築地本願寺盆踊り2018!仮装で参加OK!屋台も楽しみ!初心者ガイド!

東京・築地本願寺では、毎年夏に恒例の納涼盆踊り大会が開催されます。

築地という場所柄から「日本一美味しい盆踊り!」と言われていて、地元住民の他にも、外国人観光客も増えてきているそうです。

夏の恒例行事のこのお祭りには遠方からも訪れる人もいて、3万人もの人出になります。

そこで今回は「築地本願寺の盆踊り」に初めて参加をしようと思っている人へ、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

【築地本願寺盆踊り2018!日程、開催概要は?駐車場は?】

築地本願寺は、浄土真宗本願寺派のお寺で、2014年に国の重要文化財として指定されました。

築地本願寺は、1617年に西本願寺の別院として建てられ、火事で何度も焼失してしまい、1934年に今の建物が完成しました。異国情緒を漂わせるハスをイメージした屋根が特徴的な建物です。

築地本願寺盆踊り大会の見どころは、やはり盆踊りです。

盆踊りの起源は、平安時代中期です。

僧侶の空也が、念仏を庶民にどう広めるかを模索していた時、ひょうたんを手に持ってたたきながら念仏を唱え、この方法だと、手軽に念仏が唱えられると考えました。

それから、念仏に合わせて踊りを踊るようになり、これが「念仏踊り」として世の中に広まりました。

盆踊りは誰でも1度は経験があると思いますが、「お盆の時期に戻ってきたご先祖の霊を慰める」という意味があります。

元は念仏を唱えながら踊る「念仏踊り」「お盆」が結びつき、先祖や死者を供養するための踊りとして定着しました。

そして江戸時代に入ると、盆踊りは地域の人々の交流や男女の出会いの場になっていきます。

あの有名な徳島県の阿波踊りも、実は盆踊りなのだそうです。

■開催概要

開催場所:築地本願寺(東京都中央区築地3-15-1 TEL 03-3541-1131)
開催日時:8月2日(水)~ 8月5日(土)
開催時間: 19:00~21:00 最終日のみ18:00~20:30

アクセス:日比谷線「築地」駅出口1より徒歩約1分 有楽町線「新富町」駅出口4より徒歩約5分 都営浅草線「東銀座」駅出口5より徒歩約5分 都営大江戸線「築地市場」駅出口A1より徒歩約5分
駐車場:お祭り当日は、境内の駐車場に大きなやぐらが組まれるので、駐車場は使用できません。

動画「第69回 築地本願寺納涼盆踊り大会」

【築地本願寺の盆踊りといえば仮装大会!】

築地本願寺の盆踊り大会では、イベントとしてコスプレなど、自由な仮装姿で盆踊りに参加する「仮装大会の日」があります。

大会には築地本願寺の職員や僧侶も参加していて、大会が近づくと職員同士で仮装の相談をする光景も見られるといいます。

仮装の日はみんな思い思いのコスプレや、着ぐるみを来て、盆踊りに参加します。過去にはデビルマンやアフロのかつらをつけた人など、色々な人が参加しています。

それにしても着ぐるみ暑そうですよね?

審査で選ばれた人達は、ユニークな商品をもらえるそうです。

【築地音頭で踊ろう!踊り方・振り付けは?】

築地本願寺盆踊り大会では、「築地音頭」「ホームラン音頭」「これがお江戸のボンダンス」「東京音頭」「炭坑節」などをメドレーで踊ります。

中でも築地のご当地ソング「築地音頭」は、ここでしか踊れない曲ですね?

踊り方が分からないと尻込みしてしまいそうですが、周りの人の踊りを見よう見まねで何回か踊ってみると、案外簡単かもしれません。

わからなくても踊ってみましょう!

「築地音頭」も単純な動きの繰り返しなので、動画を参考にすると、すぐ覚えられると思いますよ?

動画「築地音頭」


次に「ホームラン音頭」ですが、踊りというより体操?という感じの踊りです。「さあ!かっとばせ~」のフレーズが微笑ましい曲です。

この曲も、ところどころにガッツポーズが入るような単純な動きなので、元気に踊ってみましょう!

動画「ホームラン音頭」


最後に「斉太郎節」ですが、この曲はCMなどで聞いてことがある人が多い曲だと思います。「まつしま~の~♪」「エンヤドット♪」ってフレーズは、聞いたことないですか?

この曲は「斉太郎節」という曲だったとは知りませんでした。踊り方は、詳しくはわかりませんが、舟をこぐ仕草が決まると格好良く見えそうです。

踊りは違うと思いますが、この曲が「斉太郎節」です!

動画「民謡」「斉太郎節」

【築地本願寺盆踊りは日本一美味しい!】

築地本願寺は、東京の台所といわれる築地市場のすぐ近くなので、境内の屋台も築地有名店の屋台が軒をつらねとても豪華です。そこが他のお祭りにはない魅力ですよね?

2016年の屋台は15店ほどを出店しました。

主な屋台は、焼鳥の「鳥藤」「すし鮮」、玉子焼きの「松露」「築地天むす」、モツ煮込みなどの「きつねや」のほか10店舗です。

焼鳥の「鳥藤(とりとう)」は、創業明治40年の築地の老舗鶏肉専門店です。

焼き鳥だけでなく、親子丼も人気です。鶏肉の鮮度にこだわり、機械を使わずに職人が手作業で解体しているそうです。

「すし鮮」は築地だけでも4店舗あるチェーン系の寿司屋さんです。天然本まぐろにこだわったお店で、定期的に店内で本まぐろの解体ショーを行っております。

老舗の玉子焼専門店「松露(しょうろ)」では、指定農場として取引している茨城県「都路(みやこじ)のたまご」を使っています。

卵焼きは約10種類あるそうで、秘伝のダシであっさりとしていて人気があります。

お祭りの屋台では、「SHOUROキューブ」という、ひとくちサイズにカットされたカップに入った玉子焼が売られていました。

「築地本願寺納涼盆踊り大会」「日本一美味しい盆踊り!」と言われる理由がわかりますよね?

屋台は19時ごろには既に行列が出来てしまうので、早めにお出かけされることおすすめします。

動画「築地本願寺納涼盆踊り大会」

【最後に】

「築地本願寺盆踊り2017!」のまとめはいかがでしたか?築地本願寺の盆踊りは、仮装している人もいっぱいいて、楽しいお祭りです。都内で盆踊りというだけで、目新しい感じがするお祭りです。

今回ご紹介したのは、

1 「築地本願寺盆踊り」は8月2日(水)~8月5日(土)

2 築地本願寺は日比谷線「築地駅」出口1より徒歩約1分

3 開催時間は19:00~21:00  最終日のみ18:00~20:30

4 築地本願寺の盆踊り大会では、イベントとして「仮装大会の日」がある

5 「築地音頭」「ホームラン音頭」「斉太郎節」他全15曲をメドレーで踊る

6 境内の屋台は築地有名店の屋台

などをご紹介しました。今年の夏は仮装をして、築地本願寺盆踊りに参加してみませんか?都内で行われる盆踊りって、なんだか貴重な感じがしますね?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です