東京フラフェスタ池袋2018完全ガイド!みどころは?出場するには?

7月のお祭り

毎年東京の池袋で開催されている人気イベント「東京フラフェスタ」をご存知でしょうか?

名前の通りフラダンス、そしてハワイの文化を楽しもうというイベントで、ハワイの様々な食物や文化に触れられるチャンスとなっています。

そんな東京フラフェスタは2018年度も開催が決まっていますので、ぜひ当日までにどのようなイベントなのか、何が楽しめるのかを把握しておきましょう!

東京フラフェスタin池袋2019完全ガイド!みどころは?出場するには?
毎年東京の池袋で開催されている人気イベント「東京フラフェスタin池袋」をご存知でしょうか? 名前の通りフラダンス、そしてハワイの文化を楽しもうというイベントで、ハワイの様々な食物や文化に触れられるチャンスとなっています。 そんな東京フラフェスタin池袋は2019年も開催が決まっていますので、ぜひ当日までにどのようなイベントなのか、何が楽しめるのかを把握しておきましょう!

【池袋の夏といえば「東京フラフェスタ2018」!どんなイベント?】

東京フラフェスタは池袋が一気にハワイに染まるイベントで、フラダンスやハワイの文化などを身近に楽しめる日となっています。

どのような雰囲気のイベントなのかについては動画でご確認いただくのが一番ですので、まずは次の動画も御覧くださいね。

東京フラフェスタin池袋2016日本最大フラダンスの祭典11

東京フラフェスタin池袋2016日本最大フラダンスの祭典11

日本でこのような大きなイベント、そしてフラダンスの祭典が楽しめる場所はあまりなく、東京フラフェスタは貴重な機会となっています。

東京フラフェスタは日本とハワイの交流、そしてフラダンスなどの文化を知ってもらうために始まり、2018年で16回目を迎えます。

2017年の東京フラフェスタは171チーム、人数にしておよそ5,000人もの踊り手が参加する大規模なもので、池袋が一気にハワイ色に染まっていました。

そんな東京フラフェスタ、2018年

・前夜祭

7月20日(金)

・東京フラフェスタ2018

7月21日(土)・22日(日)

という予定となっています!

会場は

・池袋西口公園
・池袋西口駅前広場
・東武百貨店8F屋上スカイデッキ広場
・サンシャインシティ噴水広場
・豊島区役所センタースクエア
・東池袋中央池袋公園

などです。

東京フラフェスタは年々来場者も増えてきていること、そしてちょうど夏休みの期間に入ることもあり、混雑も考えておいたほうが安心です。

できるだけ余裕を持ったスケジュールや動きやすい靴の用意など、混雑に巻き込まれても大丈夫なようにしておきましょう!

【東京フラフェスタ、今年こそは参加をしたい!参加をするには?】

東京フラフェスタに参加するには、まずインターネットで申し込みを行い、その後抽選で当たる必要があります。

参加条件としては出演内容や出演時間が規定時間内であること、チームの人数は45人までであることがあり、その上で出演会場の制限などがあります。

また一度申込みをした後でチーム名や代表者を変更することは出来ませんので、最初にしっかり考えた上で申し込みをするようにしましょう。

東京フラフェスタへの参加料は1チームにつき40,000円、また申込時に5,000円(参加費に含む)が必要です。

どのぐらいのうまさが必要なのか、団体でないと参加できないのかについては詳しい情報はありませんでしたが、詳しい参加方法は公式サイトより確認できますのでご確認ください。

公式サイト:

