レッドブルエアレース2017幕張ガイド!チケットは当日買える?雨天の場合は?

スポンサーリンク

「レッドブルエアレース」は世界最速のモータースポーツで「空のF1」と呼ばれている競技です。世界各国で8試合行われそのうちの1試合が日本で開催されています。2016年は日本人の初優勝という結果で幕を閉じました。2015年に日本で初めて開催されたレッドブルエアレースは2017年に3回目を迎えます。会場には2日間で約12万人もの観戦者が訪れます。

そこで今回はレッドブルエアレース2017の情報を探している方、お子さん連れの方へ情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

【今年もやってきた!レッドブルエアレース2017幕張とは?】

「レッドブルエアレース」は世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高速度370/km、最大負荷10Gの条件の下、操縦技術でタイムを競うFAI(国際航空連盟)公認のモータースポーツです。地上からの観覧もとても迫力があります!

2017年シーズンの第3戦は日本で行われます。その他、ロシア・カザンで初開催され、アメリカのサンディエゴ、ハンガリーのブタペストなど、8か国で全8戦が行われ、14人のパイロットが操縦テクニックを競い合います。

◆概要

日時

2017年6月3日(土)、4日(日)
[予選] 6月3日(土)
[決勝] 6月4日(日)

スケジュール

開場 10:00(予定) 競技開始13:00(予定) 競技終了16:00(予定)
※雨天決行、荒天中止

場所

レースエリア:千葉県立幕張海浜公園(JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩10分)
レースエアポート:浦安市総合公園(JR京葉線「新浦安」駅よりバス3系統、11系統、23系統、25系統「総合公園」下車)

来場者数

2日間で12万人

人気の秘密

レッドブルエアレースはあの迫力あるエンジン音や高速で通過する様子から「空のF1」と呼ばれているのもわかりますね? 2016年には日本の室屋選手が初優勝したこともあり、今年も生で見たいという人も大勢来られると思われます。2016年にはフランス人の女性パイロットも参戦したそうで、今年も参戦するのでしょうか?

なお、2016年の室屋選手の初優勝時の写真がエアレース公式サイトに多数アップされています。

また、当日はレース観戦だけでなく、様々なイベントや飲食エリアでは、約80店舗のお店が軒をつらね、日本全国のご当地グルメや世界各地の料理が食べられます。

なぜレッドブル?

レッドブルはただのエナジードリンク会社というよりも、マーケテイングに優れた会社という見方もあります。F1チームを2つ所有し、モータースポーツにも力を入れていて、いろんなスポーツのスポンサーになっています。エアレースを主催できるくらいの資金力を持っているなんて、凄い会社ですね?

動画「レッドブル・エアレース千葉2016で初優勝を飾った室屋義秀選手の会心のファイナル4フライト」

スポンサーリンク

【チケットの購入方法は?当日券はある?】

当日、入場時に飲食物の持ち込みが禁止でしたが、2016年からは1人1本600ml以内の飲み物なら持ち込み可能になりました。飲み物はレッドブルかハイネケン(主催者がレッドブルなので?)しか売ってなく、飲み物を買う行列が出来ます。まれにクリスタルガイザーは売っていますが、どれも500円と高めです。

各飲食店やローソンなども出店していますが、食べ物しか売れない大人の事情?があるようです。レジャーシート、折り畳み椅子、日傘も持ち込み禁止です。オフィシャルのレッドブルレジャーシート(500円)はOKなようです。そのため、レジャーシート売り場は大混雑します。熱中症にならないように水分はしっかり補給して下さい。

お子さん連れの方は、お子さんがぐずったりしても気にならない、後方での観覧が広々して安全でオススメです。トイレは仮設トイレがあり、そこまで混雑はしていないようです。

◆チケットの入手方法

・ローソンチケット公式HPで3月4日(土)正午から発売開始しています。
RED BULL AIR RACE CHIBA 2017 オフィシャルチケットサイト

・プレイガイドでは3/4(土)12:00から一般発売が開始しています。
イープラスチケット

◆チケットの種類

[SAT予選1DAY チケット(2017年6月3日)]
・一般エリア 8,000円(屋外 座席なし)
・スタート・ゴールエリア 6,000円 レース全体とスタート、ゴールを見たい方向け(屋外 座席なし)
・カメラマンエリア 10,000円 三脚使用可能(屋外 座席なし)

[SUN決勝1DAY チケット(2017年6月4日)]
・一般エリア 12,000円
・スタート・ゴールエリア 9,000円
・カメラマンエリア 15,000円

[2DAY チケット(2017年6月4、5日)]
・スカイラウンジ 200,000円 レーストラックの中央の最上級ラウンジシート
・クラブラウンジ 120,000円 スカイラウンジ同様のリラクゼーション空間で観戦
・デラックスエリア 30,000円 屋外エリアでリクライニングシート付き
・室屋応援シート 35,000円 パイロットの室屋選手の応援席。屋外エリアでリクライニングシート付き
・一般エリア 18,000円
・スタート・ゴールエリア 13,000円
・カメラマンエリア 22,000円
・ファミリーエリア 18,000円 家族や友達と幕張海浜公園横の芝生で観戦(4名セット)子ども向けの遊び場みたいなものが用意されているようです。

残席状況、座席などの詳細はRED BULL AIR RACE CHIBA 2017 オフィシャルチケットサイトを確認して下さい。また、チケットは観戦エリアだけが決められているだけなので、エリア内の席は完全に先着順です。早めに出かけて良い席を確保しましょう!

