プラレール博金沢2017みどころ全部教えます!前売り券は必須!3つの混雑回避ワザ!

スポンサーリンク


本物そっくりの電車や新幹線を自分好みの線路を繋いで遊べるプラレールは、子どもに大人気のおもちゃです。

そんなプラレールがたっぷり見られるプラレール博が、金沢でも開催されます!
どこで開催されても大人気のプラレール博、満足に楽しむためには事前の準備やアトラクションのチェックなどは絶対に欠かせません。

小さなお子様を連れて遊びに行くことが多いイベントですので、出来るだけ混雑待ち時間は減らしておきたいですよね。
開催前にイベントの詳細、見どころや混雑回避の情報についても手にいれておきましょう!




スポンサーリンク

【プラレール博 in KANAZAWA~ひろがる!新幹線×プラレールワールド!!~開催概要、見どころは?】

まず最初に、プラレール博金沢のスケジュールやチケット代などをしっかりチェックしておきましょう!


開催日程 2017年3月17日~20日/24日~26日の合計7日間
※21日(火)・22日(水)・23日(木)、この3日間はお休みとなっていますのでご注意ください。
開催時間 9時30分から16時30分まで(最終入場は16時まで)
3月19日のみ10時半から16時半となりますので、こちらもご注意ください。
開催場所 石川県産業展示館・1号館
〒920-0361 金沢市袋畠町南193
入場料金 【前売券】
  • 大人(中学生以上)700円
  • 子ども(3歳から小学生)500円
【当日券】
  • 大人(中学生以上)900円
  • 子ども(3歳から小学生)700円
前売り券&当日券は、以下のチケットサイトで販売されています。
前売り券は既に販売開始されていて、3月16日まで購入可能なのでお忘れないようご注意くださいね!
チケット
販売


■プラレール博金沢公式サイト■
プラレール博 in KANAZAWA|イベント・キャンペーン|タカラトミー
2017年プラレール博大阪は2017年1月1日から開催。お正月はプラレール博で幕開けだ!イベント情報はタカラトミーの公式サイトでチェック!


また当日券は、期間中の会場で開催時間以内(最終入場前まで)に購入することが可能です。

そして気になる入場記念品ですが……「北海道新幹線はやぶさ 中間車」となっております!
入場記念は有料で入場した場合のみですので、3歳以上が対象となります。
また内容についても直前の変更もありえますし、デザインや色などは変更の可能性もあります。

北海道新幹線はやぶさ、そして北陸新幹線かがやきなど、子どもにとって魅力的な「新幹線」がテーマになっていて、もちろんたくさん登場します。
金沢でのプラレール博ははじめてですので、他の会場ですが、プラレール博の様子をご覧いただければと思います!



★プラレール博2016 in TOKYOに行ってきました



動画を見ていても人の多さ、そしてプラレールが好きな子どもが楽しめる場所だということが伝わってきますね!


【プラレール博混雑回避ポイント1:駐車場/アクセス篇】

混雑することはもう分かっていることではありますが、車で行っても停める場所はあるのかなども気になりますね。

駐車場やアクセス方法についても事前にチェックしておきましょう!

◎駐車場

石川県産業展示館がある「西部緑地公園」では、約3500台もの車を収容できる駐車場が完備されています。

◎アクセス方法

車の場合
  • 北陸自動車道・金沢西インターから車で5分
公共交通機関
の場合
  • JR金沢駅から北鉄バス「下安原」行きに乗り、「袋畠町西武緑地公園」で下車、徒歩5分
  • 同じく北鉄バス「済生会病院」行きに乗り、「西部緑地公園」で下車
  • タクシーで15分程度


駐車場は3500台停められ、また会場前にも用意されていますので、よほどのことがない限り停められないということはないと思います。
とはいえ入り口近くが良いなどある場合は、やはり開始時間前には向かい、近くに停められるようにしておきましょう。

ちなみに駐車料金は無料ですので、ゆっくり一日楽しむことが出来ますよ!

【プラレール博混雑回避ポイント2:営業日程/時間篇】

◎確実に空いている日はある?

プラレール博は人気が高くどうしても混雑しますし、この時期は幼稚園や小学校もお休みなので、「この日なら確実に空いている」ということもおそらくありません。
とはいえ、平日はお父さん・お母さんの仕事もありますので、基本的には平日を狙うのが一番の混雑回避方法だと思います!

またお昼からはどんどん混みますので朝少し早起きを頑張り、開催時間直後に入場してしまうのも回避方法になります。
早め早めの行動をするとお昼ご飯の時間もずらせますので、余裕がある方はぜひこちらの方法もやってみてください。

◎子供のトイレやベビーカーは?

