崎陽軒の工場見学予約は3ヶ月前から!予約キャンセルをチェックしよう!

スポンサーリンク

food_syumai

子供にとって夏はとっても嬉しい時期です。

夏休みになれば、毎日遊べるのはもちろんですが、いろんなところに出かける機会が得られますもんね。

しかし、親御さんは頭が痛いですよね。

なるべく、お金がかからずに子供が楽しめる場所を探しているなら、崎陽軒の工場見学はとってもおすすめですよ。



スポンサーリンク

崎陽軒の工場見学予約は3ヶ月前から!直近で行きたいならキャンセルを待て!

YUKA863_TEL15184846

知っている人は実行しているとっておきの手が、キャンセル客の空きを狙うことです。

崎陽軒の工場見学は3か月前から電話で予約しないといけないため、やはりぎりぎりになってキャンセルせざるを得ないお客さんが出てきます。

常に空きがないかネットで調べておくと良いでしょう。

ちなみに、8月に行く場合は5月1日の8:00に電話をかけて予約をとるようにしてくださいね。


ちなみに、崎陽軒の工場見学は水・木・金・土曜日になっています。

所要時間は90分で、10:30からと13:00からの一日に2回開催されています。

一回の開催で50人までが定員として設けられています。

内容は崎陽軒の歴史や商品の製造過程をVTRで学んだあと、歴代のパッケージなどの展示を見学し、シウマイの生産工程を実際に見学し、試食タイムがあって終了という流れです。




崎陽軒の工場見学が超人気の理由は「お土産!」

崎陽軒の顔といってもいい、顔が描かれた陶器の醤油入れの「ひょうちゃん」は、試食タイムにセットとして登場しますが、そのままプラスチックの袋に入れて、お土産としてお持ち帰りできちゃうんです。

これはとっても嬉しいお土産ですよね。

スポンサーリンク

他にも崎陽軒の工場見学が超人気なのは、アツアツのシウマイと月餅を試食出来ちゃうためでしょう。

2種類のシウマイを食べ比べすることができて、さらに、季節で変わるいろんな味の月餅と台湾や中国のお土産の定番でもあるパインキューブもたくさん試食出来ちゃいますよ。


崎陽軒 工場見学①

https://youtu.be/LeaUPbgsUfM


崎陽軒の工場見学、予約が取りやすい時期はなし

ELL88_ameagarinoshizukana

崎陽軒の工場見学は本当に大人気なので、必ず3か月前の1日の朝8:00に電話をかけるようにしてください。

とにかく、1日の午前中でほとんど一月の予約は埋まってしまうので、一時間は繋がらなくても、かけ直して根気よく電話がつながるのを待つしかありません。

多くの人が200回以上かけ直して予約を勝ち取っているようですから、どうしても行きたいなら、繋がらなくても諦めずにかんばってくださいね。



行った気になる崎陽軒工場見学ブログ紹介

PAK86_cyottomimikashite20140321

崎陽軒の工場見学を行った気になるように記事を書いてあるブログをいくつかご紹介します。






【最後に】

mooncake-362640_1280

かなり人気があって、3か月後の予約がびっしりと満席状態となっている崎陽軒の工場見学は、行けたらかなり嬉しいことだと思います。

最近は予約にあぶれたお客さんが工場見学気分を味わえるようにと、「プチミュージアムショップ」が横浜工場内にオープンしています。

試食やお土産はありませんが、安価で出来立てのシウマイを購入できるので、興味のある方はこちらに行かれてみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク