おみくじに凶が出る確率は?結ぶ?むしろラッキー?凶との付き合い方!

スポンサーリンク

01

お正月には初詣に行く人が多いと思います。
お賽銭を入れてお祈りをしたり、お守りを買ったり、あとはおみくじを引きますね(*^▽^*)
悪いおみくじを引いてしまったらどうしよう・・・と不安に思うけれど、やっぱりおみくじを引いてしまいます!


なんだかんだ言っても、日本人は占いが好きなんでしょうね。
大吉が出たら、かなりハッピー(#^^#)
凶が出たら・・・( ;∀;)
心配ないです!!


凶のおみくじを引いても、その年が不幸になる訳じゃないんです。
おみくじで重要なのは、大吉や凶ではなくて、そこに書かれている言葉!
それは、神様からあなたに向けたメッセージです。
有難いですね~!(^^)!


そんな有難い「おみくじ」について調べてみました♪


スポンサーリンク

【初詣といえばおみくじで運試し!おみくじの由来・歴史は?】

02

日本ではとても昔から、国の重要な決定や、後継者選びなどの時に、「くじ引き」をすることがありました。
これがおみくじの起源です。


現在のようなおみくじを始めたのは、平安時代の僧侶である良源(りょうげん)だと言われています。
世界を見ても、日本と同じような「おみくじ」はないようです(*^-^*)


現在では、殆どの神社やお寺でおみくじを引くことができます。
お正月の楽しみの一つになりましたね(*^_^*)


【おみくじを引く前に知っておきたい!くじの種類は?凶の種類は?】

一般的なおみくじは、
大吉、中吉、小吉、吉、末吉、凶、大凶
と7つになっています。


場所によっては、もっと細かく分かれているところもあります。


例えば、
大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶
と12つになっているものも(*^-^*)


神社やお寺によって違うようです。
日本中を探すと、珍しいおみくじもあるんですよ!
大大吉、大大凶、大上吉、後吉、平、吉凶未分、吉凶相交末吉、おっかない恐、大恐社・・・などというものも、あるそうです。


面白すぎて、悪いものを引いても楽しくなっちゃいそうです(*^。^*)
おみくじを引くのが、ワクワクしてきました!

スポンサーリンク

【浅草寺・清水寺は凶の確率が高い? 凶や大凶が出る確率は?】

まず通常のおみくじの確率をご紹介しますね(*^▽^*)
大吉は、約20%、凶は、約11%と言われています。
実は、凶が多く出るという噂のスポットがあるんです。


浅草寺(東京)と清水寺(京都)です。
気になります!!
調べてみました。


◆浅草寺(東京)

凶が出る確率は、30%!
大吉よりも凶が出やすいので、凶の人がたくさん!!


◆清水寺(京都)

凶が出る確率は、30%!
こちらも、凶の人がたくさん!!


どちらのお寺でも、凶がかなり出やすいようです。
夫婦や友達同士でおみくじを引いたら、みんな凶だったということもあるかも知れませんよ。


凶が出やすいお寺ということがわかっていれば、凶を引いても落ち込まない気がします(#^^#)
「凶が多く出るところでも、大吉を引いてやる!!」という方は、ぜひ試してみてくださいね!


【うわ凹む、、、大凶がでてしまったら結ぶの?やり直しはOK?】

03

良かった~(*^▽^*)
知らない人が多いと思いますが、おみくじって何度でも引き直しOKだそうです!
納得できない場合は何回も引いて、いいおみくじを引いちゃいましょう!
最後に引いたのが、今年の運勢と考えるそうですよ。


これなら心配せずに、楽しんでおみくじを引くことが出来そうです(*^-^*)


引いたおみくじは、木の枝に結んでも、持ち帰っても、どちらでもいいそうですよ。
良いおみくじは持ち帰り、悪いおみくじは木に結ぶ人が多いようです♪


【最後に/まとめ】

04 1. 日本では昔から大事な物事を決める時に、くじ引きをしていて、これがおみくじの起源。
2. 凶を引いてしまっても心配いりません!おみくじは何度も引き直しOK!
3. 浅草寺や清水寺では、凶が出る確率が高い!凶が出る確率は、30%!


おみくじについて詳しくわかったので、楽しい気持ちでおみくじを引くことが出来そうですね。
それに、おみくじは運勢の良し悪しを表しているものではありません。


おみくじに書いてあるメッセージがとても大切!
きちんと読んで、神様からのアドバイスを大事にしましょう。
楽しい毎日が過ごせると思いますよ(*^_^*)

スポンサーリンク