クリスマスイルミネーション家庭用飾り方はじめてガイド決定版!

スポンサーリンク

new_4

クリスマスシーズンになると、住宅街でもイルミネーションを飾り付けているおうちを見かけたりします。静かな住宅街で見るイルミネーションは、大規模なイルミネーション会場などで見るのとはまた違った雰囲気があって素敵ですよね。


そんな家庭でのクリスマスイルミネーション、自宅でもやってみたいと思う方は多いのではないでしょうか?


でも実際「やってみたい」とは思いつつ、どうすればいいのか迷うこともありますよね。ここではそういう方に向けて、イルミネーションの飾りやかかる電気代、材料はどこで買えばいいのかなど、初心者さんでも安心しておうちイルミネーションに取り組める内容をまとめています。


規模にもよりますが、小規模からならそこまで手間もかかりません。今年はぜひ、おうちでクリスマスイルミネーションを飾ってみましょう!


スポンサーリンク

クリスマスイルミネーションを自宅でしたい!材料は?

new_1

「今年のクリスマスはぜひ家でもイルミネーションを!」と思っても、まずどのようなものがあるのか知らないとイメージが湧きませんよね。


たくさんの商品を見たい場合、やっぱりネットショップをおすすめします。実物ではありませんが、お店へいってもなかなか見れないようなクリスマスイルミネーションアイテムがたくさん売られています。

「ネットショップと言ってもどこを見れば」とお悩みの場合も、心配することはありません。Amazonや楽天市場というメジャーなネットショップで、たくさんの商品を見ることが出来ます。


ページを開いて「クリスマス イルミネーション」と検索するだけでたくさんのイルミネーション商品が出てきますので、まずはアイテムを眺めながらイメージを膨らませてみましょう。


家の外観や形状、どの程度飾り付けをするのかを考えながら、それに合わせた商品を探してみましょう。イルミネーションもひとつひとつはそこまで高くないので、上手に組み合わせて選んでいきたいですね!


参考までに、2階建ての家でイルミネーションをする場合どの程度電球がいるのかを考えてみました。もちろんイルミネーションの規模で大きく変わります。2階建ての家でも玄関、窓付近だけのイルミネーションから駐車スペースや庭まで含めたイルミネーションまで様々ですよね。


例えば樹木に飾る場合、9mの木をイルミネーションで飾ろうとすれば2500球、3mの木の場合は600球ほど必要になるそうです。クリスマスツリーだと240cmの大型のタイプでも電球は300球ほどなので、ものすごい数が要ることが分かりますね。


イルミネーションにもよりますが、小さな電球の場合50個か100個でセットになっていることが多いです。それで1カ所飾れればOKくらいの目安で、むしろ注意しなければならないのは消費電力量です。電気代ももちろんですが、家庭用の電源には限界があります。外に用意できるコンセントの位置・電力量を確認して、それに合わせてイルミネーションを選びましょう。


とはいえ消費電力を抑えるためにも、イルミネーションはLEDが主流です。よほど大量にイルミネーションしない限り、すぐに限界を超えることはないと思いますよ。


クリスマスイルミネーション、電気の配線はどうすればいい?

new_2

大掛かりな家中を飾るイルミネーションの場合、やっぱり業者に依頼している方は多いです。個人では限界もありますし、大量のイルミネーションの場合はコンセントの確保などが難しくなります。


そこまで大掛かりでない場合は、自分で取り付ければ十分だと思います。自分で飾ったイルミネーションは、また1つ違った喜びがありますよね!


とはいえもちろん「楽しい」だけではいけません。必ず守らなければならないポイントがいくつかありますので、以下の項目をしっかり確認してくださいね。


・防雨型のイルミネーションを選ぶ

外に飾る場合、屋内用のイルミネーションは使えません。「見栄えはするから大丈夫」と思っていても、屋内用は防水加工がされていません。せっかく用意したのに、すぐに壊れてしまったら困りますね。


・基本的に消耗が激しいアイテムだと知っておく

屋外用に作られてはいますが、やはり風雨や雪など外の影響は大きいです。基本的にどんどん消耗していくものだという覚悟をしておき、定期的に破損がないかチェックしましょう。


・屋外用コンセントを使う

これも屋外のイルミネーションでの大切なポイントです。家庭内から延長コードを引っ張って使っている方もいらっしゃいますが、安全面や防犯的な意味からも屋外用コンセントを使いましょう。初期費用はかかってしまいますが、ない場合は屋外用コンセントの設置から考えたほうが良いですね。

