トミカフェスティバル東京池袋2017!混雑回避ワザまとめ!前売り券は必須だよ!

スポンサーリンク

クルマ好きの子どもはもちろん、その細かい再現性に大人も好きな方が多いトミカのミニカーは、見ているだけでも触っても楽しいおもちゃですね。
そんなトミカのお祭り、トミカフェスティバルが東京の池袋でも開催されます!


小さな子どもを連れたファミリーはもちろん、トミカが好きな方がたくさん訪れる大きなイベントとなっていますので、どうしても混雑もしますし事前情報も必要になります。
トミカフェスティバルを楽しむための情報を事前に知っておき、当日はめいっぱい楽しみましょう!






スポンサーリンク

【トミカフェスティバル in TOKYOに行こう!開催概要、見どころは?】

トミカフェスティバル東京池袋のサンシャインシティにて開催されます!
会場への交通の便も良く、「池袋でやるのであれば行ける!」とお考えの方も、もしかしたら多いのではないでしょうか。
開催概要については以下を確認していただき、お間違えのないようご注意くださいね!


◎トミカフェスティバル東京開催概要

開催日程:2017年3月25日(土)から4月2日(日)の9日間
開催時間:10時から16時まで(最終入場は15時半)
会場:池袋サンシャインシティ 文化会館ビル4F展示ホールB
住所:東京都豊島区東池袋3丁目1-1
お問い合わせ:トミカフェスティバルinTokyo事務局 03-6303-9005(平日10時から16時まで)
公式サイト:

トミカフェスティバル in TOKYO|イベント・キャンペーン|タカラトミー
トミカ博 in TOKYOの情報をご覧いただけます。玩具・雑貨などの製造・販売を行う、株式会社タカラトミーの公式サイトです。


◎チケット料金

前売り券:大人600円、子ども500円
当日券:大人700円、子ども600円
※大人は中学生以上、子どもは3歳から小学生まで、2歳以下は無料で入場出来ます


◎チケット購入場所

前売りチケット(2017年2月25日から3月24日まで)、当日券販売場所一覧
・セブンチケット
・ローソンチケット
・チケットぴあ
・イープラス
・CNプレイガイド
・JTBエンタメチケット
・楽天チケット
・トミカショップ東京店
・トミカショップ東京スカイツリーソラマチ店
・トミカショップ横浜店


またセブンイレブンで「セブンチケット親子ペア券」が、前売り限定・大人子ども各1人ずつの2枚組みチケット1000円で販売されています。
当日の混雑を回避するためにも、お得に入場するためにも前売り券をおすすめしますし、こちらの親子ペア券を使うとよりお得になりますので、ぜひ覚えておいてくださいね!


トミカフェスティバル東京の入場記念はまだ分かっていませんので、もう少しお待ちください。
基本的に入場料金を支払った方への記念となりますので、2歳以下の場合はもらえないことにご注意くださいね。


トミカフェスティバル東京の今回の見どころなのですが……展示ゾーンなどの発表も「近日中」となっています。
どんな展示などが来るのかドキドキワクワクしますが、もう少しの間情報をお待ちいただき、公式サイトなどを確認してみてください。
過去のトミカフェスティバル同様、展示ゾーン・有料アトラクションゾーン、そしてショッピングゾーンはあると思います!


まずは違う会場の動画ですが、雰囲気だけでもお楽しみくださいね!


トミカフェスティバル2012 in 愛媛のエミフル松前の模様 TOMICA Festival


【トミカフェスティバルTOKYO混雑回避ポイント1:駐車場、アクセス篇】

車で行く場合に気になる駐車場ですが、首都高速道路5号線東池袋出口から地下駐車場に直結しているルートが確実です。
この駐車場は1800台駐車可能となっていますのですぐに満車となって停められないということはないと思います。
とはいえやっぱり、もし車で行く場合は開場前に向かうなどしておいたほうが安心ですね。
また週末はやはり混みますので、出来るだけ車で行くのは避けたほうが良いと思います。

スポンサーリンク


こちらの駐車場では4時間まで30分ごとに300円、4~8時間まで2400円、8~10時間まで2400円(+8時間経過30分ごとに300円)、10~24時間まで3600円となっています。
交通の便も良い会場なので、この駐車料金を見ると、電車など公共交通機関を使ったほうが圧倒的にお得だと思います。
出来るだけ公共交通機関を使ってトミカフェスティバル東京に向かいましょう!


