クリスマスケーキの売れ残りセールは26日?25日?あの有名店も安売りするの?

スポンサーリンク

夏も終わり、秋になると百貨店や人気洋菓子店、コンビニなどでは、早くもクリスマスケーキの予約受付が始まります。特に人洋菓子店ではすぐに売り切れてしまうため、早めに予約を考えている人も多いようです。
また最近は、コンビニのクリスマスケーキもあなどれないほど、美味しくなっていますし、どこで購入するか迷いますよね?


しかし、クリスマスケーキってちょっとお高く感じませんか?「少しでも安く、お得にクリスマスケーキを買いたい!」と思っている人も少なくないかもしれません。


そこで今回はクリスマスケーキについて調べている人へ、売れ残りセールについての情報をご紹介します。



スポンサーリンク

【クリスマスケーキ売れ残りの安売りがはじまるのは26日?25日?】

一般的に家でクリスマスをする場合、12月24日にやる人が多く、24日が都合の悪い場合などは、その次の25日にやりますよね?


24日に売れ残ってしまったクリスマスケーキでも、25日に売れる可能性はまだまだありますので、この時点でケーキの値引きはないと思われます。


実際にケーキの値引きが始まるのは25日になってからです。


そして、クリスマスケーキの賞味期限を考えた場合、26日の時点では、クリスマスケーキは売り切れか、賞味期限切れにより廃棄している場合がほとんどです。


ケーキ店では、クリスマスの天候が崩れたりしてない限り、売れる個数というのはだいたい同じなので、クリスマスの3か月ほど前から、過去のクリスマス時期の売り上げデータなどから、売れる個数を分析して販売個数の計画を立てています。


最近では売れ残りを出さず、値引きもせずに済むようにクリスマスケーキは、予約販売のみとしているところも多く、そのようなお店では値引きは望めません。


スーパーなど確実に当日販売をしているお店では、12月25日のお客さんが落ち着き始める夕方18時過ぎから19時頃に値引きを始める場合が多いようです。25日の閉店までには、何とか在庫をなくしたいので、閉店2時間前くらいから値引きを始めます。


ただし、半額まで値引きをされることはほとんどなく、多くのお店は30%値引きくらいですが、それでも売れていくようです。





【そもそもクリスマスケーキを食べる習慣はいつから?】

日本のクリスマスには、いちごがのった生クリームのデコレーションケーキが定番ですね?1922年(大正時代の末期)に不二家「クリスマスにはケーキを食べましょう!」と習慣づけるようにマーケティングをして、日本で初めてクリスマスケーキを販売しました。


クリスマス定番のデコレーションケーキの基本形は不二家が作ったものですが、当時は高価で一般市民が購入できるものではなかったようです。日本にクリスマスケーキが本格的に広まったのは、昭和50年代(1975年~)からだそうです。


あるメーカーでは、今年のクリスマスケーキの製造開始は12月1日からで、250万個出荷予定とのことです。そのため製造アルバイトの求人もよく見かけます。


最近のクリスマスケーキは進化して、日本でも色々な種類のクリスマスケーキが楽しめるようになってきましたが、やはり日本での一番人気は基本のいちごがのったデコレーションケーキのようです。


【不二家やシャトレーゼ、など有名店でのクリスマスケーキもセールはあるの?】


街の個人のケーキ店では、予約販売のみが多く、値引きを期待するのはなかなか難しいので、早割などがあるお店では、それを利用しても良いかもしれません。


不二家やコージーコーナー、シャトレーゼなどの洋菓子チェーン店では、値引きがされることがあります。


<不二家>
不二家のクリスマスケーキの予約は店舗のみの受付です。2016年の予約は12月16日(金)でした。不二家では締切日までに予約をすると、クリスマス仕様のプレートがついてきます。


不二家では予約をしていなくても、ほとんどのクリスマスケーキが店頭に用意されています。ただ時間によっては、お目当てのケーキが品切れの場合があります。


不二家でのクリスマスケーキのセールは噂の息を出ません。ここ数年、売り切れはあっても、売れ残りや値引きはほとんどされないという声もあります。


とにかくケーキの種類もこだわりがなく、とにかく安く購入したい場合は、26日にお店を覗いてみてはいかがでしょうか。運がよければ、半額になった売れ残りのクリスマスケーキが見つかるかもしれません。


