初盆の挨拶、文例付き!故人の思い出を語ることがポイント!シーン別初盆挨拶文例集!

スポンサーリンク

1

故人が亡くなり、はじめて迎える初盆


初盆で喪主をするときには、集まって下さった方々と故人を偲び、挨拶をしなければなりません。


初盆がはじめての場合は、何を話し、どう挨拶したら良いかわからないですよね。


特に、普段から挨拶やお喋りが得意でない方には一大事。


初盆に臨む前に、どういった挨拶をするのか前もって決めておくことも大切です。


今回は、初盆の挨拶のしかた、またポイントと文例をご紹介します。


スポンサーリンク

初盆挨拶のポイントは故人の思い出をいれて!喪主向け文例!


喪主になると、初盆のセッティングから親族への案内まで、決めなければならないことで大変です。


その中でも初盆の挨拶を考えなければなりません。


挨拶のポイントは「故人の思い出」。


時間にして3分~5分程度で、思い出を盛り込んだ挨拶をするのがベストです。



文例1

「本日は、亡き○○の初盆の法要にご参列頂き、誠にありがとうございます。


皆様にお集まり頂きましたことを○○も喜んでいるかと思います。


早いもので、○○が亡くなり、初めてのお盆を迎えることとなりました。


時が過ぎ、私達家族の悲しみも幾分和らぐようになり、今では○○との思い出を懐かしみながら、日々を過ごしております。


皆様には暖かく優しい励ましを頂き、心より感謝致しております。


ささやかではございますが、お食事をご用意させていただきましたので、どうぞごゆっくりとお過ごし下さい。」

文例2

「本日は、亡き○○の初盆の法要にご参列頂き、誠にありがとうございます。


早いもので、○○が亡くなってから○ヶ月がたち、初めてのお盆を迎えることとなりました。


親しくして頂いた皆様にお集まり頂きましたことを○○も喜んでいるかと思います。


生前、○○は私に「○○○○」と言うのが口癖でした。


今では○○のその姿を思い浮かべ、思い出を懐かしみながら、日々を過ごしております。


皆様には暖かく優しい励ましを頂き、心より感謝致しております。


ささやかではございますが、お食事をご用意させていただきましたので、どうぞごゆっくりとお過ごし下さい。」


初盆の際にお寺、お坊さんへの挨拶はどのように言ったらいい?文例付き!

3

初盆を迎えると、お坊さんへの挨拶やお布施の渡し方など、気になることは沢山ありますね。


お坊さんへの挨拶は簡単で構いません。


ただし、お経をあげていただいた後、お布施を渡しながら再度お礼のご挨拶をしましょう。


お坊さんへの挨拶

お忙しい中、誠にありがとうございます。


本日はよろしくお願いいたします。


お布施とお礼

本日はおつとめありがとうございました。


お経を頂き、供養が一通り終わった後に、お布施を渡すと共にお礼を一言伝えましょう。


控え室があるなら控え室で、立ち去ろうとしているところではなく、座った状態で渡すのがベストです。


初盆に参加できない場合の手紙はどうしたらいい?文例つき!

4

初盆に招かれても、やむを得ず行けない場合もありますよね。


仕事の関係だったり、遠方すぎる理由で行かれないことが多いようです。

スポンサーリンク

そんな時は、不参加となる旨を記載し手紙を出しましょう。


文例

「拝啓 立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか。


今年は亡き○○さんの初盆ですね。


申し訳ございませんが、○○のため都合がつかず、気持ちだけお送りさせていただきました。


どうぞお供えくださいませ。


まだまだ暑い日も続きそうですが、皆様どうかご自愛ください。敬具」


遠方で行けないという場合は、他の理由も組み合わせると聞こえが良くなりますよ。


初盆で挨拶を述べる場合の服装は? マナーは?

5

初盆で気になるのは挨拶だけではありません。


マナーや服装のポイントなど、細かなルールがありますので、覚えておきましょう。


服装

男性:基本的に喪服。スーツ、ネクタイ、靴下、靴はすべて黒。


女性:基本的に喪服。ワンピース、ストッキング、バッグなどすべて黒。


※ 女性が手伝いをする場合は、黒のエプロンを!


家庭による違い

初盆といっても、喪服ではなく地味目の平服で行う場合もあります


喪服を着ていったら、みんな平服だった、なんてこともあり得ますから、喪主に事前確認しておくと良いでしょう。


初盆のお返し

初盆に参加する方々から、現金か盆提灯を頂きます。


ただし初盆のお返しは不要


会食などでおもてなしをしましょう。


参加されない方からお供え物を頂いた場合のみ、小額の引き出物を贈りましょう。


【結論!】

6

初盆の挨拶ポイント

・お集まり頂いたお礼

・故人の思い出をいれる

・3分~5分程度の短いもので良し。


お坊さんへの挨拶とお礼

挨拶:「お忙しい中、誠にありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします。」

お礼:「本日はおつとめありがとうございました。」


初盆の服装

・男性も女性も基本的には喪服。

・家庭によっては地味な平服で行うことも。


初めて喪主をつとめ、次の夏に迎える初盆。


喪主からご挨拶をするのに、毎回同じ話もできないですよね。


挨拶では、故人との思い出や好きだったものを話し、強く残る気持ちを前向きに表現することが大切です。


短い挨拶とはいえ、緊張しますよね。


できれば下書きは見ずに話すことが良いです。


何度か練習しておくのがおすすめですよ。


お盆特集!こちらの記事もどうぞ!

病院のお盆休み2016!お盆休みに急病・怪我になったらどうする
ハローワークのお盆休みスケジュール2016!失業手当の申請はできるの?
京都のお盆の風習「おしょらいさん」とは?京都お盆の行事や混雑状況まとめ!
お盆の新幹線混雑予想2016!ピークは?満席の場合の裏ワザとは?
お盆の御仏前相場は3,000円!お金でなくお菓子でもOK!御仏前ガイド
神道の実家で初盆を迎えることに!祭壇は?お供えは?のしは御仏前でいいの?
初盆法要の案内を作っといてと言われた!文例や送り方完全ガイド!
地蔵盆のしの書き方は「お供え」「御供」どちらが正解?袋は?はじめての地蔵盆ガイド

スポンサーリンク