ちなみに電車で向かう場合は、「池袋駅」から徒歩8分程度、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」から徒歩3分程度、都電荒川線「東池袋四丁目停留所」から徒歩4分程度となっています。
決して歩いて遠い距離ではなく、渋滞の可能性もある車よりもやっぱり電車のほうが安心ですね!


【トミカフェスティバルTOKYO混雑回避ポイント2:営業日程 時間篇】

トミカフェスティバル東京は春休み中の開催となっていますので、正直なところ、どの日も多少の混雑は覚悟が必要だと思います。
特に開催開始の3月25.26日、そして終了日近くの4月1.2日は何もなくとも混雑しやすい日の上に週末が重なっています。
どうしてもこの日でないと行けない、この日に行きたい場合は混雑を覚悟して、そうでない場合は出来るだけ平日を狙ったほうが良いと思います!


またどのような展示や有料ブースが来るとしても、時間が経てば経つほど人が増えて混雑するのは分かっています。
出来るだけ開場30分前には到着しておき、事前にどんなところを優先して回るかを決めて、混雑しそうな場所は早めに行ってしまいましょう!


トイレは展示ホール内に1カ所のみなので、ちょっと早めに向かったほうが安心です。
また休憩室や授乳室ですが、以前の池袋開催トミカフェスティバルではしっかり広めのスペースを確保してあったので、安心して大丈夫だと思います。
オムツ替えの場所・授乳場所なども個室も含め用意されてありましたので、赤ちゃん連れの方も気にせず楽しむことができそうです!


飲食ブースはなかったようですが開場に自販機は用意されてあり、ベンチゾーンもありますのでちょっとした休憩は十分に可能だと思います。
少し離れれば飲食出来る場所はたくさんありますので、お昼は一度離れてゆっくりするのもありではないでしょうか。


【トミカフェスティバルTOKYO混雑回避ポイント3:展示ブース・アトラクション篇】

トミカフェスティバル東京の展示ブースなどの詳細はまだですので、「一般的なトミカフェスティバルでのアトラクションの回り方」として紹介したいと思います。
基本は大きく変わらないと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!


トミカフェスティバルは展示ブース有料アトラクションブースがあり、入場するとまず展示ブース、そして奥にアトラクションブースが設置されています。
この流れのまま展示ブースを見てアトラクションブースへ行くと……当然人の流れもそうなっているので、混雑してしまいます。
ですのでまず最初に展示ブースは突っ切って、アトラクションブースへ行くことをおすすめします!




アトラクションブースで遊ぶためには「プレイチケット」を購入する必要があります。
プレイチケットは1枚100円、11枚綴り1000円となっていますが、複数枚必要なところもあるので、おすすめは11枚綴りチケットを購入することです!
こちらも後から補充しようと思っていると、チケット購入だけで待機列が発生することもありますのでご注意くださいね。


プレイチケット6枚で遊べるトミカ組み立て工場、ここは最も混雑する場所なので、遊びたい場合は入場後真っ先にチケットを買って向かうことをおすすめします!
次にプレイチケット5枚で遊べるトミカつり、ここもトミカを釣って遊ぶことが出来る人気のエリアで、もし釣れない場合もトミカをひとつはもらえるので損をすることもありません。


ショッピングゾーンもどんどん人が増えて混雑しますので、余裕があればアトラクションブースの直後に済ませ、展示ゾーンは最後にまわることをおすすめします。
展示ゾーンでも子どもが触れる展示物もあり、十分に楽しむことが出来ますよ!


【まとめ】

トミカフェスティバル東京は最初にお話した通り春休み中の開催となるので、基本的にどの日も空いていることはないと思っておいたほうが安心です。
その中でも特に週末はやはり混雑しますので、出来れば平日にスケジュールを調整して行くようにしましょう!


展示やアトラクションブースの発表などはまだですが、ともかく最初に展示ブースは無視してアトラクションブースへ行くことだけ覚えておくだけでも、混雑は多少回避できると思います。
春休みの楽しいお出かけ先として、トミカフェスティバル東京を楽しんできてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です