動画で解説!鹿児島おはら節の踊り方徹底ガイド!はんや節・渋谷音頭も!

スポンサーリンク

01

南九州の秋の一大イベントといえば「鹿児島 おはら祭り」ですよね。
2万人を超える踊り子たちが、鹿児島の街を「おはら節」「はんや節」「渋谷音頭」を踊りながら練り歩くのがみどころですよね。
でも、踊っているのを見ていたら、自分も踊りたくなってしまいますよね。
おはら祭りでは、飛び入り連といって、当日参加OKの団体もありますから、一緒に踊って楽しめるのも魅力のひとつ。


でもはじめて参加する人は、踊り方が分からないですよね。
そんなひとのために、
2016年のおはら祭り開催概要
おはら節、ハンヤ節、渋谷音頭の踊り方
東京でも楽しめる 渋谷おはら祭り
について解説していきます。


スポンサーリンク

【鹿児島おはら祭り2016!開催概要・日程は?】

◆おはら祭りとは

おはら祭りは、昭和24年に市制60周年を記念して始まった鹿児島の秋の一大イベントです。


このお祭りでは、たくさんの踊り子が沿道を埋め尽くし、おはら節、はんや節、渋谷音頭、おはら21などを踊る「総踊り」がみものです。


観客数20万人、参加者2万5千人を超す、南九州最大のお祭りになりつつあります。


◆2016年の開催は?

2016年の鹿児島 おはら祭りの開催は
前夜祭:11月2日(水) 19:00~21:00
本祭:11月3日(木)文化の日  10:00~17:00


【あなたも踊ろう!動画で覚える「おはら節」踊り方ガイド!】

ポイントは、「ヨイヨイヨイヤサー」の掛け声の後、「パパンパパン」という手拍子です。
雄大な桜島を表すように、大きく優雅に踊りましょう。


出典:鹿児島おはら節 2012年版(第15回渋谷・鹿児島おはら祭)
https://youtu.be/X6iGut-tMY4

【動画で覚えるはんや節ガイド!】

テンポの早い踊りですが、「ヨイサー」の掛け声とともに同じ振りを4回ずつ繰り返すのが基本の動作です。下記の動画は最初にゆっくりと一振りずつ解説し、後半では曲に合わせて踊るので、練習するには最適ですよ。

スポンサーリンク

出典:薩摩川内はんやまつり 正調川内はんや節の踊り方 清乃本勝穂


【渋谷・鹿児島おはら祭りとは?渋谷音頭の踊り方は?】

02

◆どうして渋谷でおはら祭り?

一見関係のなさそうな渋谷ですが、
・鎌倉時代に渋谷一帯を治めていた一族が鹿児島に移住したことで、渋谷にある東郷神社の御神体が鹿児島出身の東郷平八郎だったり

・当時の渋谷区長が鹿児島にゆかりのある人だったり

・渋谷駅にある初代ハチ公像を作ったのが、鹿児島県出身の彫刻家だった


これらのことから、鹿児島と関係の深い渋谷でおはら祭りのミニチュア版が開催されるようになりました。


◆渋谷音頭の踊り方

おはら祭りはおはら節がメインにはなりますが、渋谷で開催されるのでせっかくですから、「渋谷音頭」も覚えておきたいところですね。

歌詞入りの動画なので、歌と一緒に覚えるとすぐに覚えられますよ。
踊り方のコツは、指先の方向に目線を向けながら踊ると、上手に見えますよ。


出典:渋谷音頭(関東二甲会)2012年版(第15回渋谷・鹿児島おはら祭)
https://youtu.be/PmFC0BV3jII

【まとめ】

おはら祭りとは
鹿児島で行われる、2万人を超える踊り子が、おはら節、はんや節、渋谷音頭などを踊りながら練り歩く、南九州最大の秋のお祭り
当日飛び入り参加ができる「飛び入り連」もあるので、観光客も一緒に楽しめる珍しいお祭り
2016年の開催は11月2~3日
渋谷でも、おはら祭りを再現し、道玄坂などを通行止めにして、約2千人の参加者が踊るイベントがある。


おはら節、はんや節、渋谷音頭は、難しい踊りではないので、事前に動画などで練習して、一緒に参加してほしいです。お祭りは見るだけでも楽しいですが、やっぱり参加してこそ感じられる楽しさもありますので、ぜひ練習してみてくださいね!


◎11月お祭り・イベント・風習特集!

11月開催の人気のお祭り・イベント特集記事はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク