泉岳寺赤穂義士祭2016!見どころ総まとめ!混雑状況は?

スポンサーリンク

01

年末になると忠臣蔵で知られる赤穂事件の特集が多く組まれます。それもそのはず、赤穂事件で、47義士が吉良邸に討ち入りをしたのが12月14日だからなんです。


赤穂事件にゆかりのあるところで、12月14日に全国各地で赤穂義士祭が開かれています。その中でも、赤穂義士の故郷である兵庫県赤穂市と、赤穂藩の藩主の墓がある東京の泉岳寺は人気の高いお祭りです。


今回は、泉岳寺 赤穂義士祭について詳しくご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

【歴史ファンにはたまらない!泉岳寺赤穂義士祭!どんなお祭り?】

02

◆泉岳寺で赤穂義士祭をやる理由

よく歌舞伎や小説などになっている忠臣蔵は赤穂事件という実際にあった事件が元になっています。実は泉岳寺と赤穂事件は切っても切れない関係にあります。


江戸時代、赤穂藩(現在の兵庫県)の藩主 浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)は、江戸の城内で天皇の勅使の接待役になります。浅野は当時まだ若く、古いしきたりなどが分かりませんでした。
そこで質問しに行ったのが、吉良上野助(きらこうずのすけ)です。吉良は、直前になってタタミを何十畳も用意するように言ったり、浅野にだけ間違った服装を教えたりと意地悪をしてきたといいます。


我慢していた浅野ですが、ある日限界を超えてしまいます。
江戸城の松の廊下で、浅野は短刀で吉良に切り掛かります。命は助かりましたが、吉良は額に傷が残ります。天皇の勅使が来ている期間で、しかも江戸城内は抜刀禁止ですから、場所をわきまえない行為として、浅野は即日切腹を言い渡されます。その上、赤穂藩は断絶。家臣たちは路頭に迷います。


この時代は「喧嘩両成敗」といってトラブルが起きた時は、双方に処罰があるものですが、吉良には何のお咎めもありませんでした。


赤穂藩の家老だった大石内蔵助(おおいしくらのすけ)を中心に、浅野の仇討ちに立ちあがります。浅野が切腹してから約1年半後の12月14日、元赤穂藩の浪士47人で吉良邸に討ち入りをし、成功します。
吉良の首を持ち、浅野の墓がある泉岳寺まで歩き、その墓前に供えたといいます。
47人の浪士達は幕府から切腹を言い渡され、その後藩主の浅野の墓の周りを囲むように埋葬されたそうです。


泉岳寺は、藩主浅野と赤穂浪士達が眠る忠臣蔵にとっての聖地なのです。


◆2016年の開催概要

泉岳寺 赤穂義士祭は、吉良邸に討ち入りを果たした12月14日に行われています。2016年も下記の通り開催予定です。

スポンサーリンク

日時:12月14日(水) 7:00~22:00
場所:泉岳寺とその周辺(忠臣蔵パレードは中央区市役所前~泉岳寺まで)
アクセス:都営浅草線 泉岳寺駅 A2出口 徒歩2分
泉岳寺への入園は無料です。


泉岳寺周辺の地図




【泉岳寺赤穂義士祭の見どころ3選:1.義士行列パレード】

毎年好評なのが、総勢50人で赤穂義士に扮して行われるパレードです。見ているだけで忠臣蔵の世界に入り込んだような気分になれます。


パレードは12:00頃中央区役所正門を出発し、1時頃に銀座歌舞伎座前、泉岳寺に15:00~15:30頃に到着します。


昨年のパレードの様子です。
出典:泉岳寺 赤穂義士祭 パレード 港区高輪 2015/12/14


【泉岳寺赤穂義士祭の見どころ3選:2.首洗い井戸】

赤穂事件で打ち取られた吉良の首を浅野の墓前に供える前に洗ったとされる井戸が残っています。赤穂事件ゆかりの場所ですから、義士祭に来たらぜひ一度見てみてください。


場所は、参道の途中、義士の墓地の手前にあります。


泉岳寺境内案内図↓


【泉岳寺赤穂義士祭の見どころ3選:3.赤穂義士記念館】

03

討ち入り300年を記念して建てられた資料館です。
義士の遺品や、明治時代に作られた47義士の木造が展示されています。


小説などの忠臣蔵は、史実とは異なる部分が多いので、実際の赤穂事件などについて勉強したい人には、記念館がおすすめです。


赤穂義士記念館
大人500円
中高生400円
小人250円


【まとめ】

泉岳寺 赤穂義士祭
忠臣蔵で知られる赤穂事件にゆかりのあるお寺泉岳寺で毎年行われるお祭り
泉岳寺は、赤穂藩主 浅野内匠頭と吉良邸への討ち入りに参加した47義士が眠る墓所がある、忠臣蔵ファンにとっては聖地


みどころの義士パレードは、12時:中央区役所~13時:銀座歌舞伎座~15時:泉岳寺


赤穂事件は、お家断絶になってからも藩主の無念を晴らそうと奮闘する、何とも義理人情にあふれたまさに武士のロマン。
そんな武士の心意気を感じられる泉岳寺 赤穂義士祭、ぜひ行ってみてください!

スポンサーリンク