忘年会の季節!そもそも意味・意義って何?忘年会参加のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

「毎年誘われて何だかんだ言いつつ忘年会に参加しているけど、よく考えてみたら『忘年会』ってどういう意味でやってるんだろう?」
「会社で忘年会に誘われたけれど、友達とわいわい騒ぐならともかく会社の人とお酒を飲むならそれはただの飲み会では? 行く価値はあるのかな?」


忘年会のシーズンになると、会社や地域、あちこちで忘年会のお誘いがあったりします。
でもやることと言えば「お疲れ様でした!」と飲んで騒ぐだけ……普段の飲み会と何の違いがあるのか、疑問になることだってありますよね。


「忘年会」って何気なく言っていましたが、これはどんな意味や意義のある会なのでしょうか。
日本は様々な宗教行事を自然に取り込んでいますから、宗教的なものなのかという部分が気になる方もきっといらっしゃると思います。


忘年会の意味、そして参加する意味はあるのか、あるならどんなメリットがあるのか。
様々な方向から、忘年会についてお話していきたいと思います!


スポンサーリンク

【忘年会って「その年の出来事を忘れること?」「忘れないための会?」意味は?】

01

「忘年会とは何か」を調べてみると、「その年を忘れないようにする会である」逆に「その年の出来事を忘れる会である」といきなり真逆のことが書かれてあったりします。
これでは「結局どっちなの!?」と混乱してしまいますよね。


実はそもそもそこまで堅苦しく考えず、気楽に受け止めれば良いものなんです。
「今年も色々あったけど、終わったことはすっぱり忘れて新年を新しい気持ちで頑張っていこう」
「今年一年無事で何よりでした。来年も頑張っていきましょう」
「悪い部分は忘れて、気持よく新年を迎えるため」

分けて考えなくても、こうやって合わせれば納得出来る理由になりますよね。


特に社内の忘年会の場合は、「社員への労い」的な意味が強くなります。
忘年会の費用は、基本的に会社が負担しているところも多いでしょう。
「今年も一年お疲れ様でした。今日は楽しんで、一年の疲れを癒やしましょう」
このような挨拶が入る会社が多いと思うのです。


逆に、会社同士の「お付き合い」的な意味が強い忘年会もありますね。
こちらは社内ではなく、外部の方を招いて開催するものです。
意味もどちらかというと「今年もお世話になりました。来年もまた、より良いお付き合いをよろしくお願いします」といったものになります。


ちなみにこの忘年会、実は日本だけの風習だということをご存知でしょうか。
海外では、「忘年会」という単語すらありません。
外国の方が日本に来ると、かなりの確率で驚かれるもののひとつなんだそうです。


逆に日本では歴史は古く、はじまりは鎌倉時代の「年忘れ」という会になります。
とはいえこの頃の「年忘れ」は歌を読むのが目的で、今のような形となったのは江戸時代、一般庶民が「一年の憂さ晴らし」として親しい人間と酒を飲みだしてからになります。


さらに今のような「忘年会」として年末行事となったのは明治時代になります。
こうして見ると、忘年会は自然に発祥して定着したものなんですね。
宗教的な意味合いはなく、日本独特の伝統行事とも言えるでしょう。


【参加する意味あるのかなぁ??忘年会に参加をする意義・メリットは?】

02

忘年会にはちゃんと意味があることも分かりましたが、それと自分が参加する意味があるのかはやっぱり別ですよね。
場合によっては会費を出してまで、親しくない人もいる忘年会に行く意味はあるのでしょうか?
どんな意味……つまり自分にメリットがあるのか、いくつか調べてみました!

・普段あまり話さない上司や会社の人と話すチャンスがある!

やっぱり人間関係、安定していればしているほど様々なところでメリットがあるのは言うまでもありません。
忘年会に毎年参加して様々な人と話していると、それだけで顔と名前を覚えてもらえるかもしれませんし、それは仕事に繋がる可能性もありますよね。

・幹事をする場合、お店からもらえるポイントや半額券などが手に入りやすい

幹事は大変ですが、実はこういったポイントも見逃せないのです。
支払った際のポイントやそのタイミングでもらえる各種割引チケットなどがあれば、今度自分が行くときにありがたいですよね!

・幹事をする場合、自分を売り込むチャンスにもなる

幹事の仕事は幅広く、様々なスキルも必要となります。
てきぱきこなす姿は、「あいつは出来るやつだ」という印象を持ってもらうことも出来るのです!
もし幹事を頼まれたら、今後のためにも引き受けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

・普段あまり話さない同僚とも話しやすくなる

忘年会は、やっぱり基本的に近い年代や同僚と一緒になる機会が多いです。
普段あまり話さない、馴染めないといった雰囲気がある人とも会話してみるチャンスなのです。
話してみたら案外楽しい、なんてこともよくあります。
人間関係の輪、出来るだけ広げておきましょう!

