冬に咲く!秩父夜祭の花火2016!見どころ総まとめ!混雑回避ワザ・穴場は?

スポンサーリンク

01

秩父夜祭りは、埼玉県秩父市で冬の風物詩として定着している歴史あるお祭りです。
お祭りと言えば、夏や秋に多く行われますが、このお祭りは12月に行われ、冬に花火を見ることができる貴重な機会なので、絶大な人気を誇っています。


冬の澄んだ空気の夜空に花火と煌びやかな山車が共演する、何とも日本らしい美しいお祭りです。


秩父夜祭初心者でも楽しめるように、
秩父祭りの歴史や2016年の開催概要
花火の打ち上げ時間
花火以外のみどころ
混雑状況

などの情報についてまとめてみました。


スポンサーリンク

【埼玉の冬といえば秩父夜祭!開催概要は?】

◆秩父夜祭はどんなお祭り?

02

秩父夜祭りは、秩父神社の年に1度の例大祭です。
「夜祭」というくらいなので、夜がメインのお祭りで、豪華に飾った笠鉾や屋台と呼ばれる山車を秩父の街を曳き回したり、冬の時期には珍しい花火大会も開催されます。

その美しい情景から、日本3大美祭、日本3大曳山祭のひとつに数えられています。
毎年20万人以上の人出がある秩父地方の冬の一大イベントです。


秩父神社周辺の地図


◆2016年の開催は?

2016年の秩父夜祭の開催日程
12月2日 宵宮 正午~20:00
12月3日 本祭 9:00~22:00
※3日の終了時間22:00は花火の終了時間です。露店などは4日の明け方まで夜通し営業されています。



【秩父夜祭の見どころといえば花火!日程は?】

03

秩父お祭りの一番のみどころは、冬の夜空に輝く花火ですよね。花火の打ち上げ概要や、どんな服装で行ったらいいか、昨年の動画などを紹介していきます。


◆花火の打上場所と時間

打ち上げ場所は、2日間とも羊山公園です。
公園自体は、打ち上げ準備のため16:00以降は立ち入り禁止になります。


12/2(金)
19:00~20:00 1時間だけ単発花火とスターマイン中心


12/3(土)
19:30~22:00 競技花火と連続花火
花火は12/3の方が見ごたえがあると思いますよ。



◆花火を見る時の服装

秩父は盆地特有の気候のため、日が落ちると急激に冷え込みます。
寒い年は最低気温が0℃になったこともあるようなので、コートやマフラーなどをきちんと着込み、夜はホッカイロなども持った方が安心でしょう。
ちなみに都内の12月初旬の平均の最低気温は3℃くらいなので、都内からお越しの方は、いつもよりちょっと厚着していきましょうね。


◆昨年の花火の様子

2015年の秩父夜祭の花火の様子です。

スポンサーリンク
出典:2015 秩父夜祭り 街中から花火 Chichibu Yomatsuri-Japanese Night Festival


【秩父夜祭の花火、混雑回避するには?桟敷席はある?】

冬に花火が見られるお祭りですし、このお祭りのツアーがある程の人気ですから、大変混雑します。ただし、花火は3日の方がボリュームがありますし土曜日なので、2日の方が比較的混雑は少ないと思います。


◆花火の有料観覧席

秩父鉄道では、12/3の有料観覧席の販売をしています。
秩父鉄道 熊谷駅の窓口での販売と、ネット販売があります。受付は10/25~ですが無くなり次第終了になるので、発売されたらすぐに買うことをおすすめします。


ネット販売はこちらから


観覧席のみは6,000円、乗車券付きは7,200円です。
※乗車券付きの場合は、区間は問わず12/2~4の連続する2日間で秩父鉄道線内を一往復できます。


桟敷席という有料観覧席の販売もあります。
1Fと2Fの席があり、2Fは立ち見になるようです。
どちらの席もはじまってしまうと身動きが取りづらいので注意が必要です。
ただ団子坂にあるので、花火も屋台の曳き上げも見るのには最適です。
予約は10月15日前後で5日位しか受け付けていない上に、すぐに売り切れてしまうようなので、10月入ったら、毎日チェックしておいた方が良いでしょう。
2F立ち見→7,000円
1F席  →8,000円


桟敷席の予約サイト


【花火の他にも!秩父夜祭の見どころとは?】

秩父夜祭は花火だけではありません。花火以外のみどころを2つ紹介します。


◆屋台・笠鉾

豪華絢爛な屋台(山車)笠鉾を秩父の街を曳き回す様子は、日本のお祭り感満載のイベントです。
その中でも、3日の夜の秩父神社までの団子坂への曳き上げは一番のみどころです。
花火をバックにハイテンポのお囃子、曳き子たちの掛け声、沿道の声援、全てが秩父夜祭りのクライマックスを盛り上げる要素です。その中を最大20tにもなる屋台を曳き上げる様子は、大迫力です。
この花火と屋台の曳き上げの二つが合わさった幻想的な光景が、日本美祭に選ばれた由縁です。


出典:2015 秩父夜祭り 団子坂 Chichibu Yomatsuri-Japanese Night Festival


◆秩父のお祭りグルメ

お祭りといったら、やっぱり屋台メシは外せませんよね。
1,000件もの露店が軒を連ねます。
食べ物もたくさんあり、秩父の名物などのお店も出店するので、花火や屋台の曳き回しを見ながら食べてみてはいかがですか?

おすすめは
・味噌ポテト
・豚味噌丼
・秩父そば


【おわりに】

秩父夜祭は
12月に開催される秩父神社の例大祭
2016年の開催は12月2~3日の2日間
みどころは、冬に珍しい花火大会、豪華絢爛な屋台や笠鉾の曳き回し
3日の夜の花火をバックに団子坂の曳き上げは圧巻
花火を見るには、予約席がおすすめ でもすぐに売り切れるので注意
1,000を超える露店では秩父グルメも楽しめる。



夜空に輝く花火、煌びやかに飾られた屋台と笠鉾の共演、今年は関東の冬を彩る秩父夜祭りに行ってみませんか?

スポンサーリンク