<シャトレーゼ>
シャトレーゼでも予約が可能で、当日店舗で購入することもできます。


シャトレーゼでは売上を予測して、クリスマスケーキを用意していますが、どうしても売れ残りが発生してしまうこともあるようです。


しかし、店舗によって、余った時点でクリスマスケーキを廃棄してしまったり、余らせないように計算してお店に出す方針の店舗もあるようです。


ネット情報では、25日のクリスマスケーキに既に半額で販売している店舗があったり、26日、27日になって半額で販売していたりと様々なようです。


ただし、どのようなタイミングで値引きになるのかはわかりませんので、確実に購入したい人は、やはり予約をした方が確実ですかもしれません。


とにかく安くクリスマスケーキをゲットしたい人は、お店を覗いてみるしかありませんね?



【売れ残りクリスマスケーキは通販でも買えたりするの?】

通販では売れ残りのクリスマスケーキは、訳あり商品や売りつくし商品として販売されます。クリスマスケーキは生ものなので、大量に売れ残ることはまず考えられません。


売れ残った材料を使い、別の新しいケーキを作って売られている場合もあります。それでも訳ありクリスマスケーキは、通販では一般価格より安く購入ができます。


スーパーでは、毎年値引きがされているようです。スーパーは基本的に閉店時間が決まっているので、閉店時間の何時間か前に一斉に値下げをすれば、30%の割引程度でも売れていきます。


コンビニの場合、最近は予約販売が主で、店頭販売もしているようですが、仕入れは個々のお店の判断に任されていることが多く、特に季節の期間限定メニューは各店舗によって大きく差があります。


行きつけのコンビ二が、ケーキをさばけそうな立地にある店舗では、仕入れも多めに設定されているかもしれません。


当日販売のケーキを狙う場合は、利用客が安定している帰宅途中の駅に近いコンビニが狙い目です。


駅に近いコンビニは、予約なしでクリスマスケーキを購入しようとする人が、帰宅途中で購入することが多いので、お店側もそれを見越して、ケーキを用意している場合が多いのです。


コンビニでは当日購入されるケーキは、実際に15日の夕方以降の売り上げが伸びています。値引きは期待できないかもしれませんが、購入希望の場合は、店頭販売分が余分にあれば、取り置きもできるかもしれませんので、電話で確認してみるのもアリかと思います。


また、コンビニで半額値引きを狙う場合は、駅から少し離れたコンビニが狙い目です。駅に近いコンビニに比べてお客さんがあまり入らず、売れ残が出る確率が高くなり、消費期限の関係で半額になる可能性も高いです。


しかし、気にしない人もいるかもしれませんが、スーパーやコンビニのクリスマスケーキの多くは冷凍品です。工場であらかじめスポンジケーキの表面に生クリームを塗る状態で冷凍し出荷されます。


それを販売店で解凍して、生クリームをデコレーションしています。期日までに大量にケーキを作らなければならず、その方法でないと生産が追いつかないためです。


やはり生よりも味が落ちていると感じるかもしれませんが、コンビニのクリスマスケーキは、こだわりのある商品が多く人気があります。



【最後に】

「クリスマスケーキの売れ残りセール」についてご紹介しました。今年はお得で美味しいクリスマスケーキが食べられますように!


最後にまとめると


①クリスマスケーキの売れ残りセールが始まるのが25日

②日本にクリスマスケーキが広まったのは、昭和50年代(1975年)

③不二家やシャトレーゼなどでもクリスマスケーキのセールはある

④売れ残りのクリスマスケーキは、通販では訳あり商品や売りつくし商品として販売

⑤スーパーの売れ残りクリスマスケーキは、閉店前に30%割引でも売り切れる可能性大、コンビニは店舗在庫がない場合が多く、あれば賞味期限内で半額セールの可能性大


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、クリスマスケーキの売れ残りセールを、チェックしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です