織姫衣装の作り方!もうすぐ七夕!七夕祭りは手作り衣装で参加しよう!

スポンサーリンク

tanabata_sasa

幼稚園や保育園では一年を通じていろんな行事がありますが、子供が好きな行事として七夕は外せませんよね。

短冊に一杯お願いごとを書いて吊るすのは楽しいものです。

お遊戯会やお祭りを計画している園も多いのではないでしょうか?

そうなると必要なのは織姫の衣装ですよね。

どうやって作ろうって悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてください。


七夕2016関連記事はこちら!

七夕飾りの作り方を全部解説!おりがみで子供と一緒に作れる七夕飾り!
平塚七夕まつり2016!駐車場情報と地元民が教える見どころまとめ!
夏の大三角形と冬の大三角形が肉眼で最も美しく見える場所は?時期は?
浅草朝顔市in2016!東京の七夕は朝顔市!浴衣で粋にでかけよう!
浅草ほおずき市2016!開催時間は?江戸っ子の粋を感じる見どころとは?

スポンサーリンク

織姫の衣装を手作りしよう!ところで織姫ってどんな服装してたっけ?

織姫は一年一回しか彦星と会えないかわいそうなお姫さまですよね。

ふわふわと羽衣で空を飛べるイメージも強いですね。

着物のような服を着ており、大きなリボンをお腹の辺りに着けていることも多いですね。

ピンクの着物の場合もありますし、白い着物にピンクのリボンの場合もありますね。


こちらの動画をみると織姫の衣装についてイメージがしやすいですね!




織姫の衣装を手作りしょう! 【子供用】

tanabata_panda_couple

小さい子供用に織姫の衣装を作るなら、ピンク色の大きめの袋に頭を通せる穴をあけて、ピンクのビニールひもで腰元で縛る程度でもいいと思います。

スポンサーリンク

ピンクのリボンなどを羽衣のように肩からかけるとそれっぽく見えると思います。

100円ショップで揃えられるもので、園児と一緒に作って、好きに子供たちにデコレーションさせてみてはいかがですか?


こちらの保育園のブログに作り方は掲載をしていないのですが、カラービニール袋をアレンジして作った
衣装をきたかわいい園児たちの写真がみれますよ!参考にどうぞ!





織姫の衣装を手作りしょう! 【大人用】

大人の衣装を作るなら、ちゃんと生地を買って和裁した方が良いでしょう。

着物っぽく縫って、ピンクのガーゼのような生地で羽衣を作り、光沢のある布で帯を縫って、腰よりちょっと上の位置で蝶々結びにすると良いと思います。


はっぴのような形にしても良いと思います。

裁縫に慣れている人なら、2時間もかからずに作れると思います。


こちらのサイトにはっぴの作り方と型紙が掲載されていますので、こちらを参考にして
記事をキラキラしたものにすれば七夕っぽいですよね!




彦星の衣装の作り方も参考までに!

bamboo-167285_1280

子供用の彦星は青いはっぴならそれでよいでしょう。

織姫と違って、黒い紐を用意して、それで片方の脇腹辺りで縛ると良いでしょう。

大きめの厚紙ではっぴのように作るのもありだと思います。


もうひとつはっぴの作り方が詳しく掲載されたブログを紹介しますね!彦星の衣装は
黒っぽい生地でラメなんかはいっていると彦星っぽいですよね!



【最後に】


子供用なら簡単に作れると思います。

とりあえず和装に見えて、羽衣もがあれば織姫の恰好です。

大人の場合は子供のように適当に作ってもなんの格好だかよく分からないことがあるので、しっかりと生地を使って作り込んだ方がいいかもしれません。

さらに織姫は特徴的な頭をしています。

衣装がだめでも、あの髪型をまねられれば、問題ないと覆いますよ。


スポンサーリンク