読書感想文の終わり方例文付き!小学生・中学生らしい終わり方の書き方ガイド!

スポンサーリンク

paper-1141308_1280

夏休みは宿題が山ほどでますが、普段本を読む習慣がない人は読書感想文が一番面倒な宿題なのではないでしょうか?

本を読まなきゃいけないことに加えて、その本に関する感想を文章にしないといけないという二重苦です。

頑張って書き始めても、最後はどうやったら終われるのかよく分からないという人もいることでしょう。

<p>読書感想文の終わり方を分かりやすく説明しましょう。



スポンサーリンク

読書感想文の終わり方例の前に!読書感想文の構成黄金ルールとは?

36FotorCreated

読書感想文を書く際の黄金ルールには、書き始めと内容、まとめの3部構成です。

書き始めには本に出会ったきっかけと選んだ理由を書き、本全体の感想を軽く書いて内容に入りましょう。

内容ではまず本全体のあらすじを書いて、3つほど感銘を受けた点や疑問に思った点、共感した点などをカテゴリーごとに書き出して、自分の感じたことや考えを中心に書きましょう。

最後にまとめで内容で書いたポイントを軽くおさらいして、本から何を学び、今後どうそれを生かしていきたいのかを書きましょう。

一番最後に、その本をだれかにおすすめしたい旨を書けば、完璧ですよ。


ちなみに、枚数についてですが、小学生では原稿用紙1~2枚ですね。中学生は2~3枚でしょうか。


読書感想文の書き方<<中学生・小学生向け>>




読書感想文の終わり方例:小学生らしい書き方とは?

小学生なら、感想文の終わりは、その本を読む前はその本に対してどんな印象を持っており、読んだ後でどんな風にその印象が変わったのかを書くと良いでしょう。

スポンサーリンク

また、その本に登場したものや事柄に影響されて、自分の考え方や感じ方がどのように変わったのかも書くと良いでしょう。

一番最後に、どんな人にどうしてすすめたいかを書いて終わると良いですね。




読書感想文の終わり方例:中学生らしい書き方とは?

中学生なら、上記の小学生の書き方の中に、+αとしてその本を通して学んだことを今後どのように自分の生活に生かしてい来たのかも具体的に書くと良いですね。

さらに、終わりとなるまとめの冒頭で、内容として書いたポイントを軽くおさらいすれば、よりよい構成の感想文になります。



読書感想文の終わり方がどうしても浮かばい!そんな時におすすめのリラックス方法

B102_kukki-toocya

文章が浮かばない時は、一度その場から離れて、飲み物を入れたり、おやつを食べたりしてクールダウンすると良いですよ。

冷静になって文章を考えていると、ふとした時によき文が浮かんでくるものです。

休憩タイムだと思って、原稿用紙のある部屋からも出てしまいましょう。


この時に注意が必要なのが、テレビをつけたり、ゲーム機を起動したり、漫画を開いたりしないことです。

遊びの誘惑が勝ってしまって、感想文を後回しにしてしまうので、休憩タイムに遊びに手を出すのは止めましょうね。



【最後に】

document-428331_1280

読書感想文は大学生が書かなきゃいけない論文のようにきっちりと型にはまった構成というものはありません。

こう書かなきゃ間違いということではないので、自分の書きやすい部分を参考にして、自分なりに読んだ本を分析して、どんなことを学べたのか、どんなことを考えさせられたのか書くことを一番優先してみましょう。

きっと、感想文を読む人にもその本の良さが伝わるよい感想文に仕上がると思いますよ。

スポンサーリンク