トイレは、会場の左右にそれぞれ男女トイレがありますが、参加人数の多さを考えると決して安心できる数ではないと予想されます。
特に小さなお子様の場合は、遊びたさでギリギリまで言い出さない可能性もあります。
大人が「トイレ大丈夫?」と声をかけるなど、早めの対応・行動を心がけましょう。

ベビーカーは、他の会場ですが「ベビーカー置き場」を用意してあるとのことですので、金沢でも大丈夫だと思います。
回りの迷惑にならないよう、状況に合わせて使い分けられるよう抱っこひもなども持っていくと良いですね。

◎食事を取れる場所はある?

また会場内には「プラレールカフェ」という軽食が取れる場所があるのですが……言うまでもなく、凄まじい混雑です。
「せっかくの機会だしプラレールカフェで……」と向かう場合は、相当待つ覚悟で向かうようにしてください。

また隣の2号館にも食堂があるのですが、そちらも決して大規模ではなく、お昼はそこで食べられると思っていると待ち時間が発生する可能性があります。

プラレール博は入場券さえ残しておけば再入場も可能ですので、早めにプラレール博で遊び、お昼は外でしっかり食べてからまた戻って楽しむという方法もありますよ!

【プラレール博混雑回避ポイント3:展示ブース/アトラクション篇】

◎入場したらどうしたらいい?

プラレール博はどうしても混雑するので、回る順番も考えておいたほうが良いですね。

特にアトラクションはものすごい行列になってしまうので、真っ先にアトラクションを遊ぶためのプレイチケットを購入し、展示スペースはそのまま無視してアトラクションに向かうことをおすすめします!

特に「組立工房」と「プラレールつり」は人気が高く混雑しますので、まずそこから向かいましょう。

◎チケット購入を忘れずに!

プレイチケットは会場内に売り場があり、そこでチケットを購入してアトラクションを楽しむことになります。
現金払いは一切受け付けられていないので、このチケット購入を忘れてしまうと大変なことになってしまいます。

絶対に忘れないよう、またプレイチケット売り場もどんどん混雑し行列が出来るレベルなので、出来るだけ早めにお買い求めくださいね。

◎入場の記念品は…

また、入場記念にもらえる新幹線ですが、「中間車」なんですよね……。


この先頭車両は子どもも欲しがりますし、やはり揃えておきたいと考える方が多いです。

お土産売り場などは時間が経つにつれ混雑しやすくなりますので、アトラクションを遊んだら次はすぐにショッピングエリアへ行き、この先頭車両やお土産などを購入することをおすすめします!

慌ただしいですが、ここまで頑張ればあとはゆっくり空いている場所を回ったり展示物を眺めて楽しめる時間になります。
疲れたら休憩も良いですし、無料で遊べるプレイランドなどは親も休憩しながら遊べるのでおすすめですよ!

【まとめ】

プラレール博は、普段おうちでプラレールを楽しんでいるお子様はもちろん、日頃は電車に興味がないお子様でも楽しめる場所になっています。
その分毎年人気も高く混雑しますので、事前に「絶対に回っておきたい場所」はチェックしておき、出来るだけ早く回るようにしましょう!

もちろんどんどん入場することになりますので、出来れば開始時間までに会場につき、早くから中に入っておくことをおすすめします。
「回れたら回りたい」という部分は、絶対に行きたい場所をクリアしてから状況を見て考えれば良いと思いますので、プラレール博を満喫してきてくださいね!

参考情報:どうして男の子は電車や乗り物に惹かれる?

男の子の多くは電車などの乗り物に惹かれますが、どうしてでしょうか。

一般に赤ちゃんは動くものに注目します。これは赤ちゃんが、動物でも人間でもないものが自分の力で動いていることを非常に不思議に思うからだそうです。

特に男の子が乗り物に惹かれるのはなぜかという疑問には、東京大学の開一夫准教授がこう答えられています。

スポンサーリンク

人は胎児期にテストステロンという男性ホルモンの一種を浴びるのですが、その量が多いとシステム化が得意な脳に、少ないと人の心に共感するのが得意な脳になるという研究があります。男性の方がテストステロンを浴びる量が多いので、システマティックなもの、例えば電車のように規則正しい動きをするものに惹かれるようです。

出典:なぜ男は「電車」に惹かれるのか?
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1237880373227.html


男の子が電車や乗り物に惹かれるには、脳の仕組みと関係があったんですね^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です