大学生で妊娠してしまった!どうすればいい?就職への影響は?よくある質問3選。ひとりで悩まないで!

スポンサーリンク

「大学生で妊娠してしまった」とお悩みの方、または「彼女が妊娠してしまった」という方、うろたえて「どうしよう」となっているかもしれません。


学校はどうなるのか、場合によっては就職活動にも関わる……
こういった学生ならではの悩みも、もちろんありますよね。


年齢的には結婚も不可能ではないので、様々な方向から一気に考えなければならない大学生の妊娠、ひとりで悩んでいては解決しきれないことだってあります。


そんな方に、少しでも手助けとなれる内容となっていればと思います。


スポンサーリンク

【大学生で妊娠してしまった!妊娠した大学生のよくある質問・不安3選】

01 「大学生で妊娠してしまった人はどのくらいいるんだろう」
「今の自分と同じ状況になっている人はいるのかな」

こういったことも思い浮かびますが、この辺りのデータはなかなかありません。


大学生の既婚者は0.4%という数字がありますが、これを多いと見るか少ないと見るかは難しいところです。
やはり学生ということで学業や金銭事情が絡み、学生結婚までいける人、またそこからうまく続けられる人はそう多くないということは分かりますね。


卒業間近で内定が決まっている方でも「自立出来るか不安」と、妊娠したからと言って結婚に踏み切れるとは限りません。
ましてや入学したてや就職活動前では尚更ですね。


ちょっと考えるだけでも不安ばかりかもしれません。
しかし、大学生で妊娠した方からのよくある質問は以下のパターンが多いと思います。


・学校に言うべきか。休学はできるのか。就職への影響はあるのか。
・親に言いにくい。結婚したいけど親が反対している。
・出産はするべきか堕ろすべきか。


大きく分けて、この3つの疑問が浮かぶと思うのです。
これから1つずつお話していきますので、ぜひゆっくり読んでみてくださいね。


【妊娠してしまった大学生のよくある質問1:出産のための制度はあるの?就職への影響は?】

02 「学校をどうするべきなのか」「出産する費用はどうすれば」「就職活動はどうすれば」
こういった疑問は、真っ先に浮かぶと思うのです。


まず最初に、大学とは決して高校卒業後すぐの入学生ばかりではありません。
場合によっては社会人を経験して、また結婚後落ち着いてから改めて大学で勉強をしたいと入学している方もいます。


ですから、妊娠したからと言って特別何かがあるというわけではありません。
もちろん妊娠は見た目にも分かりますし、出産前後は場合によっては休学も必要になるかもしれませんね。


特別なことではない反面、単位の取得なども全て自己責任となります。
「相談しなくて良い」というわけではありませんので、妊娠を継続する場合は出来るだけ早く相談し、双方に良い計画を立てましょう。


とはいえもし出産後に子どもを保育園や親など預けられる場所が見つからない場合、子どもを連れていけるような大学はそうそうないと思います。
認可保育園は激戦区にお住まいの場合はほぼ期待出来ませんから、その辺りの費用や調整も考えていく必要があります。


休学した場合、学費は半額もしくは免除となる学校が多いそうです。
もちろん学校によって変わりますので、校則などをしっかり確認してくださいね。
しっかり相談し、学ぶ意思や費用があれば復学も十分可能です。


就職活動への影響だけは、どう頑張っても避けようがありません。
出産前後はもちろん、その後保育園に預けられるかどうかも関わります。
ですから、下手に隠すよりは「妊娠中であること・就職の意思があること」を全面に押し出して話し合ったほうが良いです。


もちろんそれで落とされることもあるかもしれません。
しかし同時に「責任がある人間」とも思ってもらえる可能性もあるのです。
長く働く職場ならなおの事、結婚や妊娠はいつか迎えることでもあります。
包み隠さず、「責任ある親としての立場」も使っていきましょう。

スポンサーリンク

【妊娠してしまった大学生のよくある質問2:親に言えない。親が反対している。】

03 未婚、しかも学生である身としては、親に言い出しにくくても当然だと思います。
とは言え現実は変わりませんし、隠していてどうにかなることでもありません。
未成年の場合なら尚更ですね。


どちらにしても、男女揃って話し合いはいつかは避け切れません。
「どうしても言いにくい」という場合、まずはお母さんに相談してみましょう。


「それでもどうしても言い出せない」という場合、まず最初は児童相談所に相談してみましょう。
インターネットで「(住んでいる県) 児童相談所」と検索すれば、場所や連絡方法もすぐに分かります。
相談したからと言って、知らない間に親に連絡が行くこともありません。
近くにいる身近な大人に相談し、どうすれば良いのかを考えていきましょう。


どうしても親が大反対しているという場合は、改めて二人で相談する必要があるでしょう。
残念ですが未成年(20歳未満)の場合、親の同意がなくては結婚することも出来ません。
成人している場合は親の同意なく結婚することも可能ですが……出来れば何度でも話し合い、避けたいパターンですね。


【学生結婚に親が猛反対!】結婚式のQ&A! #11


【妊娠してしまった大学生のよくある質問3:出産はすべきか。堕ろすべきか。】

04 最終的にはもちろん本人たち、そして親の意思次第ではあります。
出産を選べば学業方面でも様々なところで調整が必要ですし、出産費用、そしてこれから育てていく費用もかかります。


出産費用だけで40万、もちろん生活していくのですから夫婦、そして子どもの生活費……全てがかかってきます。


出産までの検診、生まれてくる子どものための準備、出産に対応するための親の準備などなど、少し考えるだけでもかなりの額になるのは間違いありません。
場合によっては、男性側は学業を諦めて働くことも視野に入れなければならないでしょう。


出産一時金など様々なサポートもありますが、親に対しても含め最初からそれに頼りきりという考えではうまくいくものもいきません。
「しっかり自立する」ことを、忘れてはいけないと思います。


もちろん親になるという責任と自覚、生まれてくる子ども、人生として良いこともたくさんあります。
「子どもを持つことにより視野も広がり、それが学業や就職にも良い方向へと導いてくれた」という経験談も、たくさん耳にします。


場合によってはシングルマザーを選択することもあるでしょう。
シングルマザーの場合は、どうしても親の協力は不可欠です。
親としっかり話し合い、納得してもらってからでないと厳しいと思います。


話し合いの結果、堕ろすことを選択するカップルもいると思います。
中絶費用は7万から20万、妊娠周期によって日帰り手術から入院まで様々なパターンがあります。
また、中絶は女性側に大きな負担があることも忘れてはいけません。
場合によっては不妊になることも珍しくなく、こういったデメリット もしっかり考えて結論を出す必要があるのです。


【まとめ】

「学生結婚」というと大きな出来事に聞こえますが大学生ともなれば成人していることもありますし、妊娠してしまってからの選択肢も幅が広いです。


とはいえまだ経済的に自立できていない年齢であることに変わりはなく、親や周囲に黙ったまま過ごすことはどう考えても厳しいですよね。
言い出しにくいかもしれませんが、お互いにはもちろん、親ともしっかり相談し、悔いのない選択を選べるように努力する必要があります。


出産、育児は周囲の協力なしではいられません。
精神的な安定のためにも、どんな選択をしようとも、ひとつずつ解決していきましょう!

スポンサーリンク