府中大國魂神社酉の市2018!初心者向け粋な歩き方・熊手の買い方完全ガイド!


酉の市」と言われても関東の方や経営者の方などでないとピンとこないかもしれませんが、毎年11月の酉の日に行われるお祭りのことなんです。


また逆に酉の市の話を聞いて「どんなものなのかな」「興味があるから今年は行ってみたい」とお考えの方も、もちろんいらっしゃると思います!


今回はそんな酉の市初心者さんに向けて、酉の市とはどんなイベントなのかどう歩けば良いのかなど、酉の市についての情報をまとめています。


ここでは特に浅草の鷲神社(台東区)・花園神社(新宿区)とともに「関東三大酉の市」と呼ばれている「府中大國魂神社酉の市」についてお話していきますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね!


スポンサーリンク

11月の風物詩酉の市ってどんなイベント?由来は?

酉の市を楽しむためには、やっぱり「そもそも酉の市とはどんなものなのか」を知っておいたほうが良いのは間違いありませんよね!


酉の市とは「大酉祭」と呼ぶこともある、毎年11月の「酉の日」に行われるお祭りのことです。今では「酉の市」と広く知られていますが、「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。


なぜ11月に開催されるのかという部分については諸説ありますが、鷲神社の祭神「ヤマトタケルノミコト(日本武尊)」の命日が11月の酉の日だという説、日本武尊が鷲神社で戦勝のお礼参りをしたのが11月だから、などの説があります。


酉の市はこういった発祥ですので鷲神社など鷲や鳥にちなんだ寺社から発祥した、関東が中心の行事です。現在は鷲や鳥にちなんでいない寺社が酉の市を開催していることもありますが、酉の市に乗っかっているというのが正しいんですね。


関東発祥ですがこのようにして少しずつ全国に広がっていき、現在では様々な場所で酉の市が開催されるようになっています。


元々は農民が行っていた収穫祭ですので、酉の市では農作物、そして農具を売っていました。その農具のおまけとしてつけるようになった熊手が発展し、現在では福を招く縁起物を飾って「様々な装飾を施した熊手を販売するお祭り」となっています。



府中大國魂神社の酉の市、みどころ・歩き方!


2018年の府中大國魂神社の酉の市の日程については以下のようになっていますので、忘れないようメモしておくと良いですね。


11月1日:一の酉

11月13日:二の酉

11月25日:三の酉

朝の6時から24時まで神符熊手を授かることができますので、ぜひご都合に合わせて行ってみてください。


では次に、いよいよ府中大國魂神社の酉の市について、見どころや歩き方をチェックしていきましょう!


見どころ1:お囃子

酉の市では神楽殿でお囃子を見ることが出来、酉の市ならではの独特の雰囲気を楽しむためにもぜひ見て貰いたい行事のひとつです。


どんどん酉の市としての気分も盛り上がってきますので、ぜひ買い物だけではなくお囃子もチェックしてくださいね!


2014-11-22 大國魂神社 酉の市



見どころ2:熊手

先ほどと同じ動画で熊手の販売、購入後の様子なども見ることができますのでぜひご確認下さい!


神社で購入できるのは、熊手3種類は「かんざし守り 500円」「熊手1,000円」「熊手(大)3,000円」でお祓い済みの熊手です。露店で購入できる熊手は「縁起熊手」と違ってシンプルです。


酉の市とくればやっぱり熊手ですし、たくさん並べて販売している熊手屋さんを見たり、また後ほど説明しますが買った後の手締めなども見どころです。


威勢の良い掛け声はあちこちで見ることができますので、気の向くままに歩いてみることをおすすめします!


見どころ3:出店

酉の市ならではの熊手市ももちろん魅力なのですが、酉の市ではこのようにたくさんの出店が並ぶ、お祭りならではの楽しみ方ももちろんあるんですね。


東京都府中市は酉の市として有名な浅草などと比べると多少人の入りも少なく、ゆっくり出店を回りつつ、酉の市ならではの熊手を楽しみつつとしたい方には特におすすめですので、ゆっくり見て回りましょう!


酉の市 2016 東京都府中市 大國魂神社



はじめてでも大丈夫!酉の市で熊手の買い方!選び方!


動画を見ても独特の雰囲気でちょっと気も引けてしまうかもしれませんが、はじめての方に向けて酉の市での熊手の買い方、そして選び方についてもお話します。せっかくの酉の市、熊手を買って帰りたいのは当然ですので、ぜひ今のうちにチェックしておきましょう!


