夏バテで胃腸がもたれる!食べ物は生姜とみょうががオススメ!予防策は?

スポンサーリンク

1

夏バテになると、中には胃腸の調子が悪くなる場合があります。


胃がもたれて、食欲がどんどんなくなる…なんていう方も。


そんな時、何か少しでも栄養をとらないと健康に良くないですよね。


しかし、胃がムカムカしているときに口にできるものってあるのでしょうか。


どうやら、胃もたれのときに効果的な食べ物は「生姜」と「みょうが」!


今回は、その効果と予防策についてご説明していきます。


スポンサーリンク

夏バテかな?最近、胃がもたれる、、、食欲がない、、なぜ?

2

夏に胃がおかしいと感じた時、なんとなく夏バテかな?と思いますよね。


でもどうして夏バテになると胃腸が不調になるのでしょうか。


夏に胃がもたれる理由、食欲がなくなる理由を調べてみました。


胃もたれ、食欲減退がおこる理由

暑い外やエアコンの効いた部屋を行き来することで、体の熱を逃がしたり、体を保温する機能をもつ自律神経が乱れることが原因


特に自律神経のうち交感神経が強く働くと、血管の収縮・胃酸や胃粘液の分泌低下がおこり、胃もたれや食欲がなくなる、といった夏バテ症状が表れる。


他の体の倦怠感や吐き気、頭痛などの夏バテも自律神経の乱れが原因となっておこります。


食べ物を受け付けなくなったり、胃がおかしいと感じた時は、他の症状にも注意が必要ですね。



夏の胃もたれ、食欲回復にはズバリ生姜とみょうが!

3

夏に多い胃もたれ、そんな症状を改善してくれる食べ物は「生姜」と「みょうが」!


どんな効果があるのか、また「生姜」「みょうが」を使ったレシピをご紹介します。


生姜の効果…胃腸を温め、活動を活発化させる効果がある。

≪レシピ 生姜卵粥≫


材料:冷凍ご飯    茶碗1膳


しらす     100g


溶き卵     1個


昆布      5cm


水       3カップ


人参      3分の1本


生姜みじん切り 2cm


作り方


①水と昆布を鍋に入れ、強火で煮立たせる。


②人参と生姜をみじん切りにする。卵は溶いておく。


③煮立った鍋にご飯、人参、生姜、しらすを入れ、蓋をして弱火で10分。


④仕上げに卵流し込み、火をとめて完成。




みょうがの効果…消化を促進してくれる

≪レシピ ミョウガときゅうりの浅漬け風≫


材料:ミョウガ   2個


キュウリ   1本


浅漬けのもと 適量


作り方


①ミョウガは小口切り、キュウリ1/2は縦半分半月形の薄切りにする。


②①をビニールに入れ、浅漬けのものを入れて軽くもみ、冷蔵庫で一晩置く。


③残りのキュウリ1/2を小口切りにし、水切りした②と混ぜ合わせる。

スポンサーリンク

※ お好みで千切り大葉などを追加してもOK。




どうしても胃がもたれて箸がすすまない場合は?

4

胃もたれがひどく、少しのものでも食べ物が喉を通らなくなったら大変です。


夏バテが原因の胃もたれは、自律神経の乱れが原因でしたね。


この動きを正常化させてあげることが必要です。


そこで基本的な夏バテ解消法をご紹介します。


夏バテ解消法

1.定期的な水分補給


2.毎日の快眠


3.汗を上手にかく


自律神経が乱れると、体温調節がうまくいかなくなり、様々な夏バテの作用がでてきます。


そんな自律神経の乱れを解消するには、毎日の生活を見直すことが必要です。


食べ物が喉を通らなくても、経口補水液やスポーツドリンクなどで水分補給をするようにしましょう。


夏バテにならないために!予防策は?夏バテ撃退の食べ物は?

5

夏バテ予防に効果的な食材のひとつが、ビタミンB群をたっぷり含む豚肉。


本格的な夏がやってくる前に、豚肉をたくさん食べて、暑い夏に備えましょう!


≪夏バテ予防レシピ 豚とレタスの梅ダレ冷しゃぶ≫


材料:豚肉    170~200g


レタス   1/2玉


人参    5cm


●梅肉    梅干し大2個分


●長葱    20cm


●醤油    大さじ2


●みりん   大さじ1


●ゴマ油   大さじ1


●白いりゴマ 大さじ1


作り方


①長葱はみじん切りにし、●の梅肉ダレの材料をすべて合わせておく。


②鍋に水と塩少々を加え、湯を沸かす。氷水を用意しておく。


③人参は薄いスライス、レタスはちぎっておく。


④沸かした湯にレタスを2秒ずつ入れ、すぐに氷水につけて色止めをする。


⑤レタスが終わったら、そのまま人参を好みの硬さに茹で、ザルにあげる。


⑥沸騰したお湯で肉を茹で、冷ましておく。


⑦レタス、人参を皿に敷き、肉をのせて、梅ダレをかけたら完成。




【結論!】

6

夏バテの胃もたれは、交感神経の乱れが原因!

自律神経が正常に働くようにしてあげましょう。


胃もたれ、食欲回復にはズバリ生姜とみょうが!

どちらも胃の働きを促してくれます。


夏バテ解消法

1.定期的な水分補給

2.毎日の快眠

3.汗を上手にかく

夏バテになる前に予防しておきましょう!



夏の暑い時期、一度食欲がなくなると、取り戻すまでに時間がかかる場合がほとんどです。


外気温の暑さや、室内のエアコンで寒暖差が激しいところにいるなら、自律神経が乱れないように、前もって予防対策をしておくことがオススメです。


食欲があるうちに、美味しい食べ物で夏バテ予防法を実践していきましょう!

スポンサーリンク