病院のお盆休み2016!お盆休みに急病・怪我になったらどうする?

スポンサーリンク

1

2016年のお盆休みは8月13日(土)~16日(火)


ゴールデンウィークを過ぎ、待ちに待ったお盆休みは楽しみですね。


でも、お盆休みにうっかり病気や怪我をしてしまう場合もあります。


すぐにでも治療して貰いたいですが、お盆休みに病院はあいているのでしょうか。


そこで今回は、病院のお盆休み2016!お盆休みに病院があいているのか?混雑状況など調べていきます!


スポンサーリンク

お盆休みの時期に病院はあいている?診察をしてくれる?


早く知りたい病院のお盆休み!


お盆の時期は診察をしてくれるのでしょうか。


開業医・公共病院・大学病院それぞれを検証してみました。


お盆休みの病院スケジュール2016

開業医お盆休みをとることがほとんど。


お医者さんによっては、お盆休みと日にちをずらすところも。


公共病院基本的にあいていることがほとんど。


但し、担当医が個人的に休みの場合も。


大学病院基本的にあいていることがほとんど。


公共病院と同じく、担当医が休みの場合もあり。


お盆休みは年末年始と違い、カレンダー上は「平日」になっているんですよね。


そのため、大きな病院では普通にあいていることが多く、みなさん交代で長期休暇をとるようです。


それとは逆に、開業医は個人病院なので、お盆休みをとっていることがほとんど。


お盆休みに病院へ行くなら、市民病院など大きなところへ行きましょう。


こちらもおすすめです!
ハローワークのお盆休みスケジュール2016!失業手当の申請はできるの?


お盆休み中の病院の混雑状況は?何時間待ち?


2016お盆休みの病院の混雑状況は?

大きな病院にかかると、気になるのが待ち時間


多くの人が訪れるため、どうしても待ち時間が長くなりがちですよね。


特に、お盆休みは地元の開業医などが休んでいることが多いため、公共病院や大学病院に人が殺到します。


お盆休みの受診は、普通に混雑していることが多いようです。


何時間待ち?

病院によっても異なりますが、2時間程度は待ち時間があると思っていた方が良いでしょう。


特に病院が混雑するのは、「休日の翌日」「休日の前日」です。


今年のお盆休みスケジュールは、8月13日(土)~16日(火)


よって最も混雑するのは、15日(月)になりそうです。


・「休日の翌日」…月曜日、祝日の翌日など。


・「休日の前日」…金曜日or土曜日、祝日の前日など。

スポンサーリンク

お盆休み帰省中に急病・怪我をしてしまった場合には救急へ!

4

お盆休みに開いている病院があることがわかりましたが、長い待ち時間を待てない時もありますよね。


急病や大きな怪我で、すぐに診てもらいたい!


そんな時は、どうしたら良いでしょうか。


急病や大きな怪我をしてしまったら?

ズバリ!救急病院に行きましょう。


救急病院なら、その人の怪我・病気の深刻さによって、診察順番をかえてくれます。


急いで診た方が良いと判断されたら、すぐに診てもらうこともできるので、救急病院へかかりましょう。


但し、市区町村により救急担当が異なる場合があるので、必ず確認を!


もっとも、救急病院へ行くことすらままならない、深刻な状態の場合は、救急車を呼んで、すぐに処置をしてもらうようにしましょう。


お盆休みに薬局は開いているの?

5

病院が開いていても、お薬をもらう薬局があいていないと意味がありません!


お盆休みに薬局は開いているのでしょうか?


薬局のお盆休み2016

開業医近隣の薬局…開業医がお休みの期間、同様に休みであることがほとんど


公共病院近隣の薬局…お盆休みが存在しない場合、いつも通りの営業


どうやら、薬局は病院のスケジュールと合わせて、休みと営業する日を決めているんですね。


大きな病院へ行って、近所の小さな薬局へ行ってみたらやっていなかった!


なんてこともあり得ますので、処方箋を貰ったら、病院近くの薬局を利用しましょう。


【結論!】


お盆休みの病院スケジュール2016

開業医:お盆休みあり。

公共病院:お盆休みなし。

大学病院:お盆休みなし。


お盆休み中の病院の混雑状況

8月15日(月)が最も混雑する予想!

ほかの日も2時間程度の待ち時間は覚悟しておきましょう。

※ 緊急の場合は、救急病院を利用すること!


薬局のお盆休み2016

開業医近隣の薬局:お盆休みあり。

公共病院近隣の薬局:お盆休みなし。



お盆休みは、どこかへ出かけたり、浮かれすぎてしまって、うっかり体調を崩しやすい時期でもあります。


急に病気や怪我になったら、せっかくのお休みも治療に専念することになってしまいそうですよね。


久々の連休を楽しむためにも、体調管理や安全に気を配るようにしたいですね!


来年のお盆休みは病気や怪我をしないように目指しましょう!


スポンサーリンク