トミカ博名古屋2016の見どころ総まとめ!混雑回避ワザは?チケットは?

スポンサーリンク

01 小さい男の子の定番のおもちゃといったら、やっぱりミニカーですよね。ミニカーの中でも細部まで精巧な作り、子どもが遊んでも壊れにくい丈夫さなどで人気なのが「トミカ」


その歴代のトミカが展示されていたり、記念トミカがもらえたりする「トミカ博」が今年も開催されます。今回は、トミカ博 in NAGOYA(名古屋)について、混雑予想やみどころについて紹介していきます。


◎こちらもどうぞ!冬のトミカ博・プラレール博特集!
トミカ博in熊本2017みどころ全部教えます!前売り券は必須!3つの混雑回避ワザ!
トミカ博in札幌2017みどころ全部教えます!前売り券は必須!3つの混雑回避ワザ!!
プラレール博in大阪2017みどころ全部教えます!3つの混雑回避ワザ

スポンサーリンク

【トミカ博 in NAGOYA ~はたらくクルマだいしゅうごう!!~ 開催概要、見どころは?】

まずは、トミカ博in NAGOYAの概要について説明していきます。その中でも特に注目のイベントなどを紹介します。


◆トミカ博in NAGOYA開催概要

02

トミカ博in NAGOYAの2016年の開催は下記の通りです。
日程:2016年12月16日(金)~25日(日)
場所:吹上ホール (名古屋市千種区吹上2丁目6番3号)
時間:平日10:00~16:00/土日祝9:30~16:00 (最終入場は15:30)


◆入場料金

・前売券(発売期間:10/1~12/15)

大人(中学生以上) 1,100円
子ども(小学生以下) 900円


・当日券(12/16~25)

大人(中学生以上) 1,200円
子ども(小学生以下) 1,000円


※2歳以下は入場料無料です。


◆チケット購入方法

前売券は下記の場所で購入可能です。
チケットぴあ、セブンイレブン、ローソンチケット、イープラス、楽天チケット、中日サービス、栄プレチケ92、ユニモールプレイガイド


・お得な割引チケット

前売券で、お得なチケットが販売されています。
通常に購入するよりも安くなるので、事前にトミカ博に行くことが決まっている方はコチラがおすすめです。


①プレイチケット付き前売券 (販売期間:10/1~11/30)

プレイチケットとは、トミカ博内のアトラクションで遊ぶためのチケットです。
この前売券は、入場料+大人・子ども共に1,000円分のプレイチケットが付いてきます。プレイチケット付き前売券は普通に購入するよりも100円引きで購入できます。
大人→2,000円、子ども→1,800円


※サークルK、サンクス店内の端末でのみ購入可能です。


②親子ペア前売券 (販売期間:10/1~12/15)

大人1人と子ども1人が入場できる前売券です。通常の前売券で買うと2,000円しますので、100円割引になります。
大人(中学生以上)+子ども(小学生以下) 1,900円


※セブンイレブンの複合機のみで購入可能です。


◆トミカ博in NAGOYAのみどころ

昨年のトミカ博の様子です。
出典:トミカ博 in 名古屋 2015年12月(その2) 【3歳の息子と】


2016年のトミカ博in NAGOYAのテーマは「はたらくクルマ だいしゅうごう!!」です。


みどころ① 働く車がたくさん!

子どもが大好きなトミカ。その中でもパトカーや消防車、重機など、働く車に注目したイベントです。
重いものを運ぶ車、背の高い車、たくさんの人を運ぶ車など、カテゴリ別に展示されています。また、展示されているだけでなく、クレーン車とはしご車はどちらが高いか、この車はどこに展示されているか探そう!といった、子どもを飽きさせない工夫がたくさんあります。


みどころ② 限定トミカがもらえる

入場特典として、1人1台限定トミカがもらえます。毎回違う車がプレゼントされますし、ココでしか入手できないトミカです。


今回の名古屋では「TDM スイマックス」です。トミカは、実在の車をモデルにしている事が多いのですが、スイマックスはトミカオリジナルのスポーツカーです。しかも通常青色なのが、トミカ博限定で赤色がもらえます。


無料入場(2歳以下)の場合は、もらえませんので注意してください。


みどころ③ 体験型のアトラクション

○○博というと、博物館や美術館のように展示メインな感じがしますが、トミカ博は子ども向けのイベントだけあって、自分が選んだパーツを目の前で組み立ててくれたり、ゲームをしてトミカをゲットしたりと体験型のアトラクションが多いです。

