盛岡さんさ踊り2017!踊り方は?見どころは?初心者向け観覧ガイド!

スポンサーリンク


盛岡さんさ踊りは、岩手県盛岡市で夏の4日間にわたって開催されているお祭りです。女性を中心に展開されるお祭りで、多くの女性の踊り子さんたちがお祭りを盛り上げてくれます。


特に太鼓を担いで踊る踊り子さんが見所で、各団体で異なる踊りを披露するのもまた面白いところです。パレードが中心となる盛岡さんさ踊りですが、一般客が参加できるイベントもあるので、ぜひ気になる方はチェックしてみてください。


スポンサーリンク

盛岡さんさ踊り2017!どんなお祭り?

盛岡さんさ踊りは、岩手県盛岡市で毎年8月の初めに開催されているイベントで、東北5大祭りの一つにも数えられています。そんな盛岡さんさ踊りですが、意外にも歴史は新しく、始まりは1978年からで、盛岡市の各地で江戸時代ごろから開催されていた「さんさ踊り」を統合して、一大観光イベントとしたのが始まりとされています。


さんさ踊りのルーツとなる伝説

そんな「さんさ踊り」は、大昔に羅刹鬼(らせつき)が盛岡城下で大暴れしていたために、困った人々が三ツ石神社の神様に祈ったことで、神様が羅刹鬼を捕らえて、二度と悪さをしないように境内にある3つの大きな石に誓いの手形を押させました。これに喜んだ人々が石のまわりを踊ったことが始まりとされています。ちなみに、岩手県という地名もこの手形の石から来ているんだそうですよ。


県名にもなった伝説に関わるさんさ踊りは、盛岡市の人々にとっては平安安泰五穀豊穣悪鬼退散の祈りを込めた踊りで、美しい装飾や着物に身を包んだ女性たちが和太鼓の音に合わせて踊ります。また、太鼓の奏者も注目ポイントで、太鼓を叩きながら、舞う女性の姿も見どころです。


2017年のお祭り概要

2017年は8月1日から8月4日までの4日間にかけて開催され、盛岡市の様々なさんさ踊り団体が参加して、パレードや輪踊り、大輪踊りが催されます。


連日、18:00~21:00までの時間で盛岡市中央通り会場(県庁前~中央通り2丁目)にて、「魅せるさんさパレード・第1部」と「魅せるさんさパレード・第2部」が行われ、その後に「楽しむさんさ輪踊り」が開催されます。


お祭りの最終日である8月4日には、「世界一の大太鼓パレード」と「大輪踊り」が楽しめます。


交通情報

メイン会場となる盛岡市中央通り会場には、車での来場はあまりおすすめできません。なぜなら、無料の臨時駐車場が設置されますが、200台分ほどしかなく、21時以降はパレードのため中央通り周辺が全面交通禁止となるからです。


電車で行く場合は、JR盛岡駅で下車後、会場付近まで徒歩10分です。4日間行われているので、電車や駅が大混雑となることはないようなので、電車での来場をお勧めします。


盛岡さんさ踊り 公式ホームページ
盛岡さんさ踊り公式ホームページです。さんさ踊りに関する情報を掲載していますのでお楽しみください。


仙北小鷹さんさ踊り保存会‐①/滝の広場 伝統さんさ踊り競演会/第38回 盛岡さんさ踊り2015(二日目)

https://youtu.be/Ud857XjgF94


盛岡さんさ踊りの踊り方は?

さんさ踊りには、太鼓、踊り子、笛が欠かせません。太鼓の奏者が多いこともあり、そんな盛岡さんさ踊りには、たくさんのスタイルがあります

スポンサーリンク

各地域の保存会の方々が踊る伝統的なさんさ踊りや、七夕踊り風にアレンジされた「七夕くずし」や他にも「田植えくずし」、「剣舞くずし」、「福呼踊り(ふっこ)」、「栄夜差踊り(えいやさ)」などがあります。どの踊りも手の動きが優雅で、女性らしい踊りです。


七夕くずしの踊り方

【さんさ踊り】 七夕くずし



福呼踊り

盛岡さんさ踊り 『福呼踊り』/三日目(10日) 1stステージ/ふるさと祭り東京2016

https://youtu.be/H1PrHjuBwbM

栄夜差踊り

盛岡さんさ踊り「栄夜差踊り」 ふるさと祭り東京お祭りひろば 2015.01.11



盛岡さんさ踊りをゆったり見るには有料席!

盛岡さんさ踊りには、中央通会場の県庁前内丸緑地公園前に有料席が設けられています。1席2500円で、3歳以下の子供の場合は、ひざ上観覧であれば無料です。


受け付けは6月1日からで、売り切れ次第終了となります。平日の10:00~17:00までの間に盛岡商工会議所1階窓口にて購入することができます。また、セブンチケットでも販売されており、こちらを利用すれば窓口に行かなくても気軽に購入できます。


有料席には屋根がないので、小雨決行となった場合は、レインコートの着用が必須です。傘の利用はNGなので注意してくださいね。また、席の指定はできません。




盛岡さんさ踊り2016 パレード 2016/08/01



盛岡さんさ踊りのみどころ・楽しみ方3選!


・世界一の大太鼓パレード

さんさ踊りで目立つ存在でもある各参加団体の和太鼓奏者を集めた世界一とギネスにも認定された太鼓のパレードが8月4日に行われます。ギネスにも認定された1万以上もの太鼓による演奏は迫力があり、見どころですよ。


・輪踊り、大輪踊り

盛岡さんさ踊りはパレードが終わった後に、各会場で開催される盆踊りのようなスタイルの輪踊りも人気があります。自由参加となっており、お客さんは誰でも参加して一緒に踊ることができます。黄色いたすきをかけた「おへれんせ師匠」がおり、踊りのレクチャーをしてくれます。浴衣や踊りを知らない人でも気軽に参加できるので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。


・様々な屋台

夏祭りらしく、さまざまな屋台が楽しめます。県庁周辺や桜山神社周辺に屋台が立ち並ぶので、ぜひそちらの方に足を運んでみてください。蒸し牡蠣鹿肉串焼き焼き冷麺などの岩手ならではのグルメを楽しむこともできますよ。


2016盛岡さんさ踊り/世界一の太鼓大パレード



【最後に】


毎年130万人ものお客さんで賑わうお祭りで、演者として参加する人の数も多く、盛大な夏のお祭りです。夕方の涼しくなってきた時間から行われるので、暑い夏でも参加しやすく、元気な太鼓と掛け声、楽しそうな踊りに見る人も元気をもらえるお祭りです。


パレードを見た後に踊りたくなった人が参加できる輪踊りが用意されているのも素敵なポイントだと思います。ぜひ、2017年の夏は盛岡さんさ踊りに足を運んでみてくださいね

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です