衣替えの収納が面倒くさいあなたへ!らくらく洋服収納サービス5選!

スポンサーリンク

4FotorCreated

暖かくなってくると、気分がウキウキしますね。衣替えするのが待ち遠しく思えたりします。でも、いざこれから衣替えをしよう、となると、収納場所やクリーニングなどを考えると面倒くさいですよね!そんな面倒くさがりのあなたに、洋服収納サービスと衣替えの時に気を付けておきたいことをまとめました。


スポンサーリンク

【衣替え、収納するときに全部クリーニングに出している?】

冬物だと1,2回しか着ていなくて、あまり汚れていないと感じる服もありますよね。でも、実際は洋服は少し着ただけでも、汗や皮脂などで汚れているんですよ!


汚れを残したまま、収納したりして、長時間放置すると黄ばみの原因になったり、虫が付いたりします。大切な衣類は、汚れていないように見えても、きちんと洗うかクリーニングに出して、清潔な状態にしてから片付けます。


クリーニングから戻ってきたら袋から出して収納

2FotorCreated

クリーニングに出した服は、だいたいビニール袋に入った状態で戻ってきますよね。ビニール袋に入ったままの方が、汚れが付きにくいような気がしますが、それは大きな間違いです。


ビニール袋に入ったままだと、通気性が悪くなってしまい、クリーニングのにおいが抜けません。また、クリーニングではよくスチームアイロンが使用されますが、その湿気もビニール袋にこもってしまい、最悪の場合カビが発生することもあります。


ですから、クリーニングから戻ってきた服は、すぐにビニール袋を外します。出来れば少し風に当てて、湿気を取り除いてから収納しましょう。


防虫剤について

3FotorCreated

衣替えの時には防虫剤を先に用意してから行いましょう。防虫剤にはいろいろな種類がありますが、混合して使うと衣服にシミがつくことがあるので気を付けなくてはいけません。


ポイントは収納箱に収めた衣類の一番上に防虫剤を置くことです。防虫剤の成分は空気より重く、収納箱の中では底の方に沈んでしまいます。洋服の上に置いて、まんべんなく成分が行きわたるようにします。


オフシーズンの洋服や、布団、毛布はどうやってしまっている?

1FotorCreated

衣替えのテクニックはいくつかあります。まずは要らない服は思い切って処分してしまうこと。過去3年間着ていない服は、この先着ることはないと言われています。他にも明らかに傷んでしまっている服やサイズが合わないものは、捨てるか、リサイクルショップなどを利用するなどして処分しましょう。


収納する前に、毛布などと分け、衣類の種類(厚手のものや、下着、靴下など)ごとに分類します。収納するものによって収納箱を分けると、取り出すときに探しやすくなります。そして、収納箱に入れたら、ラベルを付けることも大切です。

スポンサーリンク

どうしても収納場所がないという人は、クリーニングもかねて衣類を預かってくれるサービスもありますので、そちらを利用する方法もあります。


洋服を預かってくれる便利なサービス5選

洋服を預かってくれるだけでなく、クリーニングまで行ってくれるなどのユニークなサービスを紹介します!

イオンの保管付宅配衣類クリーニングパック

衣類を自宅まで引き取りに来てくれて、クリーニングした後最長で9か月預かってくれるサービスです。1着あたり898円!


せんたく便

最大9か月預かってくれます。シミ抜き無料のサービスあり。ふとんパックや、ハンガー仕上げやたたみ仕上げも可能。


ドレスキーパー

最大9か月の保管が可能です。ポイント制度あり。保管料と送料は無料!


クロークネット

最大で9か月の保管が可能、シミ抜き無料の特典あり。預けた衣類は新品のようになって返ってくると話題のサービス!


いークローゼット:e-closet

最大6か月保管が可能です。



最後に

季節の変わり目のこの時期、洋服の収納方法や場所には困りますよね!今では、安い利用料で洋服が簡単に安心して預けられるサービスがありますので、利用をしたいものですね!

スポンサーリンク