小学5年生の自由研究2016!1日でできる自由研究テーマ3選!まとめ方ガイド付!

スポンサーリンク

GAK63_himawari

気が付けば、夏休みが残りわずか、なのに小学5年生にもなった我が子はまだ自由研究を終わらせていない、となると焦るのは親御さんですよね。

1日でさっと終わる実験テーマがないか探している方におすすめのテーマをご紹介しましょう。

これなら、まだまだ間に合いますよ!



スポンサーリンク

小学校5年生の自由研究!1日で終わるテーマ厳選3選!

PAK85_pentonote20140313000808

・ペーパークロマトグラフィーでインクの色分け実験

紙に水性ペンで線を書き、水に浸してインクを解かして、どんな色が出てくるか実験します。

いろんなメーカーのものを比べれば、十分価値ある自由研究になりますよ。


・紙の折り方と強さ調べ

紙の折り方でどのくらいの強度を出すことが出来るのか実験するものです。

古いはがきと重りの重さを量るはかり、重りにする本などがあれば簡単にできる実験です。


・水を通すと文字はどう見えるのか実験

紙に書いた文字の手前に水の入ったコップを置くだけの実験です。

<p>コップを介してみると文字はどう見えるのか、コップと紙の距離を変えて実験すれば、立派な理科の実験になりますよ。



小学校5年生の1日で終わる自由研究テーマ1:ペーパークロマトグラフィーでインクの色分け実験

クロマトグラフィーという言葉をご存知ですか。

混合物を分離させて調べる際に使用される方法の一種なんですが、よく詳しく植物を研究する一環で、葉に含まれている色素を調べる際に利用されます。

このクロマトグラフィーを紙を使ってやる場合は、ペーパークロマトグラフィーと呼ばれます。

この方法で様々なインクが混ざって一つの色を作り出している水性ペンの色を調べて、さまざまなメーカーでどのような違いがあるのか、また色でどのような違いがあるのか調べる、小学生向けの自由研究があります。


やり方は白色のコーヒーフィルターをリトマス氏のように細長くカットして大量生産して、さまざまな水性ペンで端から10㎝の辺りに線を書き、端から5㎝の所まで水に漬けます。

紙に水がしみ込んでインクが分かれて来たら、後は比較するのみです。


研究結果をまとめる際は、値段の違うメーカーや同じメーカーでも色の違いでの差などをしっかりと比較してまとめると良いでしょう。

スポンサーリンク

さらに、さまざまなメーカーの黒色のペンを比較するのも面白いと思います。

最近は水性ペンでも水に強いとうたっているメーカーもありますし、本当かどうか調べるのも面白いと思いますよ。


【実験】ペーパークロマトグラフィー




小学校5年生の1日で終わる自由研究テーマ2:紙の折り方と強さ調べ

cardboard-box-220256_1280

紙は折ることで強度が増しますよね。

ではどんな折り方でもおなじでしょうか。

古いはがきなどの少し厚みがある紙を使って、どのくらいの重さまで耐えられるのか、いろんな折り方で試してみる自由研究です。


いくつかの紙の折り方には、建築物や段ボールに応用されているものがあるので、まとめる際にはその辺りも調べて内容に織り込むと面白いと思いますよ。

折り方には丸や四角、二つ折りや二重折りなどいろいろあると良いですね。

何度か同じ形状でどのくらいの重さまで耐えられるか調べて平均値を出すようにすると良いでしょう。

結果は表グラフにすると分かりやすいですね。




小学校5年生の1日で終わる自由研究テーマ3:水を通すと文字はどう見えるのか実験

材料がコップ、水、画用紙でOKなので、とっても気軽に始められる実験です。

コップを介してみた際に、文字が堂のように見えたのかしっかりとスケッチをしておくと良いでしょう。

基本的には、水を介することで、光が屈折して文字が逆さまに見えます。

水だけじゃなく、塩水や砂糖水ではどうなるのか調べるのも面白いですよ。


【自由研究】タコが動いた!?コップの水で光の屈折を観察しよう【おうちで実験】#002




【最後に】

mushi_aburazemi

ご紹介したものは、どれも一日で、しかも材料も家にあるものですぐに始められるものばかりです。

さらに、どのテーマしっかりとした理科の実験なので、小学5・6年生向けです。

きちんとまとめれば、とても面白いことが学べる良いテーマばかりですので、ぜひトライしてみてくださいね。

スポンサーリンク