松島基地航空祭2017見どころ完全ガイド!ブルーインパルスは飛ぶの?

スポンサーリンク

「松島基地航空祭 2017」2017年8月27日(日)に開催される予定です。


普段なかなか見る機会がない航空ショーは、コアな航空ファンからお子様連れのファミリーまで、幅広い層が楽しめるイベントです。


当日は米軍の航空機も多数展示され、たくさんの航空機を見ることができます。


そこで今回は自衛隊のイベントを楽しみにしている人へ、松島基地航空祭2017の見どころをご紹介します。


スポンサーリンク

【松島基地航空祭2017!日程、開催概要は?】

松島基地では、2011年の東日本大震災以降、航空祭は開催されていませんでした。


多くの航空ファンの要望と、松島基地の復興の協力に対する感謝の意を込めて、2016年に「松島基地復興感謝イベント」として、開催されました。


松島基地は、航空自衛隊のアクロバットチームである「ブルーインパルス」が所属する、第11飛行隊が置かれていることで知られています。


前日には東松島市の「東松島夏まつり」が開催され、夏祭りとあわせて2日間に渡り、ブルーインパルスが飛行します。


まずは松島基地航空祭2017の開催について、基本の情報をご紹介していきます。


松島基地航空祭2017の詳細は、未定です。細部は後日航空自衛隊のHPで確認してみてくださいね!


公式サイト:


日時:2017年8月27日(日) 8時30分から15時
場所:航空自衛隊松島基地及びその周辺空域(宮城県東松島市矢本字板取85)
入場料:往復はがきでの応募による抽選で無料(9,000人限定)
アクセス情報(公共交通機関):JR仙石線矢本駅下車徒歩15分
アクセス情報(自家用車):仙台方面から国道45号線で東松島市方面から松島基地へ


問合せ先:航空自衛隊松島基地「松島基地復興感謝イベント準備委員会(0225-82-2111)


車で行かれる方は、当日は基地内への乗り入れはできません。基地外の臨時駐車場が利用できます。


2017年のプログラムはまだ公開されていません。 参考のために2016年の内容をご紹介します。


◎2016年のプログラム
展示飛行:F-2、ブルーインパルス、U-125A、UH-60J、仙台市消防ヘリコプター、海上保安庁航空機、救難展示 (U-125A、UH-60J)
地上展示:航空自衛隊 F-2B、T-4、U-125A、UH-60J、陸上自衛隊 UH-1J、宮城県防災航空隊ヘリコプター、宮城県警察ヘリコプター
地上イベント:野外売店、救難装備品、基地消防車展示、花自動車、管制隊・気象隊・東北防衛局パネル展示、基地防空展示(短SAM、対空機関砲)、F-2コックピット・兵装展示、T-4脚作動展示、飛行映像展示、松島基地美術展、ブルーインパルスJr. 走行展示、航空学生ドリル、北部航空音楽隊による音楽演奏



【はじめての松島基地航空祭 2017のみどころ3選!ブルーインパルスは飛ぶの? 】

ここでは松島基地航空祭に行くのが初めて!という方に個人的な見どころを3つご紹介いたします。ここでしか見られないシーンがありますのでお見逃しなく!


◆① 航空祭の目玉は人気のブルーインパルス!


航空祭で圧倒的に人気なのは、何といってもブルーインパルスですね?航空祭ではブルーインパルスの飛行展示が、午前のオープニングフライト(9:00〜9:30)と午後(13:00〜14:15)の2回見ることができます。


大空にはばたくブルーインパルスの勇姿は必見です!


ブルーインパルスを見るだけだからと、午後から行こうと思っている人も多いの、午前中から会場入りしておく方が無難です。


パイロットや整備員を間近で見られる、ブルーインパルスの駐機場前が撮影スポットです!松島基地では前日の予行飛行はありません。


動画「松島基地 復興航空祭 2016 ブルーインパルス展示飛行


◆②ブルーインパルスJrのフライト!?

