横田基地日米友好祭2017!はじめてガイド!みどころは?持ち物は?

スポンサーリンク


「横田基地日米友好祭2017!」2017年9月16日(土)、9月17日(日)の2日間に開催される予定です。


「友好祭」は、コアな航空ファンのためのイベントとは少し趣が違い、横田基地が日本の人たちに基地の一部を開放し、交流を通じて友好と基地の任務の理解を深めてもらおうというイベントです。


当日は米軍の航空機も多数展示され、たくさんの航空機を見ることができます。またアメリカンフードも楽しめ、子供連れの人など幅広い層が楽しめるイベントです。


そこで今回は横田基地の日米友好祭の内容を調べている人へ、横田基地日米友好祭2017!の見どころをご紹介します。



スポンサーリンク

【横田基地日米友好祭2017!日程・概要は?】

東京都福生市にある米軍横田基地では、例年どおり2017年も横田基地日米友好祭が開催される予定です。


当日は、横田基地が開放され、各種イベントが開催されます。毎年2日間で約15万人が参加するお祭りで、誰でも入場無料で入れます。


入場は、牛浜駅に最も近い第5ゲートからのみで、他のゲートからは入場が出来ません。


◆開催概要

日時:9月16日(土)、9月17日(日)の2日間
時間:午前9時から21時まで(入場は20時まで)ただし、展示機エリアを除く
場所:横田基地 (入口 第5ゲート)(東京都福生市大字福生2552)
アクセス情報(公共交通機関):JR青梅線 牛浜駅から徒歩で約10分、JR/西武拝島線「拝島駅」徒歩20
アクセス情報(自家用車): 国立府中ICから約30分、八王子ICから約20分


当日は最寄り駅の牛浜駅からは、混雑や交通規制などにより、1時間近くかかる場合もあり、拝島駅からだと混雑に巻き込まれることもなく、徒歩20分ほどで第5ゲートに着きます。


比較的空いている穴場の駅は、JR五日市線「熊川駅」、JR青梅線「福生駅」、JR八高線「東福生駅」で、それぞれ徒歩20~25分です。


自動車で来る場合は、周辺の国道16号線などが大変混雑しますので、注意が必要です。


「友好祭」では、専用駐車場がありませんので、自力で駐車場を確保する必要があります。


近隣の住民が、看板を掲げて自宅の敷地を臨時駐車場として、時間貸しをしています。しかし、1回2,000円から4,000円と割高で駐車場によっては、3時間ごとに2,000円もあります。


おすすめの駐車場は、第5ゲートすぐそばの24時間営業のタイムズ駐車場です。また、近くの国道16号沿いにあるパチンコ店「MQ福生店」の立体駐車場が第5ゲートからも近く「友好祭」の臨時駐車場として使用可能です。


駐車料金は、時間制限なしで1回 2,000円です。


2017年の「横田基地日米友好祭」の詳細は、横田基地日米友好祭の公式HPを参考にして下さい。


動画-横田基地日米友好祭2016


問合せ先:日米友好祭自動音声案内(042-552-2511内線52866)


横田基地日米友好祭の公式HP





【ところでなぜ横田基地があるの?基地設置の歴史】

◆横田基地の歴史

横田基地は、1939年に「日本陸軍多摩飛行場」として建設され、第二次世界大戦中には、航空審査部や航空整備学校などが配置されていました。


当時の多摩飛行場は、東京の中心に比較的近い場所でしたが、1940年当時は東京から離れた場所と考えられていました。


周辺の道路も未舗装で、公にできない任務を行うには恰好の場所でした。その立地条件が、戦時中に基地の存在を隠す助けとなったようです。


当時、米軍が所有していた日本地図にも「多摩飛行場」は載っていなかったそうで、米軍は、「多摩飛行場」についての情報は持っていませんでした。そのため、飛行場への空襲の記録はいまだに見つかっていません。


東京都の多摩地域に位置する米空軍基地は、約3,350mの滑走路をもち、主に輸送基地として使用され、在日米軍司令部や第5空軍司令部などが置かれています。


全国で135カ所ある米軍基地は、基地数でみると、第1位が沖縄県で、第2位が北海道、第3位が神奈川県です。


その米軍基地数が第2位の神奈川県民は、横田基地のことをどう思っているのでしょうか?


◆オスプレイの横田基地配備への不安

2015年に横田基地に配備されることになったCV-22オスプレイは、離着陸の際に相模原市上空を低空飛行する可能性が高いと言われ、市民から不安の声が上がりました。


2014年に沖縄からMV-22オスプレイが横田基地に飛行した時も、厚木基地上空を通り、相模原市上空を飛んでいる姿が目撃されています。


その当時、オスプレイの横田基地配備について、国から相模原市に情報提供が全くされていなかったといいます。


オスプレイは、「ヘリコプターのように垂直に離着陸が可能で、飛行機のようにスピードが出て航続距離が長い航空機」ということで、飛行機とヘリのいいとこ取りで作られたそうです。


しかし、オスプレイは既に開発段階で4回、正式配備後には4回の重大な事故を起こしていて、36人の人が亡くなっています。こうしたことから、開発当時は「ウィドウ・メーカー」(未亡人製造器)と呼ばれていました。


しかもCV-22(空軍用)はMV-22(海兵隊用)よりも事故率が高く、そんなオスプレイが相模原市上空を飛ぶとなると、安全性がとても心配されています。


神奈川県では、日々、「オスプレイの飛来関連情報」を防衛省南関東防衛局から提供された情報として市民に提供しています。


◆アメリカにとって横田基地は?

