初夢はいつからいつに見た夢のこと?縁起のいい夢・悪い夢とは?

スポンサーリンク

01

初夢とは、「新年を迎えて、最初に眠った日に見た夢のこと」を言います。
元旦の夜から2日にかけて見た夢のことを指すのが、一般的。
でも、新年初めて夢を見た日が、3日だったとしても4日だったとしても、それは初夢ですよ!

ただの夢。
だけど気になってしまう!
やっぱり、縁起の良い夢を見たいですよね(*^▽^*)
初夢についてちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

【新年といえば初夢!初夢はいつの夢?】

昔から、初夢で1年の運勢を占う風習がありますよね。
良い初夢を見ると、その年はハッピーに過ごせる気がします(*^_^*)
誰でも縁起のいい夢を見て、気分よく新年を始めたいですよね。

初夢は日本発祥ではなく、中国から伝わった風習です。
その始まりは、夢を食べると言われる「獏」
獏の絵を枕の下に入れ、良い夢を見ようとしていました。
室町時代には日本に伝わり、縁起の良い七福神を乗せた宝船の絵を、枕の下に入れて寝ていたそうですよ。

どの時代の人も、縁起のいい夢を見たかったのですね(*^_^*)
たくさんの専門家が夢の研究を長年していますが、まだ謎ばかりなんですって。
「夢は顕在意識の投影であり、潜在意識の反映である」という説もあります。
夢は謎があるからこそ、気になってしまうのかも知れませんね。




【縁起のいい初夢の内容3選!】

02

見ると縁起がいいとされるものに、「一富士二鷹三茄子」と言いますね。
意味は、「富士=無事/鷹=高く/茄子=事をなす」と言われています。
他にも縁起が良い夢がありますので、ご紹介しますね。
ちょっと意外なものをそろえてみました。


・火事の夢 →炎が勢いがよいほどいい夢とされていて、思いがけない利益を得たり、期待以上の結果が出せそうな兆しがあります。


・泣く →心配事が消える夢です。特に、自分が感動したり、嬉しくて泣いている夢はとてもいい夢です。


・亡くなった人の夢 →亡くなった人の夢は、突然の幸運を意味しています。


ちょっと意外ですよね。
自分が悪い夢だと思っていても、実は良い夢だという時があるかもしれませんよ。
良かった~(#^^#)

スポンサーリンク

【初夢でとても怖い夢や嫌な夢をみてしまった!縁起が悪い?】

03

もし、嫌な夢を見てしまっても大丈夫!
嫌な夢を見ても、縁起の悪い1年になる訳ではありませんよ!(^^)!
気にしないのが一番!
でもどうしても気になる!という場合の解決法を、3つご紹介しますね。


1.夢でよかった!と思うようにしましょう。

現実ではありません。
大丈夫です!!
疲れていると、悪い夢を見ることもあるそうですよ。


2.悪い夢を人に話して、解消しましょう!

「良い夢は人に話すな、悪い夢は人に話せ」という言葉もあります。
思いっきり人に聞いて貰って、ハッピーになりましょう!


3.神社にお参りしましょう。

とても気になってしまうあなた!
神様にお願いすると、気持ちがスーッと晴れますよ。


解決法を試して、少しでも穏やかな気持ちを持ってくださいね。
ハッピーな気持ちを持つことが、その年を幸せに過ごす一番の力になります!

【これは試したい!いい夢を見る方法とは?】

04

昔から、「宝船」の絵を枕の下に置いて寝ると、初夢に縁起の良い夢を見られると言われています。
神社などによっては、宝船の絵を配布・販売していることもありますので、初詣の時などに見てみてくださいね(*^▽^*)
それに、寝る前に夢で見たいものを頭の中にイメージしてから眠ること。
そうすると、その夢が見られる可能性が高いみたいですよ。
試してみましょう(#^^#)
あなたが、ハッピーな夢を見られますように★

【最後に/まとめ】

1. 初夢とは、「新年を迎えて、最初に眠った日に見た夢のこと」を言います。
2. 昔から縁起が良い夢とは、「一富士二鷹三茄子」が出てくる夢。
3. 「宝船」の絵を枕の下に置いて寝ると、初夢に良い夢を見られます!


良い夢を見たら、それを励みに1年間楽しく過ごしましょうね!
悪い夢を見ても、あまり気にしすぎないで!!
こういう初夢を見たから、気を付ければ幸運になれるのね!というポジティブな気持ちで!
プラスのメッセージとして受け取りましょう (*^▽^*)
楽しく1年間を過ごしてださいね!

スポンサーリンク