七五三のお参りの時期2016!いつからいつまでにお参りをすればいいの?

スポンサーリンク

1

小さなお子さんを持つご家族にとって七五三は大きなイベントですよね。


しかし実際いつからいつまでかは意識していないと知らないものです。
人気の神社でお参りをしようとなると、ハイシーズンはとても混雑していて予定通りいかないことも。


今回は七五三の時期やオススメの人気神社についてご紹介したいと思います!



スポンサーリンク

七五三のお参りの時期2016!いつからいつまで?

七五三は元来11月15日に行われる儀式でした。
旧暦の11月15日は鬼宿日と言って鬼が寄り付かず何をするにも良い、と言われる日だという言い伝えがあったからです。


現在は毎年11月15日を中心にした前後一週間に神社に参拝することが一般的となっています。
2016年ですと11月8日(火)から11月22日(火)がハイシーズンということになります。


ですが、混雑を避けるため、また両親や祖父母などの仕事などによって全員の都合が合わないことも多いので最近はあまりこだわらず、10月から11月の間に参拝の時期を設定されるご家族も増えてきています。




2016年混雑を避けるためにおすすめのお参りの日は?

2

では2016年はいつお参りをするのが混雑が少ないのでしょうか?


ハイシーズンである2週間のうち大安吉日の11月13日(日・大安)、11月19日(土・大安)がズバリ最も混雑する日であると言えるでしょう。


混雑を避けたいということであれば、思い切って10月にしてしまうというのも一つの方法かと思います。
ただ初旬はまだ気温も30度を超えてしまう日もあるので、着物を着るお子さんにとっては適当ではありません。
10月中旬の気温が落ち着いてからの時期がオススメです。


また紅葉と一緒に撮影ができる11月の下旬もいいかもしれませんね。


各神社によって貸衣装や写真撮影ができる期間や日にちを設けていたりしますので、その中でご家族で相談されると良いでしょう。



七五三のお参りに人気の神社 東京エリア3選!

日取りのことはわかったけれどではどの神社にすればいいの??
神社はたくさんあるけどどこにすればいいかわからない!

そんな方のために慣れない儀式事でも安心の七五三プランのある人気の神社を調べてみました。


神社では多くの場合祈祷は予約不要でも貸衣装や写真は予約や必要な所が多いので、日にちなどが決まったら前もって神社に問い合わせておかれることをお勧めします。


まずは東京エリア編です。


① 日枝神社

3

人気の理由:都心部にありアクセスが良いことはもちろんですが、七五三向けに祈祷、着付け、記念撮影、会食などが一つになったプランもあるので段取りがスムーズです。


営業時間:午前9時~午後4時半(常時) ※予約の必要なし


みどころ:永田町のビルに囲まれた中に緑豊かに広がる境内のコントラストがポイントです。


場所:東京都千代田区永田町2-10-5


アクセス方法:地下鉄千代田線国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分 、地下鉄(銀座線・南北線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分




② 明治神宮

人気の理由:こちらもアクセス抜群
祖父母のみなさんも集めて行う際もお越しになりやすい立地が人気です。
こちらも七五三プランがあります。


営業時間:午前10時~午後5時(七五三プラン連絡先)


みどころ:パワースポットで一躍有名になった加藤清正の井戸が見どころです。


場所:東京都渋谷区代々木神園町1-1


アクセス方法: JR山手線「原宿」駅、東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅(別の入り口になりますがJR山手線、地下鉄大江戸線「代々木」駅)




③ 大國魂神社

人気の理由:都心部から遠方になりますが、創立は西暦111年。武蔵野では伝統のある神社です。
七五三プランもあり、写真の前撮りをすると衣装代が割引になるサービスなどもあり人気です。

スポンサーリンク

営業時間:午前10時~午後18時


みどころ:神社のシンボルともいえるケヤキの巨樹は圧巻です。


場所:東京都府中市宮町3-1


アクセス方法:京王線府中駅徒歩5分/JR武蔵野線、南武線府中本町駅徒歩5分





七五三のお参りに人気の神社 大阪エリア3選!

続いて大阪エリア(神戸・京都の三都)でご紹介します。


① 住吉大社

4

人気の理由:関西の人ならいわずと知れた有名な神社です。
初詣などでは毎年多くの参拝者が訪れます。
写真を写すスポットもたくさんあるのが人気のポイントです。
プランではありませんが、貸衣装、写真撮影の用意もあります。


営業時間:毎日10時~18時(定休日:水曜日)


みどころ:第一本殿~第四本殿は国宝に指定されています。


場所:大阪府大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89


アクセス方法:南海本線「住吉大社駅」徒歩3分、南海高野線「住吉東駅」徒歩5分、路面電車阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ




② 生田神社

人気の理由:神戸の中心「三ノ宮」からすぐという好立地で大阪からも兵庫からもアクセスが良いので親族が来やすい環境と、周りは飲食店ばかりなので会食場所にも事欠かない点が人気のポイントです。
七五三のプランも用意されています。


営業時間:午前9時半~午後4時


みどころ:けして広い神社ではありませんが境内には森や池などもあり都会のオアシスのような自然が見どころです。


場所:神戸市中央区下山手通1丁目2-1


アクセス方法: JR「三ノ宮」、阪神「三宮」、阪急「三宮」、神戸市営地下鉄「三宮」徒歩10分




③ 北野天満宮

人気の理由:学問の神様として知られる菅原道真を祀った天満宮の総本山であるため、お子さんの今後の学業上達を祈る親御さんに人気の神社です。


営業時間:午前9時~午後5時


みどころ:七五三のシーズンと重なる紅葉が有名です。
観光名所となっており、夜はライトアップもされており見どころとなっています。


場所:京都市上京区馬喰町


アクセス方法:京福電車「白梅町」徒歩5分、京都駅、阪急大宮駅など京都市内主要各所から市バスも出ています。





【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
今回は七五三の時期と神社のご紹介をさせていただきました。


まとめますと、

・七五三は元来11月15日行うもの。現在は前後1週間がハイシーズンであるということ
・ハイシーズンの大安休日は混み合うため平日にするか10月下旬や11月下旬に設定するのが混雑を避けるポイントだということ。
・大きな神社では七五三プランなど円滑に進めるための工夫もされていること。
・貸衣装や写真等は予約が必要な所が多いので早めに予定を決めて問い合わせた方がよいということ


以上を踏まえて準備をして心に残る素敵な七五三にしてくださいね!


◎七五三特集!お金・マナー特集!


七五三の費用相場2016!誰が支払う?費用負担の実情とは?

七五三を迎える孫を持つ祖父母向け!お祝い金の相場は?服装は?

七五三、祖父母からのお祝い金の相場は?祖父母への御礼はどうする?

七五三のお祝いの祖父母へのお返しは?写真撮影や食事会はするべき?

七五三の写真は後撮りでも0K?前撮りと後撮りの料金の違いは?後撮りのポイントまとめ!

七五三のお祝いのマナーまとめ!お返しは?手紙やのし袋の書き方とは?

七五三の時に神社に渡すお金(初穂料)の包み方は?金額の相場は?

七五三ガイド2016!数え年と満年齢どちらがポピュラー?早生まれのお祝い時期について

スポンサーリンク