がたくさん行われ、こちらも日頃見ることが少ない帆船などを近くで見るチャンスです。

また体験航海ができるチャンスもあるので、ぜひ海フェスタという貴重なタイミングを見逃さないでくださいね。


◎海の絵画コンクール

まもなく応募受付が始まる海の絵画コンクールも、小中学生の描いた伸び伸びとした絵が見られすのでおすすめです!

気になる方は次のサイトで詳細情報があります(応募条件は必ず確認してくださいね)ので、是非チェックしてみましょう!


応募詳細サイト:


【まとめ】

海フェスタにいがたでは海に関する展示や体験イベントなどがもりだくさんであり、さらにブルーインパルスの祝賀飛行を見られるチャンスの日でもあります。

ブルーインパルスが飛行する海の日(7月16日)はたくさんの方が訪れる可能性もあるので、時間やスケジュールなどは余裕を持っておくと安心ですね。


ぜひ今年の夏のイベントのひとつとして海フェスタにいがたに参加し、海への理解を深めてみませんか!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です