高知でホエールウォッチング!時期のおすすめは?ホエールウォッチング完全ガイド!

スポンサーリンク

whale_04_makkoukujira

夏休みシーズンに高知県で、ホエールウォッチングができるんですよ。

高知県ではたくさんの死にまたがってツアーが運営されているので、比較的簡単に予約を取ることが出来るのも魅力です。

ぜひこの記事で事前に情報を得て、高知でのホエールウォッチングを成功させてください!



スポンサーリンク

ホエールウォッチングといえば高知県!その理由とは?

1FotorCreated

高知県の土佐湾でイルカやくじらが多数出現するんです。

その為、高知県の高知市、土佐市、室戸市、黒潮町、土佐清水市などでホエールウォッチングを行っており、予約することで船に乗ってくじらを見に行くことができます。

かなり人気があるため、数か所のスポットでホエールウォッチングを行っているんです。


ではなぜ高知県でくじらが見られるのでしょう。

まず高知県で見られるくじらは二種類います。

マッコウクジラとニタリクジラです。

室戸岬の東には、1000メートルの深さがある場所があり、その地形がマッコウクジラの採食場所に適しているのです。

ニタリクジラは、その逆で200メートルほどの浅い場所を好んでおり、土佐湾の手前がちょうど200メートルの深さとなっているため、ニタリクジラが集まりやすいのです。


ホエールウォッチング宇佐(高知)その2




ホエールウォッチングをするならおすすめの時期は?夏休み期間中は?

whale-155390_1280

4月~10月までの期間で行っているホエールウォッチングですが、見ごろは夏場である7月・8月なんです!

ゴールデンウィークに見に行く方も多いのですが、一番お客さんで賑わうのは夏休みシーズンです。


さて、一番気になるのは、海に出て果たしてくじらは見られるのかですよね。

平均すると毎年90%の確率でくじらに遭遇できるそうです。

これには船の船長さんの日々の努力と土佐湾の漁師さんたちと他のツアー船を結んでいるくじら無線がなせることなんだそうです。

もちろん、相手は野生の生物なので、近くに行くと逃げてしまったり、遭遇できない日だってあるのですが、90%はかなり高確率だと思いますよ。

スポンサーリンク


ホエールウォッチングの料金、服装持ち物、トイレなど初心者向けガイド!

dolphin-155278_1280

ツアー会社によりますが、大体中学生以上は6000円、小学生が4000円、3歳以上が3000円となっています。

所要時間は4~5時間程度です。

一日に3回行っているところがほとんです。

まず、3歳未満や妊婦の乗船を断っているツアー会社がほとんどですので注意してください。

トレイは船内に一つずつついている場合がほとんどです。


持ちものとしては、まずカメラはストラップ付き物を用意して、首から下げておけるようにしましょう。

さらに、サングラスや薄手の上着、飛んで行かないような帽子もおすすめです。

日焼け止めは必須です。

船上は暑いので水分補給のため、ドリンクの持参を推奨するツアー会社も多いです。

女性は特にスニーカーにジーズンなどの動きやすい恰好で来ることも忘れないでください。

さらに、船に乗ると酔う人は、必ず酔い止めを飲んでから乗船しましょう。



ホエールウォッチングの達人がおすすめする ホエールウォッチングのポイントは?

ホエールウォッチング宇佐

「ホエールウォッチング宇佐」はまず県外から来てもアクセスしやすいので、とってもおすすめです。

くじらが見られる確率が高いのはもちろんですが、くじらが見られなくても、代わりにたくさんのイルカが見られることが多いため、完全な空振りはなく、お客さんの満足度が高いです。

船は清潔でトイレも船尾完備していますが、くじらが出たポイントに急行できるように小回りがきく漁船を使用するため、揺れは大きいので船酔いには注意が必要です。


2015年8月15日 ホエールウォッチング 高知県宇佐




【最後に】

humpback-whale-1324633_1280

くじらは意外と長い期間見ることが出来るので、夏休みは暑すぎると言う方はぜひ9月にでもチャレンジしてみてください。

多くのツアーで漁船を使用しており、人でごった返して写真を撮るのに苦労するということもないので、十分に満足できると思います。

ぜひ、今年はイルカとくじらに会いに、高知県に遊びに行ってみてください。

スポンサーリンク