十五夜の団子、なぜお供えするの?由来や、飾り方のルールは?

スポンサーリンク

pyoko9_jugoya

十五夜には月見団子が欠かせませんよね。

でもなぜ、十五夜に月見団子をお供えするのか、ご存知ですか?

調べてみると、とっても面白い由来がありましたよ。

月見団子を飾る際のルールも調べたので、ぜひ合わせて参考にしてくださいね。



スポンサーリンク

2016年の十五夜はいつ? 十五夜の意味とは?

毎年来る月見ですが、今年2016年の十五夜は、9月15日です。

十五夜の意味は、旧暦の8月15日が月見の日だったため、「十五夜」と呼ばれるようになったそうです。

十五夜は、その年にとれた野菜や果物を神にお供えして収穫を感謝する日として浸透していきました。


Mini Food Moon dumpling 食べれるミニチュア月見団子/Miniature Tsukimi-Dango (Moon Viewing Dumplings!)





十五夜に月見団子をなぜお供えするの?理由と由来は?

月見団子をお供えするのはなぜでしょうか。

子供は月の使者であると考えられているので、月見のお供え物を盗んでも良いと言われています。

そのため、子供が好きな団子をとりやすいように縁側に備えるようになったそうです。

ちょっと面白い由来ですよね。

海外のハロウィンみたいですよね?


この風習は長崎の五島の一部の地域では、未だに残っているらしいです。

また、お団子ではなくお菓子を挙げるケースも増えているそうです。


グラデーションがきれい、月見団子の作り方【もぐー】




十五夜のお月見団子、飾り方・積み方のルールは?

お団子の飾り方にはルールがあります。

まず月見団子をのせる台ですが、「三宝・三方」という白木で作られたものが使用されるのが一般的です。

この「三宝・三方」の上に白い紙をのせてその上にお団子を並べます。

お団子の数は十五夜のお供え物ならば15個です。

スポンサーリンク

1段目に3つずつの9個を並べ、2段目に2個ずつの4個を並べて、3段目に2個並べます。


縁側にお供えする場合もありますが、月が見える場所が良いでしょう。

縁側がない現在の一般的な場所は、床の間ですかね。

月見団子といっしょにススキを供える場合も多いです。

これは稲穂に例えて米の収穫を祝う意味があります。



十五夜のお月見団子の飾りつけの台はどうする?

飾りつけの台は基本的に家にない場合は、お盆やお皿が代用されますが、自分で作りたいと思う方も多いようですね。

しかし、自分で作るのはなかなか難しいですし、毎年使えるものなので、ぜひ購入を検討してみてはいかがですか?

結構、値が張るので、私はお盆やお皿で代用するので十分だと思います。

もちろん、三方があった方がかっこいいいですけどね。


三方・三宝の組み立て方動画 ビデオ




【最後に】

月見団子は収穫を感謝する月のお供え物だと言うことが分かりましたね。

でも、月の使者として子供が食べてくれるように団子を作るようになったと言うのは、驚きですよね。

この風習はほとんどの地域で廃れてしまったことですが、ぜひ復活してほしい風習ですね。

十五夜って満月を眺める行事ですが、とっても風情があって良い習慣です。

最近はあまり大事にされていませんが、きちんとした形でぜひ今年は十五夜を祝ってみてください。



◎こちらの記事もどうぞ!お月見・十五夜特集


9月特集!祭り/だんじり/お月見/運動会/敬老の日/お彼岸/コスモス!

お月見どろぼうを行う地域ってどこ?誰かに喋りたくなる「お月見どろぼう」情報まとめ

十五夜のお団子飾り方・並べ方・積み方のルール2016!

お月見とうさぎの関係とは?由来とは?インドの逸話が関係しているらしいって本当?

お月見製作2016!保育園でのお月見製作アイデア3選!

スポンサーリンク