冬桜の名所3選!花言葉は?寒桜との違いは?

スポンサーリンク


冬桜は秋に咲く桜の花で、毎年10月頃から咲き始めます。秋というと紅葉のイメージが強いですが、この時期になんと桜が見られるとは素敵ですよね?


冬桜ってどんな桜なのか気になります。


そこで今回は冬桜のみどころ、名所、開花状況を調べている人へ、情報をまとめてみました。



スポンサーリンク

【冬桜はどんな桜?花言葉は?寒桜との違いは?】

冬桜は山桜と豆桜が交配して生まれた雑種の桜で、「冬桜」「四季桜」「十月桜」「子福桜」「寒緋桜」などの種類があります。


全ての種類を総称して「冬桜」と 呼ばれることもあります。


「冬桜」は全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、 残りの3分の2は春に咲き、開花が2度あることから、四季桜と呼ばれることもあります。


花は白から淡いピンクの小さな花びらで、葉っぱも小さいので小葉桜とも言われます。


四季桜と冬桜は同一で、花は一重です。十月桜は八重で、 寒桜は淡紅色一重の花で、開花は1月~2月の間の1回だけです。


「冬桜」の花言葉は「冷静」です!


春の桜は、寒い冬の低温時期を経て、暖かくなった春につぼみが出ますが、「冬桜」は低温時期を必要としません。


通常、植物は冬には開花しないものですので、「冬桜」は春と秋の二度咲きというよりは、十月から春まで断続的に咲く花です。


動画_冬桜





【冬桜の開花情報・見頃は?】

参考までに埼玉県の城峯公園の開花状況をご紹介します。


<2016年の開花状況>


10月19日 冬桜はほぼ満開
10月21日 冬桜は満開!
10月26日 冬桜は一番の見頃!紅葉始まる
11月1日  冬桜は満開!紅葉は3分
11月4日  冬桜は7分咲き。
11月15日 冬桜は3分咲き 紅葉が見頃!
11月21日 冬桜まだ開花。紅葉が見頃!
12月7日  冬桜まだ開花。紅葉はほとんど落葉
12月16日 冬桜のシーズン終了



【紅葉とのコラボが美しい冬桜の名所3選!混雑状況は?】

「冬桜」綺麗に咲く名所を3つご紹介します。


1. 庄内緑地公園

(愛知県名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地3527 TEL 052-503-1010 )

庄内緑地は庄内川の小田井遊水地を利用した公園
で、綺麗な花の公園でもあります。寒桜(十月月桜)は10月から3月まで咲き続け、見物客で賑わいます。


2. 城峯公園

(埼玉県児玉郡神川町矢納1277 TEL 0495-77-0703)
城峯公園(じょうみねこうえん)は、冬桜(十月桜)の名所と呼ばれています。10月下旬から冬桜のライトアップが行われ、紅葉と冬桜を同時に楽しむことができます。


アスレチック設備もあり、家族で楽しめる公園です。


無料駐車場がありますが、狭い道の片側が駐車場になりますので、冬桜のシーズン中は、道が一方通行になりますので、注意して下さい。


ライトアップ時期は特に混雑しますので、駐車場係員の指示に従って移動してください。


動画_城峯公園 桜と紅葉の競演


3. 桜山公園

(群馬県藤岡市三波川2166-1 TEL 0274-52-3111)
園内には、約7,000本の冬桜が植えられており、「十月桜」も鑑賞できます、10月下旬からはライトアップが行われ、桜と紅葉が同時に楽しめます。


冬桜の見頃は11月中旬~12月中旬です。


公園までの山道には抜け道がなく、2キロの距離を1時間以上掛かることもありますので、冬桜の見物の際は、できれば朝早く着くことをおすすめします。


駐車場は1,200台分あります。有料で普通車500円です。冬桜の混雑ピーク時には、1日1万台以上が訪れるそうです。


動画_群馬県 桜山公園の冬桜と紅葉


【冬桜といえば盆栽!なぜ人気なの?盆栽の育て方のコツは?】

「冬桜」を育てたいけど、庭がないからとあきらめている人は、桜盆栽がおすすめです。「冬桜」は、時間を掛けてじっくりと育てることが出来るので、初心者向きで扱いやすいので贈り物としても楽しめる盆栽です。


一般的な桜と違い、2分咲き~4分咲きの状態が長く続きますので、鑑賞できる期間も長いのが特徴です。


盆栽初心者でも簡単に育てられるコツがあります。


・鉢は日当たりの良い場所に置く
・水やりは乾いたらやるようにする。夏場の水切れに注意する
・盆栽用の固形肥料を、4月と10月頃まで与える
・開花後は花がらを取り除く
・花後は若い長枝を切る。太い枝を切った場合は、切り口に保護剤を塗らないと枯れてしまう
・成木の植え替えは2~3年に1度行う。若木や小さいものは毎年植え替えをする。時期は9月がおすすめ。


冬桜は若木の場合、2~3年は地道に育てないと花が咲きません。


価格は、本格的な盆栽になると、苗木と盆栽との間に値段の差があります。苗木が千円でも、盆栽になると、数万円になるものも有ります。



【最後に】

「冬桜の名所3選!」についてご紹介しました。どこかで季節はずれの桜が咲いていたら、それが「冬桜」かも知れませんね?また、紅葉と一緒に楽しめるのも、「冬桜」の魅力です。


最後にまとめると


「冬桜」は春に一度咲いて、秋にもう一度咲く品種の桜


②花言葉は「冷静」


「冬桜」の開花時期は、全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、 残りの3分の2は春に咲く


「冬桜」の名所は「庄内緑地公園」「城峯公園」「桜山公園」


「冬桜」はちょっとしたコツで盆栽初心者向けでも育てられる


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、紅葉と冬桜のコラボレーションを見に足を運んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です