蒙古斑が消えない理由”異所性蒙古斑”とは?レーザー治療で治るって本当?

スポンサーリンク

1

赤ちゃん~子供時代に思い出のある蒙古斑


小さい頃だけのものだと思ったら、大人になった今も「実はまだ消えていない」という場合があるのです。


蒙古斑が残っている人は、ハタチを越えても20代を過ぎても消えず、そのままという場合がほとんどです。


でも、蒙古斑が腕や足など、見えるところに残っていると…気になりますよね


この蒙古斑が消えない理由はあるのでしょうか。


そこで今回は、消えないコンプレックスの蒙古斑!異所性蒙古斑についてご案内していきます!


スポンサーリンク

消えない蒙古斑”異所性蒙古斑”とは? 大人の蒙古斑の割合は?

2

蒙古斑が消えずに悩んでいるなら、それは異所性蒙古斑かもしれません。


一体消えない異所性蒙古斑とはなんなのでしょうか。


異所性蒙古斑とは?

通常できるお尻以外の場所(腕、足、肩など全身部位)にできる蒙古斑のことを指します。


成人前に自然と消えていく人もいますが、20歳をすぎても残る場合があります。


特に問題はなく、気になる部位にできている人が形成外科などで手術をする場合もあります。


消えない割合は?

黄色人種である日本人は、ほぼ100%の割合で蒙古斑ができます。


その中で、幼少期までに蒙古斑が消えないのは約4%といわれているんです。


これだけ考えてみても、意外と異所性蒙古斑の人は多いんですね。


蒙古斑のある部位が目立つか目立たないかによって、精神的に苦痛を感じる人とそうでない人にわかれています。


異所性蒙古斑と蒙古斑の違いは?

3

異所性蒙古斑に対して、蒙古斑とはそもそもどんなものでしょうか。


蒙古斑と消えない異所性蒙古斑について調べてみました。


蒙古斑とは?

黄色人種のお尻に必ずあるといっても良い、生まれつきの青あざです。


正体は、色素を生成するメラノサイトがお尻の皮膚に固まってできるものなんです。


普通はどれぐらいで消える?

普通は幼少期、5歳~6歳頃には消えると言われています。


異所性蒙古斑も自然と消えることがありますが、表面に残ってしまう可能性もあります。


蒙古斑がない赤ちゃんもいる?

黄色人種は約100%、黒人でも約80%と割合が多く、白人では約20%ができるようです。


人種によってできる、できないがあるのも不思議ですね。

スポンサーリンク

消えない蒙古斑に悩む大人が急増中!治療法は?保険は効く?

4

もし異所性蒙古斑が残ってコンプレックスになってしまっているなら、思い切って治療を受けてみてはいかがでしょうか!


消えない蒙古斑を消す方法や、治療方法をお教えします!


異所性蒙古斑を消す方法とは?

医療用レーザーが主流です。


形成外科で保険適用することもできます。


レーザー治療の金額は?

保険適用で1回6千円~1万円程度。


治療範囲や色の濃さによっても変わります。


治療期間と痛みは?

3ヶ月に1度の通院で、蒙古斑の範囲・色の濃さによっても通院期間が変わります。


痛みは輪ゴムで肌を強くはじく程度であることが多いのですが、色の濃さによっては痛みを感じ、麻酔をかけることもあります。


治療をしなくてもあと数年で消える可能性ってあるの?

5

消えない蒙古斑があるなら消してみたいと思うところですが、本格的なレーザー治療はちょっと不安に思いますよね。


この異所性蒙古斑を放っておいても消えるのでしょうか


異所性蒙古斑が消える時は、パッと消えるのではなく、年数をかけて徐々に消えていくようです。


もし薄くなってきているのなら、年数をかけて消えていく可能性もありますが、濃さが変わっていないようなら、数年後に消える可能性は低いようです。


実際に、生まれつきあった蒙古斑が、30歳頃に薄くなってきたという体験談もありました。


レーザー治療をするほどでもないなら、もう少し待ってみるのも良いかもしれません。


しかし消えない蒙古斑がコンプレックスなら、思い切って医師に相談することから始めてみましょう!


【結論!蒙古斑が消えない理由”異所性蒙古斑”はレーザー治療で治す!】

6

蒙古斑とは?

黄色人種にほぼ100%表れるメラノサイトの固まり!

蒙古斑が5歳頃までに消えない人は人口の4%。


異所性蒙古斑とは?

腕、足、肩などにできる消えない蒙古斑。

形成外科でレーザー治療が可能。(保険適用内)


治療は?

料金:1回6千円~1万円程度。

期間:濃さ、範囲によって異なる。


長年コンプレックスとして抱えていた悩みも、根気があれば治療できるようになったんですね!


治療費に保険が使えるのもありがたいところです。


治療をすると決める前に、一度形成外科に相談し料金を聞いてくるのも良さそうです。


3ヶ月に1度の通院は根気が要りますが、コンプレックスを消せると思えば頑張れそうですね!

スポンサーリンク