【フラダンスを習ってみたい!ダイエットにも効果あり?】

東京フラフェスタに参加したい、また一度東京フラフェスタへ行ってからフラダンスをやってみたくなった……という方に向けて、フラダンスの入門についてもお話します。

フラダンスを習う場合はフラの先生がいる教室でレッスンを受けることがまず考えられますが、それぞれの教室は先生の系統により雰囲気もずいぶん変わります。

レッスンを一度見学してみる、またスポーツクラブのプログラムでフラダンスに一度触れてみるなど、まずは入りやすい、自分に合った場所を探しましょう。

スポーツクラブやフィットネスクラブの場合はフラのスカートなどを用意せずとも参加できるので、最初に入るにはやりやすいかもしれませんね。

もしあればですが、近くの公民館などで行われている地元のフラダンスサークルがあれば、最も入りやすいと思います。

しかしこちらもママさんが集まって運営しているタイプ、先生を招いているタイプ、先生が運営しているタイプなど様々ですので、やはり一度見学してみましょう。

フラダンスはもちろん突き詰めていくと難易度も上がりますが決して取り付きにくいものではなく、またダイエット効果も期待出来ます。

ゆっくりとした踊りではあるものの正しい姿勢の維持……つまり体幹を作ることが必要になるので、自然とダイエット効果も発揮してくれるんですね。

人前で踊れる、例えば東京フラフェスタへ参加出来るようになるにはどのくらいの練習が必要かについてはもちろん個人差、レッスンの内容などによって違います。

最初から無理をして厳しい、つらいだけになっては意味がありませんので、入りやすいところからゆっくり慣れていくのが一番ではないでしょうか。

最後にフラダンスでよく使われる曲、有名な曲をいくつかピックアップしましたので、雰囲気を楽しむ参考にしてみてくださいね。

アロハ・オエ
ラブリーフラハンズ
カイマナヒラ
フキラウソング
ハワイのわらぶき小屋

【東京フラフェスタのみどころ3選!前夜祭のみどころは?】

前夜祭を合わせてもたった3日の東京フラフェスタ、ぜひ事前に見どころもチェックし、楽しい場所を見逃さないようにしておきましょう!

◎見どころ1:前夜祭

東京フラフェスタは前夜祭から大きく盛り上がりますがそれもそのはず、前夜祭では歴代チームのステージやハワイより来日した有名フラ講師の華麗な舞を楽しめます!

2017年 ”東京フラフェスタ@池袋” 前夜祭 ~カレイヒイマクア ~ 1曲目 【Kainoa – Kealii Reichel】

2017年 ”東京フラフェスタ@池袋” 前夜祭 ~カレイヒイマクア ~ 1曲目 【Kainoa – Kealii Reichel】

本格的なフラダンスを間近で見られる貴重なチャンスなので、ぜひ前夜祭から見逃さないようにしておきましょう!

◎見どころ2:ステージ

前夜祭が終わりメイン日になると、それぞれの開場で次々と様々なチームが登場し、フラダンスを楽しむことが出来ます!

アーケア フラスタジオ‐①/サンシャインシティB1F噴水広場/東京フラフェスタin 池袋2015(初日)
https://youtu.be/W3wfkV4cHkU

あまりに参加チームも多くすべてを見ることは厳しいですが、行きやすい会場、また事前に見たいチームをチェックしておき、見逃さないようにしたいですね!

◎見どころ3:みんなで踊ろう!フラナイト

東京フラフェスタの恒例企画のひとつに「みんなで踊ろう!フラナイト」という企画があり、3夜連続、来場者も全員含めてフラダンスを踊れる機会があります。

「いきなり踊れと言われても困る!」と思われるかもしれませんが、練習時間も用意されているので気軽に是非参加してみてください。

ビデオレッスンなども行われているので事前にこっそり練習し、一緒に行った友達をびっくりさせるなんてのも楽しそうですね!

レッスン

レッスン

【まとめ】

東京フラフェスタは本当にたくさんのチームが参加し、次々と踊りを披露してくれるのでいつでも目が離せず、あっという間に時間が過ぎてしまう楽しいイベントです。

フラダンスだけではなく交流都市や地元の商店からも物産がたくさん出店するので、こちらでハワイを味わうのもありですね。

ぜひ今年の夏は東京フラフェスタへ、参加者も踊れる時間には思い切って飛び込んでみるなど、気軽に楽しんでくださいね!

よく読まれている記事
7月のお祭り
takatakaをフォローする
フククル

コメント

タイトルとURLをコピーしました