熊手は様々なサイズがありますが、基本的なものとして「将来事業が大きくなる・出生できる」ことを祈って年々大きな、値段も高いものに買い換えるのが良いと言われています(同じ大きさならありです)。


ですから初心者のうちに大きな熊手に惹かれて買ってしまうと、後々それよりさらに大きく高いものを購入……と大変になってしまいます。


最初は個人の場合は1,000円程度の小さいもの、会社の方や経営者の方も5,000~10,000円程度にしておくと安心ですね!前年より大きな熊手を求めるのが厳しい場合は、二年続けて同じ大きさの熊手を買っても良いとのことです。


気に入った熊手を見つけたら熊手屋さんとの駆け引きがはじまりますが、ここからが酉の市ならではの楽しみ方なのです。お店の方に値段を聞いたらすぐに支払うのではなく、どんどん値切っていきましょう


お店の方ももちろん負けずに掛け合いがはじまりますが、酉の市ならではの楽しみ場所がここなんです。でも、どうしても勇気が出ない!という方もご安心くださいね。値引き合戦をしなければ購入できない!というものではなく、お値段を聞いている方も多くいらっしゃいます。


いい感じに値切れたら値切り交渉を終わらせて支払いますが、ここで支払うのは値切った金額ではなく「最初に聞いた金額」にします。


こうすることによって商談を楽しみ、客側はご祝儀を出してお大尽気分、熊手屋さんはご祝儀を頂いてもうかった気分、と、誰もが幸せに楽しい時間を過ごすことが出来るんですね!


また購入後お店の中央に掲げ、周りにあつまった熊手屋さんの掛け声で手締めとなりますので、ぜひ体験してみてくださいね!


吉田篤史酉の市で熊手を購入



ちなみに買った熊手は正面を向け、高く掲げて持ち帰るのが良いとされています。これは「来年の酉の市までの1年間大きな福をかき込んでくれるように」という願いを込めた歩き方ですので、ぜひやってみてくださいね!


熊手の飾り方は?熊手はいつまで飾るの?


酉の市で購入して持ち帰った熊手ですが、家もしくは会社に飾ることになります。


より多くの福を呼び込むため、玄関の入口に向かって少しでも高いところに飾るのが良いとされています。玄関以外の場所であれば熊手の正面を南、東に向けて、室内の少し高いところに飾ります。


例外は北向きに玄関がある場合で、北向きに飾ることはやめておきましょう


飾る場所としては神棚や仏壇もしくはリビングなどの高いところ、会社の場合は従業員が多くいる場所(事務所など)が良いです。


ちなみに一年飾った熊手はそのまま捨てるのではなく、次の酉の市のときに持っていって納めることになります。入り口近くなど分かりやすい場所に納める場所がありますので、その日まで飾った熊手を持っていきましょう。


もし場所が分からない場合は「熊手納めはどこですか」と聞けば大丈夫です。古い熊手を納める「熊手納め所」があるので、1年間福を取り込んでくれた事に感謝して納めましょう。


万が一酉の市で納めることができなかった場合は、お守りなどと同じように近くの神社やお寺でお焚きあげしてもらいましょう!家庭でお清めする場合は広げた新聞紙の上に熊手を置き、お塩を左、右、左と三回かけて清めます。


忙しくて酉の市に行けないよ・・という方はネットで!

・いつも縁起物で買っている熊手、今年は酉の市開催の曜日に予定がギッシリで行けない。

・今年こそは酉の市で熊手を買うぞ!と意気込んで神社に行ったけどあまりの人手の多さを寒さで心が折れた・・・・

・熊手は買いたいけど、荷物になるから持って帰るのが億劫・・・

・なるべくカードで支払いたい、ポイントをためたい!

という方は、楽天市場でも販売していますのでネットから購入をしてみるのもいいですね♪


色々なサイズが揃ってますし、ふるさと納税の返礼品として熊手があるようなので
今年のふるさと納税に間に合わせたい人にも使えますよね!











私は忙しくて行けなかったので小さいサイズをネットで買いました!
ご利益に期待♪


【まとめ】

動画なども見ていると何となく雰囲気も伝わったかと思いますが、酉の市は開催時間などを見ても独特の雰囲気、そして勢いがあるイベントです。迷うより飛び込んで見たほうが分かりやすいこともありますので、身構えず気軽に一度酉の市へ行ってみましょう。


江戸時代から続く歴史ある酉の市「府中大國魂神社酉の市」。
今年の酉の市でぜひ酉の市デビューをし、お好みの熊手を探してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です