今後の話題についていける

飲みの席は、様々な話題が出ます。
そこではじめて聞くことも、ひとつやふたつじゃないかもしれません。
忘年会に参加しておくだけで、これから社内でその話が出た場合もついていくことが出来るようになります。


このように主に人間関係、そして自分を売り込むチャンスがたくさんあるのです。
もちろん「一年お疲れ様」と労いあった関係となるのもメリットですよね。
「会社の人間関係が良好な状態であること」これは今後の仕事はもちろん、自分自身のストレスなどにもとても効果があります。

スポンサーリンク

【忘年会に参加をするデメリットは?】

03

では逆に、忘年会に参加することによって発生するデメリットも見てみましょう。

・酒に飲まれてしまうと、それをズルズル引きずられる可能性がある

「忘年会は無礼講で」という雰囲気が多いですが、それでも特に新入社員などは節度ある態度が必要なことは言うまでもありません。
多少羽目を外す程度なら笑って流してもらえると思いますが、それでも限度があるのは当然ですよね。

・お酒が飲めないと、周囲のテンションについていけなくなる

これが理由で飲み会、忘年会に参加したくないという方はかなり多いですよね。
自分は飲めないのにまわりはどんどんお酒の勢いを借りてテンションがあがっていく、ついていけない……これでは楽しめるはずもありません。

・余興やカラオケで歌うことを強制される

これも上の飲めない方と同様、忘年会が嫌がられる大きな理由です。
飲んで話して騒ぐだけならまだしも、やりたくもない余興をやらされたり苦手なのに「何か歌え」なんて言われる……これが嫌で嫌で仕方がない方も多いですよね。

・自分の時間が奪われる のが嫌

忘年会だけならまだしも、そのまま二次会や三次会までズルズル……家に帰ったらもう深夜で寝るしかできない。
これも大きなデメリットですよね。
自分の趣味はもちろん、まだ小さな子どもがいる方なら「早く帰って子どもと少しでも遊びたい」と思っている方も多いです。

嫌い、苦手な人とも同じ時間を過ごす ことになる

会社の中でももちろん人間同士、好き嫌いやどうしても苦手な人というのも存在します。
普段は出来るだけ近寄らないようにして仕事上だけの会話にしていても、忘年会で席が近かったりするとそうもいきません。


こうしてみると、忘年会はメリットもデメリットもあって悩みますよね。
とはいえデメリット部分、よく見るとほとんどが「自分の気分の切り替え」で済むものばかりなのです。


「お酒は気をつけて飲む・仕事のお付き合いのためと割り切る・苦手な人だからと言って無視するのではなく、円満なお付き合いを心がけたほうが仕事もスムーズに行くと割り切る……」
などなど、切り替えればメリットになるようなものだって多いですよね。


【参考:忘年会にまつわるデータあれこれ】

04

最後に、忘年会についての様々な情報をまとめています。
みんなどの程度忘年会に参加しているのか、何をしているのか、いつやるのか。


細かく気になるポイントって、きっとたくさんありますよね。
ぜひこちらの忘年会データを参考にしていただければと思います!

・忘年会って何回くらい参加してるの?

会社の忘年会、会社のお付き合いの忘年会、地域の忘年会、友達同士の忘年会……。
あちこちで誘われますが、実際皆さんはどのくらい忘年会に参加しているのでしょうか。


20代から30代の方の平均忘年会参加数は……「3.1回」でした!


3回を多いと取るか少ないと取るかは人それぞれだと思いますが……子どもがいるご家庭の方だと「大変だ」という意見も多く、それぞれの状況次第が一番大きいですよね。
ちなみに多い方は10回以上というデータもあります。
10回……12月の金曜土曜を全部使っても足りなさそうですね……。

・忘年会、会費はどのくらい? 平均は?

忘年会に参加するために会費が必要なところは多いですが、実際この会費はどの程度が平均なのでしょうか。
「もしかしてうちの会社の会費、毎回高い?」
なんて疑問に思っている方にも嬉しいデータだと思います!


忘年会の会費の平均ですが……「4000円」という結果でした!


あくまで平均なので、3000円から5000円くらいまでは幅広く分布しています。
確かに5000円以上の会費と言われると、ちょっと「高い!」となりますよね。
「出来れば3000円に抑えて欲しい」と思っている方は多く、またもちろん払った分の飲食は楽しみたいものです。
逆に言うと「ほんの少し高くても満足出来る美味しい料理とたくさんのお酒」があれば、不満も出ないかもしれませんね。

・余興はどんなものをやってるの?

「忘年会の余興」と調べてみると、やっぱりダンスやカラオケはたくさん見かけます。
また、ビンゴなど景品が出る余興はやっぱり人気です。
お手軽に全員を巻き込むことが出来るのも強いですよね。


動画サイトなどを参考にすると、実際に余興している動画がたくさん出てきますよ!

2015 職場 忘年会 余興



・忘年会っていつくらいにやるもの?

「その年の締めくくり」ですからやっぱり年末……となるところですが、年末は誰もが忙しいものです。
定番としては「12月」、12月の間にやれるのであれば、特に問題ないと思います。
12月が忙しい会社の場合、社内の忘年会は11月末に行うところもあるかもしれませんね。


とはいえもちろん、この季節は忘年会ラッシュでどこも早くから予約が埋まっていきます。
幹事さんは、出来るだけ早く会場を決めて予約までしておいたほうが安心ですね!


【まとめ】

忘年会の意味、参加するメリット・デメリット、どれもたくさんありましたね。


でもやっぱり忘年会は、「一年の締めくくり」や「お疲れ様」の意味合いが強いものだと思います。
そう考えると、デメリットは出来るだけ回避しつつ年に一度の忘年会くらいは参加する、としても良いかな……と個人的には思います。


もちろんどうしても行けない事情がある場合に、無理をして参加する必要はありません。
それぞれの都合、状況と合わせて、気分よく過ごせる方法を考えていきましょう!

スポンサーリンク