カブトムシ採集の仕掛けはペットボトルで作ろう!カブトムシがたくさんとれる仕掛け自作ガイド!

スポンサーリンク

kabutomushi1_m

夏と言えば、昆虫採集ですよね。

自然が少なくなったとか、インドアの子供が増えたとか言われていますが、子供にはやはりカブトムシ採集をさせてあげたいですよね?

この記事では簡単に作れる仕掛けやトラップをご紹介します。

カブトムシが面白いように採集できますよ!


カブトムシ・クワガタ関連記事はこちら!

⇒ ヒラタクワガタ採集時期は6月上旬~8月上旬がベスト!夏休みにヒラタクワガタを採集するポイントとは?
⇒ オオクワガタ採集ポイントガイド2016!今年こそはオオクワガタを夏休みにゲットしよう!

スポンサーリンク

カブトムシ採集の仕掛けをペットボトルでつくるための材料とは?

bananas-652497_1280

カブトムシ採集用にペットボトルを使った仕掛けがあることをご存知ですか?

これがとっても簡単で採集も楽と評判なんですよ。

必要なのはカッターもしくはハサミと大きめのサイズのペットボトル、そしてビニールテープのみです。


ペットボトルの中には、バナナトラップを仕掛けます。

このバナナトラップのにおいにカブトムシたちは弱いので、必ず仕掛けの中に入って来てくれることでしょう。

そして、プラスチックのペットボトルなので、逃げ場なしということで、カブトムシを逃がすことなくゲットできますよ。



カブトムシ採集の仕掛けをペットボトルで作る方法

仕掛けの作り方は、まずペットボトルの上から4分の1ほどを切り落として、切り取った部分を逆さにして残りの部分に差し込みます。

バナナトラップをペットボトルの底に入れて、しっかりとビニールテープで固定すれば完成です。

この仕掛けは木に吊るしても、木の傍に置いてもOKですよ。


カブクワ用ペットボトルトラップ

スポンサーリンク



カブトムシ採集の仕掛け方は?バナナとゼリー、どっちが採れる?

仕掛けはカブトムシが来る確率の高いコナラやクヌギの木を選びましょう。

仕掛ける時間は明るい午後3時ごろまでが良いと思います。

一晩放置して次の日の午前中に見に行けばOKですよ。

簡単で便利なゼリーもペットショップなどで売っていますが、バナナの効果は絶大なので、断然バナナトラップをおすすめします。


作り方は、バナナを一口大にカットして焼酎をかけて、ドライイーストと砂糖をかけてよく混ぜ合わせ、タッパーに入れて発酵させるだけです。

発酵するとガスがはっせいするので、しばらくは3~5時間おきにガス抜きのためにタッパーのふたを開けるようにすると良いでしょう。


バナナトラップでクワガタカブト採集やってみたTo capture the beetle in banana trap




カブトムシ採集の仕掛け、ストッキングでも作れるよ?

leaves-195672_1280

こちらの方がとっても簡単です。

しかし、ペットボトルは虫たちが逃げられないので、急いで見に行かなくてもいいのに対して、こちらはオープンなので、一日に2度は見に行った方が良いでしょう。

工作が面倒だと思う方はストッキング方式をおすすめします。


作り方はバナナと焼酎で発酵させたものをストッキングに詰めて、コナラやクヌギの木に縛りつけておきます。

これで仕掛けは完成です。

後は、夜と早朝に様子を見に行くだけです。



【最後に】

mushi_mushitoriami

最近はAmazonでもカブトムシが販売されており、ペットショップどころか、段ボールに詰めて配達までされる時代となりました。

ですが、やはりカブトムシは愛でるものではなく、採集するのが楽しいですよね!

この夏は、ぜひご紹介した仕掛けやトラップでたくさん採集してみてくださいね。

スポンサーリンク