まず、なぜ米軍が横田基地に駐留しているかというと、「日米安全保障条約」で規定されているとおり、日本を防衛するということが最大の理由です。


2つめは太平洋地域を安定させるという目的です。横田基地に常駐している航空機で、太平洋地域に起きるあらゆる事態に対応しています。


アメリカの横田基地の位置づけはアメリカ本土とアジア、中東のもっとも大きなハブ空港と認識されていて、横田基地が米軍の海外遠征の出撃拠点として使われていることになります。


現在でも横田基地には、在日米空軍が駐留していて、アジア太平洋地域の軍事空輸のハブ空港として機能しています。有事の時に大量の物資や人員を世界中に届けたりする役割も果たしています。


なぜ横田基地なの?と思いますが、横田のようになるべく首都圏に近い方が日本政府や防衛省、自衛隊との連携の面でも有利だと考えられているようです。


【初心者向け!日米友好祭おさえるべき3つのみどころ!】

「横田基地日米友好祭」は、「友好祭」であり一般的な「航空祭」ではないため、ブルーインパルスのような飛行展示はありませんが、地上展示はあります。


それでも飛行が見たいという人は、前日に横田基地に地上展示にやってくる専用機や輸送機を外から見るチャンスはありますよ?


様々な軍用機を見学できたり、売店ではアメリカのフードを食べたり、様々な商品が購入できます。


日米友好祭の3つのみどころをご紹介します。2016年の情報ですが参考にして下さい。


1. 地上展示
展示される機種は、年によって変わりはっきりは分かっていません。しかし、自衛隊機、米軍機が複数機種展示されるのは間違いありません。


輸送機やヘリコプターなどのコックピットに試乗できるのは、昼間は2時間待ちになりますので、朝早くから並ぶことをおすすめします。


・アメリカ軍航空機
MC-130J、HH-60、 F-16、A-10、 F-15、C-17、P-8、E-3、MH-60R、KC-135、C-130H、UH-1N、 C-12J

・自衛隊機
C-130H、KC-767、T-400、U-4、CH-47J、F-2、F-15、RF-4、T-4、UH-60J、AH-1S、CH-47、 UH-1

動画-横田基地日米友好祭2016



2.地上イベント
C-130飛行展示、航空機地上展示、警視庁白バイ隊のドリル走行、ストロングマンチャレンジ、軍用犬のデモなどで、2日間の最終日には、例年午後8時~8時20分ごろまで花火が打ち上げられます。


動画-横田基地日米友好祭2016 花火


3.アメリカンフードやお土産
ハンバーガー、ホットドッグ、ステーキ、ピザなどのアメリカンフードが食べられる売店が数多く出店します。


特に1番人気は「将校クラブのステーキ」で、は、とてもクオリティが高く美味しいと評判です。また、ハンバーガーも200~500円程度で食べられ大人気です。


特に人気店は2日目の午後には完売になってしまうので、早めに行いきましょう。花火を見に来る人は、飲食物は持参してきた方がいいかもしれませんね?


また、アメリカらしい超濃厚なホール売りの激甘ケーキのお店もあります。


他にも格納庫でライブが開催されますので、アメリカンフードを食べながら観覧できます。


Tシャツやタオルなどのお土産もたくさんあります。 「色水」と言われる各色のゲータレードやMONSTERを買い集める人もいます。


自動販売機では、国内では見たことがない様々なエナジードリンクがあり、行列ができていました。


支払いは日本円、ドルが使えます。日本円とドルのレートは、お店によって異なります。


動画-サーロインステーキが横田基地友好祭の必須


【基地入場の疑問、パスポートは必要?】

第5ゲートからの入場時には、セキュリティチェックがあります。バックの中身を確認され、入場者全員の身分証明書の提示が求められます。


基本的に国籍が証明できる写真つきパスポート、運転免許証、住基カードなどの身分証明書の提示が必要ですが、日本人に見えれば証明書なしでスルーされることもあるようです。


万が一、身分証明書を忘れてしまっても、あきらめずにトライしてみて下さい。運転免許証の8ケタの暗証番号が必要ですが、めったに聞かれることはないようです。


しかし、聞かれる可能性が全くない訳ではないので、持参した方が無難です。


<持込禁止のもの>

大型手荷物、アルコール類、ガラス瓶類、クーラーボックス、ペットなど動物(盲導犬は要相談)、危険物、花火、ボール、キックボード、ドローンなど無線操作遊具、クーラーボックス、ビラの持ち込み等


その他、軍服コスプレやモデルガン持参では行かないで下さい。入口ゲートで止められます。


また、友好祭会場内での喫煙は会場内の決められた指定場所ではOKです。


持参した方が良いものとしては、水筒、帽子、日傘などで、カメラは絶対に忘れない様にして下さい。


【最後に】

「横田基地日米友好祭2017!はじめてガイド!」はいかがでしたか?


2017年の開催日は、敬老の日(9月18日)を含む3連休の、前半2日間です。横田基地に行ったら、並んででも食べたい、ステーキやハンバーガーのアメリカンフードが魅力ですよね?


最後にまとめると


1 横田基地日米友好祭は2017年9月16日(土)、9月17日(日)に開催予定


2 最寄り駅はJR青梅線 牛浜駅。混雑を避けるためにおすすめは拝島駅


3 入場は横田基地の第5ゲート


4 展示飛行はなく、見どころは地上展示と地上イベント


5 入口でセキュリティチェックあり。身分証明書と運転免許証の8ケタの暗証番号の提示


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、横田基地日米友好祭に足を運んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です