スポンサーリンク

・防水処理はしっかりと

季節的に雪が積もる可能性もあります。雪や雨で水たまりが出来た場所にコードがあると、大変危険です。コードの配置はしっかり確認し、水たまりができそうな場所には配置しないようにしてください。


思ったより気を遣うところが多いですよね。「細かくて面倒!」と思われるかもしれません。でもよく読めば、どれも基本的なことだと分かっていただけると思います。おうちや家族、周囲の安全のためにも、きちんと守ってくださいね


クリスマスイルミネーションを家庭(自宅)で!電気代はどれぐらい?

new_3

家中を彩るイルミネーション、常にぴかぴか輝くライト……どれも魅力的です。でも同時に気になるのが電気代……ですよね。クリスマスイルミネーションで、どのくらい電気代がかかるのでしょうか。


これももちろん、イルミネーションの数で大きく左右します。そして気になる電気代、実は簡単に計算できるんです。


イルミネーションのKw数×日数×使用時間(19~22時なら3時間)×電力量料金(kwh)=電気代

この「イルミネーションのKw数」のところに購入したイルミネーションのKw数を入れ、あとは日数と時間を決めれば必要電力がすぐに分かる仕組みです。


1Kwは1000wです。最近のイルミネーションはLEDが主流なので、単品で計算するととても小さな数字になると思います。
小さなイルミネーションを2つ3つなら、電気代も誤差程度なんですね。


……そういって「ちょっとだけ」とはじめて、「見た目が寂しいから」と増やしていくご家庭が多いのも事実です。
飾り付けていくと楽しいのでつい「もうちょっと」となってしまいますが、電気量は必ず計算するようにしてくださいね。

でもこうやって計算式を見ると、仮に一晩つけっぱなしにしたらとんでもないことになるのも分かります。イルミネーションはやっぱり時間を決めて点灯するようにしましょう。

「毎日時間を決めてつけたり消したりは大変!」という方には、デジタルタイマーのご使用をオススメします。
設定時間にあわせてつけたり消したりしてくれるので「見物している人がいるから……」とつけっぱなしにして寝てしまう、なんてことも防げますよ。


また今はLEDライトが主流なのであまり悩むこともありませんが、やはりライトの種類で悩んだ場合はLEDを選ぶのも節約になりますね。白熱電球と比べるとLEDの消費電力は1/4程度なのです。たくさん並べるイルミネーションでこの差は大きいですよね。


参考にしたい!自宅クリスマスイルミネーション3選!

おうちイルミネーション、いきなりやろうと思っても難しいですよね。そんなとき、他のおうちはどのようなイルミネーションをしているのかを参考にしてみるのはいかがでしょうか!


動画サイトを覗くと、自宅イルミネーションの紹介動画がたくさんあります。そんな中から個人的にオススメだと思った動画をご紹介していきます!


2013 磐田市 自宅イルミネーション クリスマス



キラキラ流れる青い光、クリスマスらしいサンタクロースやトナカイなど、華やかでありながら統一感のとれたイルミネーションが素敵です。トナカイの首が動いたり、ドラえもんなど子どもが好きなキャラクターもあったりと、思わず足を止めてしまいますね。


埼玉県入間市の西澤邸のクリスマスイルミネーション・2014年度



なんとこのおうちは、クリスマスシーズンになると個人宅で光のテーマパークを開催しているそうです。県外からも見物客が来るほど有名で、個人宅とは思えないレベルのイルミネーションが展開しています。光のゲートやキャラクターものなど、誰もが楽しめるおうちイルミネーションで素敵ですね!


すごすぎる!この家のイルミネーション



屋根までのイルミネーション、表から見える範囲はほぼすべて飾られているというものすごいイルミネーションです。
それでいて雰囲気にも統一感があって、おうちの方のセンスが光ってますね。


【まとめ】

家中を飾り付けたイルミネーションは見ていて華やかですが、おうちイルミネーションで忘れてはいけないことが1つあります。


特に見物客が来るような大型イルミネーションにする場合、ご近所さんに事前に相談し、点灯時間などをしっかり決めておきましょう。イルミネーションによるご近所トラブルもよく聞きますので、注意してくださいね。


最近はクリスマスだけではなく他の時期にもイルミネーションを飾り付けている家庭も出てきましたが、クリスマスイルミネーションはやっぱり格別です。最初から大規模にするのではなく、まずは少しずつ扱いになれていくつもりで始めると気楽にできるかもしれませんね。

スポンサーリンク