ブルーインパルスのJrってなに?と思いますよね?こちらは航空機ではなく、ブルーインパルスの機体をまねたミニバイクのことです。

スポンサーリンク

本家の空飛ぶブルーインパルスに負けない演技で、展示走行を行います。2016年の展示走行は午前(9:30〜9:50)(11:30〜11:50)の2回でした。


ブルーインパルスJr.でコミカルなバイク走行や、本物のブルーインパルスが行なう大技「コークスクリュー」も再現されます。


ブルーインパルスJrの展示走行は子供たちにも大人気です!


動画「2016 松島基地復興感謝イベント ブルーインパルスJr. 展示飛行


◆③航空学生によるファンシードリル!

航空学生(パイロット候補生)と音楽がコラボしたファンシードリルでは、人の動きと演奏の見事な融合が見られます。


初々しくも凛々しい学生たちの姿に引きつけられます。2016年は10:05〜10:25に行われました。


動画「航空自衛隊航空学生71期ファンシードリル 松島基地復興感謝イベント



【駐車場やアクセス情報まとめ】


駐車場は、基地外の臨時駐車場を利用します。駐車場開放時間は6~16時です。駐車台数に限りがあり、また渋滞緩和のためにも、公共交通機関の利用をおすすめします。


また、駐車場までの混雑回避のため、「石巻IC」から県道251号線、県道247号線を利用して下さい。


臨時駐車場から基地への移動は、シャトルバス(有料)が運行されていますが行列が出来ます。待てない人は徒歩で約3㎞の距離を移動しているようです。


過去には、帰りのシャトルバスの乗車までに2時間、駐車場から出るまでに4~5時間かかった人もいるようです。


念のため、車の燃料は満タンで、飲みものや簡易トイレなどがあると、安心かも知れませんね?


【松島基地航空祭2017 注意事項!持ち物チェックは?雨天の時は中止?】


当日は安全上、入場ゲートで全員荷物検査を受けてからの入場になります。また、脚立や三脚の持ち込みは禁止です。


また、例年だと、雨天決行で開催されますが、ブルーインパルスの展示飛行は雨天の場合には中止になります。


松島はシーフォグ(海霧)が発生しやすい場所で、晴れていても視界が悪くなる場合は、ほとんどの展示飛行が中止されてしまうことがあります。


突然の雨に備えて雨具も必要ですが、レインコートや傘は、風で飛ばされてジェットエンジンに吸い込まれるという危険性があるため、NGです。


コンパクトにたためる雨がっぱが便利です。


飛行場は日を遮るものがなく、アスファルトの照り返しもすごいので、日焼け止めの使用や熱中症、紫外線対策を万全にして、水分補給もまめに行って下さい。


会場内には露天やコンビニがあります。また、航空機用の2つの格納庫が休憩スペースとして開放されるようですが、混雑必至のようです。


お昼は持参したお弁当を建物の日陰で食べている人が沢山います。


【最後に】

「松島基地航空祭2017見どころ完全ガイド!」はいかがでしたか?


震災前はなんと6万人以上の来場者だったそうですが、震災後、何万もの人を受け入れる準備ができず、2016年から9,000人の限定になったそうです。


それだけ毎年大盛況なイベントなんですね?


最後にまとめると


1 松島基地航空祭開催は2017年は8月27日!
電車ならJR仙石線矢本駅下車徒歩15分で会場へ。


2 見どころはやはりブルーインパルスの飛行展示!ブルーインパルスの機体をまねたミニバイクのブルーインパルスJr!なかなか見ることができない航空学生によるファンシードリルも見逃せない。


3 松島基地航空祭は雨天決行!ブルーインパルスの展示飛行は雨天中止。


4 雨がっぱが必需品で、熱中症対策も忘れずに。


などをご紹介しました。参考にしていただいて、是非、松島基地航空祭に足を運んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です