八戸三社大祭2018!山車のスケジュールは?心霊写真って何?

スポンサーリンク


八戸三社大祭は、青森県八戸で江戸時代から続く、豊作祈願や報恩のためのお祭りです。青森県南を代表する、日本最大級の人形山車祭りです。


今回は、八戸三社大祭の日程やみどころ、うわさの心霊写真についてもご紹介します。


スポンサーリンク

青森県八戸の夏といえば「八戸三社大祭!」2018年の概要は?


まずは、日程やスケジュールを確認しましょう!


概要

2018年7月31日(火)~8月4日(土)
10:00~18:00

会場おがみ神社 青森県八戸市内丸2-1-51


アクセス

JR八戸線「本八戸駅」から徒歩5分

八戸自動車道八戸ICから国道340号線で約15分


お祭りの期間中は、駐車場が利用できません。
公共交通機関のご利用をおすすめします。


スケジュール

・7月31日 『前夜祭』

18:00~21:00
日本夜景遺産に登録されている、山車が集合してライトアップされた様子が見られます。


・8月1日 『お通り』

15:00~19:00
おがみ神社から、神社行列と山車が八戸市街地へ向かいます


・8月2日 『中日』

18:00~21:00
夜間に八戸市の中心で、山車の巡行が行われます。


・8月3日 『お還り』

15:00~19:00
新羅神社から八戸市中心街を神社行列と山車が巡行します。


・8月4日 『後夜祭』

18:00~21:00
後夜祭は2003年から始まり、前夜祭と同様の内容で行われている。


期間中の5日間は、100万人以上もの人であふれ、独特の熱気に包まれます。



八戸三社大祭のみどころといえば豪華絢爛な山車!


八戸三社大祭での一番のみどころは、見るもの全てを圧倒するほど豪華な山車です。毎年異なる題材で作り直すという山車の製作者は、プロではないというのだから驚きです。


それぞれ本業を持った人たちが、仕事の後集まって作っているそうです。毎年5月頃から、発泡スチロールなどを駆使してつくりはじめ、当日までに27台を仕上げます


27台のどれもが違うデザインで、細かい装飾が施されています。それだけでも豪華絢爛ですが、一部がせり上がるなどの仕掛けがあり、さらに驚かされます。


民話や歌舞伎を題材にするものが多く、基本の類型には、「岩山車」「波山車」「建物山車」「高欄山車」の4つがあります。どの類型の山車なのかを考えながら楽しむのもおもしろいですね。


夜間にはライトアップされ、昼間とは違った幻想的な山車を堪能できます。


【公式PV】 “The Japanese Traditional Arts” 八戸三社大祭【Short ver.】



その他 八戸三社大祭のみどころ3選!


法霊神楽(ほうりょうかぐら)

神楽とは、神と人が歌舞し鎮魂するための儀式や行事です。
権現舞や、鳥舞、曲技舞などの演目からなる法霊神楽は、八戸市内最古の神社、おがみ神社に伝わる伝統芸能です。


中心的な演目の、権現舞(ごんげんまい)の権現とは、獅子の頭のことです。
獅子頭を一斉に打ち鳴らしながら舞う様子は、心に響きます


【2013八戸三社大祭】大迫力★法霊神楽★



駒踊(こまおどり)

馬の模型を胸につけて、まるで馬に乗っている騎手のように、跳ねて舞う駒踊り。岩手県の伝統芸能です。


虎舞(とらまい)

虎舞は、火災を防ぎ、安全な航海を祈願する舞として、東北地方の太平洋側に伝わってきました。八戸市にもいくつかの虎舞が伝わっており、八戸三社大祭でも見ることができます。


獅子舞の、獅子が虎になったようなイメージですね。
虎の頭に噛まれると、無病息災のご利益があるそうです。


【八戸三社大祭】お還り 湊虎舞2011.8.3



八戸三社大祭の頃になると話題になる「心霊写真」なんのこと?


2014年に8月2日の八戸市の地元紙「デーリー東北」にのった写真が、心霊写真だと話題になりました。


確認してみると、とてもわかりやすい心霊疑惑ポイントを発見!確かに、右側の女性のあたまの上に、手が映っています。これは、一体誰の手でしょう?


心霊写真やオカルトが苦手な人は、安心してください。
こんなふうに映ったのには、ちゃんと理由があります。



この写真には(10カットの写真を加工し約180度にパノラマ化)という注釈があります。つまり、加工の仕方で、10枚の写真を1枚に見えるようにしたものなんです。


10枚の中で、女性の手が頭の方へ動いたのでしょう。それを、通常はキレイに加工するのですが、たまたま加工ミスのまま載ってしまったのでしょう。


八戸三社大祭とは、一切関係ないので、安心してくださいね。


【最後に/まとめ】


八戸三社大祭は、青森で有名なねぶた祭りにひけをとらないほど大規模で、豪華絢爛なお祭りです。歴史が長く、それでいて新しく山車を作り直すという伝統は、わたしたちに新鮮で深い感動を与えてくれます。


心霊写真の心配もなくなったことですし、一見の価値ある山車を、今年はぜひ見に行ってみてください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です