熱中症で発熱!子供の場合は回復までに1週間!熱中症症状と対処法まとめ

スポンサーリンク

1

毎年暑くなりだすと騒がれる熱中症


テレビで対策方法などを見ている人も多いのではないでしょうか。


屋外はもちろん、部屋の中にいても危険性があるので、暑い時にはどこにいても気をつけなければなりません。


特に、子供やお年寄りは熱中症の危険が高いので要注意!


子供の症状や、熱中症で発熱してしまった場合の対処法などをまとめてご紹介します


スポンサーリンク

そもそも熱中症とは?子供特有の症状は?

2

そもそも熱中症と一口に言っても、実際どんな症状がでるかわかりづらいですよね。


熱中症のメカニズムと子供特有の症状を把握しておきましょう。


熱中症のメカニズム

暑い外やエアコンの効いた部屋を行き来することで、体の熱を逃がしたり、体を保温する機能をもつ自律神経が乱れることが原因


熱中症 子供特有の症状

熱射病…汗を大量にかき、水分不足に陥った体が体温を下げられなくなり、血液が循環しなくなることで、高熱や嘔吐の症状が表れる。


熱痙攣…汗をかき、血液中の塩分が低下することで、手や足に痙攣がおきる


熱失神…体温が上がったままの状態でいると、通常より血液が早く流れ、内臓の血液が足りなくなることで、失神してしまう。


熱疲労…水分補給が足りず、脱水症状となり、意識が朦朧とする。


頭痛・発熱・めまいなどの症状が表れる。



熱中症で発熱をしてしまった!何日ぐらい続く?

3

熱中症で発熱した場合、多くの子は①熱射病による発熱が多いようです。


汗をかく機能が働いていないので、体の熱を下げることができず、高熱がでたり嘔吐する場合があります。


熱中症の高熱期間

大体、5日~1週間ほどで全快します


高熱は続いても3日程度です。


熱がひかない場合

高熱が5日たっても治まらないようなら、他の病気の可能性もあります。


川崎病になっている可能性がありますので、早めにかかりつけ医を受診しましょう。


熱中症で発熱をした場合の看護方法は?

4

子供が熱中症になってしまったら、できるだけ早く治してあげたいですね。


高温の発熱は辛いので、適切な看護をしてあげて、1日でも早く良くなるように努めましょう。

スポンサーリンク

発熱時の看護方法

飲み物


経口補水液が最適。


3才以上ならポカリスエットなどスポーツドリンクでも可。


布団


なるべくかけすぎないようにしましょう。


汗をかけないと更に熱がこもります。


クーラー


体が熱いからといって冷やしすぎはNG。


涼しいと感じる程度に。


お風呂


熱が更にこもる危険性があるのでNG!


水風呂もダメです。



あくまで普通の風邪による発熱ではないことを覚えておきましょう。


特に水分補給はこまめにしてあげて下さいね。


もちろんここにあることだけではなく、熱中症かもと思ったら、できるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。


熱中症に1度かかると耐性はつくの?夏休み中に2回熱中症になることは?

子供が一度熱中症にかかると、今後も夏になると繰り返してしまうのではないかと不安になります。


しかし、熱中症はウイルスや菌によるものではなく、あくまで自律神経の乱れにより体温調節ができなくなった状態です。


熱中症は、何度でもかかる病気です。


しかも、2回目の方がひどくなるというのです。


1度熱中症にかかってしまったら、次はかからないようにしっかりと予防対策をとりましょう


熱中症予防

・こまめな水分補給(経口補水液、スポーツドリンク)


・ほどよい塩分摂取


・カリウム、ビタミンB1、クエン酸を日頃から摂取する


・外出時は帽子を着用


・ほどよく涼しく感じる程度にエアコンを使う




【結論!】

5

子供の熱中症症状は?

熱射病…高熱、嘔吐

熱痙攣…手足の痙攣

熱失神…失神

熱疲労…頭痛・発熱・めまい・意識が朦朧とする。


熱中症の高熱期間は?

5日~1週間ほど。


熱中症予防

こまめな水分補給(経口補水液、スポーツドリンク)

ほどよい塩分摂取

カリウム、ビタミンB1、クエン酸を日頃から摂取する

外出時は帽子を着用

ほどよく涼しく感じる程度にエアコンを使う



子供は自分でも気付かないうちに、熱中症に陥ってしまいやすくなります。


夏場はちゃんと汗をかいているか、具合が悪そうなことはないか、きちんと大人がみてあげるようにしましょう。


夏休みの間や暑い時期が終わるまでは、ちゃんと水分をとることを約束しておくと良いですね。


猛暑が始まる前に、熱中症予防対策もしておきましょうね!

スポンサーリンク