知恩院の除夜の鐘撞きの時間は?大晦日・正月の混雑状況は??

スポンサーリンク

axis85_jinjyanokane

知恩院の除夜の鐘がすごいってご存知ですか?日本三大梵鐘の1つである大迫力の音と大きさを誇る鐘があるんです。間近でついているところを観ながら、除夜の鐘の音を聴いて見たくありませんか?今回は、知恩院の除夜の鐘について詳しくお伝えしましょう。


スポンサーリンク

ゆく年くる年で有名な知恩院!なぜ有名なの?どんなお寺?

毎年、NHK放送の「ゆく年くる年」で放映されている知恩院には、70トンにもなる大きな除夜の鐘があるんです。その巨大な鐘の音と大迫力のつき方でとても有名なお寺なんです。


知恩院は、京都府京都市東山区林下町400に位置しており、1234年に建立されたのが起源と言われています。




浄土宗総本山 知恩院




知恩院といえば除夜の鐘の試し撞き!試し撞きとは?

camera-541213_1280

知恩院には、除夜の鐘の試し撞きが存在するんです。ちょっと驚きですよね。一年に一度のイベントにお試しがあるなんて。でも、知恩院の除夜の鐘はちょっとアクロバティックな鐘つきなので、タイミングを合わせるための練習が必要なようです。


この試し撞きは、毎年12月27日の14時から行われており、一般の人も見学が可能となっています。大晦日に行くのが難しい人が見学に来るので、結構混雑しますよ。


大晦日の除夜の鐘、どうやってついているの?

とても大きな鐘なので、17人の僧侶が息を合わせて鐘をつきます。約4mある撞木からは、17本の綱が伸びており、一本が手前にあり親綱として撞き手の人が持ちます。

スポンサーリンク

そして、「えーい、ひとーつ」という掛け声を出すと、16本の子綱を持った外側に立つ僧侶が「そーれ」と叫びながらタイミングよく綱を引き、撞木が下がったところで撞き手が仰向けにぶら下がるようにして、鐘に撞木を打ち付けて鳴らします。


知恩院で除夜の鐘の試しづき 京都・東山区



当日に除夜の鐘を間近で聞くには、どうすればいい?

かなり迫力があるので、間近で見たいものですよね。誰もが同じことを考えるので、とても混雑します。大晦日当日は、20時に除夜の鐘の参詣入り口が開くので、始まりから見たい人は、開門前の19時から並ぶ必要があります。


ただ、22時40分頃からしか除夜の鐘は始まらないので、かなりの時間を待つことになりますが、23時頃には閉門してしまい、人数オーバーになった場合は、23時前でも閉門してしまうので、寒さ対策を万全にして早めに出かけてください。


鐘楼にたどりつくまでに、1時間半から2時間かかり、鐘楼にたどり着いても多くの人が撮影に必死になっているので、大混雑するので気を付けてくださいね。


2016知恩院除夜の鐘



【最後に】

mok_oketohisyaku

知恩院の除夜の鐘は、他の寺では見られない独自性があるので、一目見る価値があります。間近で生で見るまでにはかなりの苦労がありますが、ぜひ一生に一度は足を運んでみてください。動画やテレビで見るよりも、生で見る方がきっと面白いと思いますよ。

スポンサーリンク