スポンサーリンク

【トミカ博混雑回避ポイント1: 駐車場、アクセス篇】

03 トミカ博の開催される吹上ホールへのアクセス方法や駐車場情報です。


◆アクセス方法

<電車の場合>

地下鉄桜通線 吹上駅 5番出口 徒歩5分


<車の場合>

名古屋高速 春岡出口 降車
      吹上東出口 降車


◆駐車場情報

吹上ホール付近には有料駐車場があります。
・会館構内駐車場   100台 
・吹上駐車場     199台 
・吹上中央帯東駐車場  90台 
・名古屋市中小企業 振興会館西駐車場  102台 
・吹上中央帯西駐車場  81台
料金は200円/30分です。


◆電車がおすすめ、車の場合は開場30分前には会場に着くように

地下鉄の駅から徒歩5分と近く、駅を出てからも1直線で会場に行けます。ですから、できれば電車で行った方が良いでしょう。


土日祝日は、朝から混雑します。更に、一度入場したら最低2~3時間は帰りませんので、1度満車になった駐車場はなかなか空きません。土日祝日に車で行く場合は開始30分前には会場周辺に着いているようにしましょう。


【トミカ博混雑回避ポイント2: 営業日程 時間篇】

04

◆平日か最初の日曜がおすすめ

2016年の名古屋トミカ博は、10日間あります。
その中でも一番混雑すると思われるのが、はじまってすぐの土曜日(12/17)、3連休の前半(12/23と24)です。


混雑を避けたいならば、断然平日がおすすめなのですが、子どもが学校だったり、親が仕事だったりで、なかなか行ける家庭は少ないと思います。
土日でも、子ども連れが多いイベントは、土曜日より日曜日の方が混雑が少なくなる傾向があります。ですから、休日に行く場合は日曜日がおすすめです。


◆一番穴場な時間はお昼過ぎ

子どもの多いイベントの特徴として、午前中に混雑しやすいトミカ博。
土日祝日は9:30開場で、午前中はガッツリ遊んで、12~13時頃にお昼を食べに飲食スペースに行ったり、お昼は外で食べようとその時間までに見終わるお客さんが多いです。


つまり、13時頃に1度混雑は落ち着きます。そこの時間を狙って行けば、土日でも比較的ゆっくりとトミカ博を楽しめますよ。


【トミカ博混雑回避ポイント3: 展示ブース・アトラクション篇】

ココでぜひ見てほしいブース、体験してほしいアトラクションについて紹介します。


①組立工場(プレイチケット必要)

05

車種・ボディーカラー、シートを自分で選べ、「カシメマン」なるスタッフが目の前で組み立ててて、トミカを完成させます。自分だけのトミカ博の記念になりますよ!


②45周年壁画

トミカ45周年を記念して作られた壁画です。4,500台のトミカを貼って作られた壁画は、記念写真を撮るのにはうってつけの場所です。


③プレイランド(無料)

無料でプラレールで遊ぶことができます。ココで気に入ったトミカをこっそり用意してクリスマスプレゼントにするのも良いかもしれませんね。


◆アトラクションからまわるべし!

混雑必至のトミカ博ですが、それでも見たい・やりたいアトラクションはありますよね。そこは他の人と違った順番で回れば簡単に混雑を回避できます。


会場を入って、展示ブース→アトラクション→プレイランド→カフェ→ショッピングゾーンの順にあります。朝イチで行った場合、展示ブースを見てからアトラクションに行くとあっという間に混みます。
混雑を避けたいのであれば、入場したらすぐにアトラクションまで進みましょう。特に組立工場は人気なので、最初に行ってしまった方が良いです。アトラクションを楽しんだ後に少し戻って展示ブースを見学しましょう。


ちなみに、会場内にはトミカカフェと呼ばれる軽食が食べられるスペースがあります。しかし、そこまで席数はありませんから、お昼は大変混雑します。12~13時の間は避けた方が良いでしょう。


【さいごに/まとめ】

トミカ博in NAGOYA
2016年は12月16日~25日の10日間
おすすめは、組立工場、45周年壁画、無料のプレイランド
土日祝日は、駐車場は会場30分前か13時過ぎ
見る順番はアトラクションから


男の子のおもちゃとして人気のトミカですが、子どもの影響でトミカ好きになってしまうお母さんもいるほどなんだとか。お父さんも小さい時に遊んだことを思い出して、きっと楽しいはずです。
子どもから大人まで魅了するトミカ博、ぜひ家族で行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク