300年の歴史!二本松提灯祭り2016の見どころ・混雑予想総まとめ!

スポンサーリンク

chouchin_matsuri

二本松提灯祭りをご存知ですか?夜の町に無数の提灯が温かいオレンジの光を灯しながら、練り歩く姿はとても幻想的で素敵なんですよ。


300年の歴史を誇る有名なお祭りなので、まだ一度も行ったことがない方は、ぜひこの記事で事前情報を仕入れて、今年は足を運んでください。


スポンサーリンク

300年の歴史!二本松提灯祭り2016の概要

二本松提灯祭りは、1643年に織田信長の重臣だった丹波長重の孫である光重が誰もが参拝できるようにと、二本松神社を作り、街の人々が神輿を収めたことが始まりとされています。そのため、300年の歴史を誇るお祭りとなり、日本の三大提灯祭りの1つとして数えられています。


福島県二本松市の二本松神社周辺で行われるこのお祭りは、10月4~6にかけての3日間です。提灯にそれぞれの町の1文字が書かれているので、一目でどこの町かわかるようになっているんですよ。




二本松提灯祭り 2015/10/05 Part 1 4K




二本松提灯祭り2016みどころ3選!

見どころ1:300個の赤提灯が吊るされる様は幻想的!

一番の見どころが、7町7台ある太鼓台に300個ずつ吊るされる赤提灯の美しさです。お昼間に観るのも素敵ですが、おすすめはもちろん夜です。提灯の無数の光がとても幻想的なんですよ。


見どころ2:中日である5日の「神輿渡卸」

7町が整列して神輿が宮入を行うイベントです。夜になると、提灯に火が灯り、街を練り歩きますよ。


見どころ3:最後の夜の合同引き廻し

3日目となる6日の夜に行われる合同引き廻しは、3町と4町に分かれて行われます。4町は亀谷坂から3町は県立霧ヶ城公園からスタートします。


2015年度 二本松ちょうちん祭り



二本松提灯祭り2016混雑予想!混雑をさけるには?

10月4日の初日は、各町の7台の太鼓台が全て集まります。この日しか全ての太鼓台が集まることはないので、この光景を見たさに集まる観客も多く、一番混雑が予想されます

スポンサーリンク

混雑を避けたい場合は、この日事態を避けるか、提灯に火が点く夕方を避けると良いでしょう。ほかの日は、引き廻しが多く行われるので、ルートが記載されるマップを手に、好きなポイントで待ち伏せするのもありだと思いますよ。


ちなみに、武田坂と亀谷坂は急な坂道になっており、難所として見物客の人気のスポットとなっているので、混雑する可能性があるので、注意してくださいね。


二本松ちょうちん祭り 2011年10月4日



二本松提灯祭り 駐車場は?駐車場渋滞はあるの?

お祭り期間中には、無料の駐車場が複数用意されます。二本松市役所、霧ヶ城公園、二本松北小学校二本松文化センターなどがありますよ。


かなり多くの人が訪れるので、すぐに埋まってしまいますが、提灯に灯りが灯る夜の方が見物客が多くなるので、早い時間に行かれて駐車スペースを確保されれば、無料の駐車場にも車を停められるかもしれません。


確実な方法を取りたい場合は、電車で行かれることをおすすめします。


二本松提灯祭り 2015/10/05 Part 2 4K



【最後に】

omatsuri_uchiwa2

二本松提灯祭りは、とても歴史あるお祭りなので、まだ見たことがないという人は、ぜひ夜の二本松提灯祭りを見に行ってみてくださいね。ケンカ祭りのような激しさはないお祭りなので、お子様連れでも安心して見に行けるお祭りですよ。


提灯の中の灯りは、ロウソクによるものなので、とっても優しい光で癒されると思いますよ。


あわせて読みたい!

人気の10月開催お祭り一覧はこちら!

スポンサーリンク