新生児寝かしつけのコツは”胎内と同じ環境”を作ること!理由を詳しく解説します!

スポンサーリンク

1

生まれたばかりの可愛い赤ちゃん!


大変な出産を終えて一息つきたい時でも、なかなか寝付いてくれないと、ママが休めなくなってしまいます。


こんな状態が続くと、体力が落ちていってしまいますよね。


これから長く続く子育て生活、まずは赤ちゃんを快眠させてあげる方法を知っておいた方が良いでしょう!


そこで今回は、新生児寝かしつけのコツ!眠りを妨げる原因についてご紹介していきます!


スポンサーリンク

新生児寝かしつけのコツはズバリ”胎内と同じ環境を作ること”その理由とは?

2

なかなか寝てくれない我が子、それってもしかすると、睡眠環境がきちんと整っていないからかもしれません。


睡眠環境を整えずにいると、赤ちゃんも寝る時間が理解できず、夜中でも起きている子になってしまいます。


では、新生児を寝かしつけるコツはなんなのでしょうか。


それは…”胎内と同じ環境を作ること”!!


なぜおきているの?

赤ちゃんも産まれてすぐはずーっと寝ていましたよね。


でも、少しずつ時間がたってくると、成長の早い赤ちゃんは体力を手にします。


体力がつくと、寝ていた時間も起きるようになるのです。


体力がついてきた赤ちゃんは、生活リズムが理解できていません。


朝に起き、夜になったら眠るということを覚えさせてあげましょう。


胎内と同じ環境を作る理由は?

よくこんなことを聞きませんか?


赤ちゃんは、「お腹の中にいた頃と同じ環境にしてあげると、安心する」というのです。


ママのお腹で守られてきた赤ちゃん、長い間そこにいたので、お腹の中の記憶を辿れば安心するのも理解できますよね。


胎内と同じ環境をつくることで、赤ちゃんを安心させ、快眠へ誘いこむことができます。


胎内と同じ環境を作るために簡単にできること3つ!

では、肝心な「胎内と同じ環境を作る」にはどうしたら良いでしょうか。


胎内と同じ環境を作るのは、意外と簡単にできちゃうんですよ♪


おくるみにくるむ

赤ちゃんはおくるみにくるむことで安心します。


これは、胎内にいた頃と同じ体勢を取らせてあげることなんですね。


更に、モロー反射で眠れないことも防げるので一石二鳥ですよ♪


横に寝かせる

赤ちゃんがママの胎内にいた頃は、横向きで寝ています。


布団の上でも同じ横向き姿勢を取らせると、安心させてあげることができます。


ただし、うつぶせになってしまわないか注意は必要です。


寝付くまで見守っていてあげましょう。


ビニール袋の音を聞かせる

ビニール袋を擦り合わせると、その音はママの胎内の音と似ているといいます。


赤ちゃんの耳元で、カサカサっと音を聞かせてみて下さい。


突然安心して寝付いてくれますよ。

スポンサーリンク



先輩ママに聞いた!眠らない新生児の対処法、寝かし方!

さて、世の中には沢山の先輩ママがいますが、先輩ママたちはこんな時どうやって乗り越えてきたのでしょうか。


先輩ママが実際に体験した寝かしつけ方をご紹介します!


母乳をガーゼに染み込ませて置いておく

「不安なのかも?と思い、母乳を染み込ませたガーゼを子供の服に挟むと、落ち着いて眠ってくれました。枕元に置いておいても良いそうです。」


母乳をたくさん飲ませる

「母乳が足りないと眠らない、と聞いていたので、足りなくならないようたっぷり飲ませていました。なかなか寝付かないときも、授乳すると寝てくれたりしましたよ。」


オルゴールをかける

「新生児室にもかかっていたので、夜はオルゴールをかけていました。大人でも眠くなりますよね。赤ちゃんにも効果ありました。」




もし、こういった方法を試してもなかなか寝付かない時、それはママの眠って欲しい時間と、赤ちゃんの眠りのタイミングが合っていないかもしれません。


無理強いはしすぎず、適度に試してみて下さいね。


覚えておきたい新生児の眠りを妨げてしまう原因。もしかしてスマホチェックが原因?

3

赤ちゃんを寝かしつける時に、スマホTVをつけたりしていませんか?


あまり知られていないことかもしれませんが、スマホやTVをつけることで発生する電磁波は、赤ちゃんに良い影響は与えません。


スマホで赤ちゃんの眠りが浅くなるのは?

新生児は大人よりも電磁波の影響を受けやすいので、見させてしまうことや、使ったままの状態で近くに置いておくと、赤ちゃんを覚醒状態にしてしまいます。


実はスマホの使用方法には、「1.5m以上離れて使うこと」と明記されているんです。


これはスマホ使用時の電磁波が届いてしまう距離なんですね。


寝かしつけのコツとして、ヒーリング音楽・クラッシック音楽をかけるというのもありますが、近くで流すのではなく、遠い距離からできるだけ小さめの音でかけることが望ましいのです。


【結論!新生児寝かしつけのコツは”胎内と同じ環境”を作ること!】

4

赤ちゃんを寝かしつけるコツは?

胎内と同じ環境で安心させること!


胎内と同じ環境を作るには?

・おくるみにくるむ

・ビニール袋の音を聞かせる

・横に寝かせる


先輩ママが実践した新生児寝かしつけは?

・母乳をガーゼに染み込ませて置いておく

・母乳をたくさん飲ませる

・オルゴールをかける

※ スマホの使用はダメ、絶対!


体力がつき、すくすくと育ってくれるのは嬉しいことですが、なかなか寝てくれないことにもつながるんですね。


赤ちゃんの生活リズムを整えてあげるためにも、無理のない程度に「寝る」ことを覚えさせてあげましょう!

スポンサーリンク