当日券はあるの?

今現在は未定ですので、RED BULL AIR RACE CHIBA 2017 オフィシャルチケットサイトでチェックしてみて下さい。ネットの口コミでは、ファミリーエリアなら当日販売もあるようです。

払い戻し条件は?

一度購入したチケットの払い戻しは出来ませんのでご注意下さい。

入場以外に必要なチケットは?

特に必要はありません。

チケットは買わなくても楽しめるの?

当日は規制でチケットなしだと入れないエリアもあり、チケット代を浮かせて、会場周辺の橋から見ようと思っても、交通規制で立ち止まりが禁止になると予想されます。チケットを購入して、観覧した方が無難ですね?

当日のパブリックビューイングは?

当日は、浦安市民に向けたパブリックビューイングが行われる予定です。競技会場へ向かう飛行機がすぐそばで飛び立つ姿が見られます!
場所:浦安市総合公園 ニコニコ広場内特設エリア(大型モニタ設置)
チケット:ローソンチケット 無料 ※抽選

【エアレースのルールは?何台の飛行機が飛ぶの?日本人パイロットは?】

エアレースのルールは?勝敗は?

レッドブルエアレースはチャンピオンシップポイント制で予選と決勝を2日間に分けて行い、世界各国でタイムとポイントの両方を競います。海上に2つのパイロンでエアゲートが作られ、その中を決められた順序、高度で通ります。

パイロンによって通過するときの機体の角度が決められていて、その決められた高度で飛べなかったり、パイロンに接触したりすると、ペナルティや失格となってしまいます。コースを2周飛びタイムを競いますが、どのような飛び方がペナルティなのかなど、事前に知っておくと、楽しみ方が増えるかもしれませんね?

レッドブルエアレースには細かいルールがたくさんあるようですが、2015年には日本人パイロットの室屋さんは、決勝で10Gオーバーとなり失格になってしまったそうです。Gとは重力加速度(物体を落下させたとき、重力によって生じる加速度)のことで、スピードが早すぎてもこのレースはダメなのですね。

何台の飛行機が飛ぶの?

レッドブルエアレースで、使用される飛行機は次の3機種のみが認められています。
1.「EDGE 540」
2.「MXS-R」
3.「CORVUS RACER 540」

これらの機体にそれぞれカラーリングをして、それぞれ14人のパイロットが搭乗します。ちなみに日本人パイロットの室屋義秀さんは「EDGE 540 V3」に搭乗予定です。垂直尾翼の「義」の漢字と赤が日本!という感じですね?特別にレースに強い機体というのはなく、パイロットの力量、チーム力、気象条件に左右されます!

各大会の順位によりポイントが与えられ、年間を通してもっとも多くのポイントを得たパイロットが優勝となります。

2016年優勝者

〈エリート/マスタークラス〉
2014年 ナイジェル・ラム(イギリス)
2015年 ポール・ボノム(イギリス)
2016年 マティアス・ドルダラー(ドイツ)

〈チャレンジャークラス〉
2014年 ペトル・コプシュタイン(チェコ)
2015年 ミカエル・ブラジョー(フランス)
2016年 フロリアン・バーガー(ドイツ)

日本人パイロットは?

レースには、世界トップクラスのレースパイロット14 名が参加します。2016年の第3戦で優勝をしたのは日本人の室屋義秀(むろやよしひで)さんです。2009年にはレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに初参戦し、アジア人初のレッドブルエアレーサーです。

14名のパイロットの基本情報はこちらから!
→パイロット図鑑

どうやったら出場できる?出場資格は?

日本にはアクロバット飛行の特殊技術を学ぶ場所がありません。室谷さんのようにアメリカなど海外に行って訓練を受けます。アメリカには小規模のエアレースが多いので、まずは素人でも参加できるレースから始め、そこで経験を重ねていきます。そして最終的に世界の中で上位14人に入らなければならないようです

【会場までのアクセス・駐車場は?車と電車、どっちが正解?】

アクセス

1.レースエリア(幕張海浜公園)へは?
JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩10分
幕張海浜公園の駐車場はラウンジ席のお客さんと関係車両のみ利用可です。その他は近隣駐車場利用になりますので、公共交通機関の利用がオススメです。

2. レースエアポート(浦安市総合公園)へは?
JR京葉線「新浦安」駅から徒歩20分
当日は浦安総合公園の駐車場は閉鎖される予定で、使えたとしてもスペースが少ないので、大混雑になります。車での来場は避けた方が無難です。

シャトルバスは?

JR京葉線・武蔵野線「海浜幕張駅」より臨時バスで約10分 (南口プレナ幕張バス停より「QVCマリンフィールド行き」の臨時バス運行9:00~13:30を予定)


【最後に】

レッドブルエアレース2017幕張!はいかがでしたか?当日はくれぐれも熱中症に気をつけて下さいね!チケットが入手できなかった方も、パブリックビューイング会場なら飛行機の飛び立つ姿が見られます。2017の日本開催では、再び室屋選手の優勝を期待して、みんなで応援に行きましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です